北の旬楽 いとや(入人家) : 和食、刺身、居酒屋、日本酒、焼酎

NEW
質の良い料理とサービスが堪能できる人気店

すすきの エリア

質の良い料理とサービスが堪能できる人気店

北の旬楽 いとや(入人家)  【 和食、刺身、居酒屋、日本酒、焼酎 】

新鮮な食材を活かした料理がいただける

「北の旬楽 いとや(入人家)」は、新鮮で質の良い食材を使用した料理が味わえるススキノの人気店だ。
ススキノに23年身を置いている店主は、27歳で独立。修行先で得た技術に加え、独自に魚を買って捌く練習を重ねるなど、貪欲に知識と技術を吸収し現在に活かしており、その腕前は刺身を食べてみると実感できる。
仕入れる食材は一番質の良いものとランク付けされたもののみ。旬の魚介類のほか、ときには700gの蟹といったものも仕入れることがあるとのこと。
カウンター席の前に並ぶ色とりどりの野菜はほぼすべて北海道産で、質が良いのに加えて、大きいものを厳選している。
オーダーは「おかませ」が多いとのことだが、中でも旬の魚介類を味わえる「刺身盛り(4人前6,000円程度)」や「蟹みそ焼き(850円)」、葉ワサビを練り込んだ自家製チーズを使用した「葉ワサビクリームチーズのピッツァ(720円)」や、「鉄板ナポリタン(800円)」などが人気。「葉ワサビクリームチーズのピッツァ」はイタリアンのメニューに葉ワサビという和のエッセンスが加わることで、日本酒とも相性が抜群の一品。「鉄板ナポリタン」は男性客から熱い支持を得ており、追加でチキンカツやチーズをのせてほしいという要望も多いとのこと。

ちょっとわがままなリクエストにも対応

「いとや」が人気店である理由のひとつが、「柔軟にリクエストに応じる姿勢」だ。
メニューにない酒が飲みたいという声には、目と鼻の先にある酒屋に電話してその銘柄があれば持ってきてもらうというスタンスを取っており、先述の鉄板ナポリタンのように追加オプションにも可能な限り対応する。基本はメニューにある料理に食材の追加することが多いが、たまにメニューに載っていない料理をリクエストされることもあるというが、食材が揃っていれば対応している。

コースは6,000円ほどから提供しており、内容は相談に応じて変更可能。
席数は28席あり、カウンター席、テーブル席、小上がり席、個室があり、中でも2名から利用できる個室(定員8名程度)は一番人気で、はやめの予約がオススメ。

質の良い食材を使用した料理と気さくな店主の柔軟な接客が常連客の心をつかんでいる「北の旬楽 いとや(入人家)」。その魅力をぜひ一度、味わってみては。

画像ギャラリー
店舗マップ
主なメニュー(一例)

内容等対応可能(要予約)

6,000円~

口コミ

口コミはまだありません。

言語を切り替えて表示

北の旬楽 いとや(入人家)

011-251-5788

札幌市中央区南4条西3丁目 2Mビル 6F

営業時間
18:00~0:00
定休日
日曜
平均予算
6,000円
店舗マップ
メニュー
口コミ

ページトップ