餃子とワイン 果皮と餡(kawa to ann) : 餃子、ワイン、イタリアン、フレンチ

NEW
イタリアン・フレンチを取り入れた新感覚餃子を堪能できる店

狸小路5~7丁目 / 西8丁目 エリア

イタリアン・フレンチを取り入れた新感覚餃子を堪能できる店

餃子とワイン 果皮と餡(kawa to ann)  【 餃子、ワイン、イタリアン、フレンチ 】

ワインに合う新しい餃子

「果皮と餡(kawa to ann)」は、イタリアン、フレンチを取り入れた餃子とワインを味わえる店として、2017年3月にオープンした。

姉妹店である「Teatro di Massa(テアトロ ディ マッサ)」「TOTTO(トット)」のシェフとアイディアを練り作り上げている餃子は、今までにない新しいものばかり。北海道産はるゆたかを使用した自家製の皮に包む餡は、パテの中身のようなワインに合うものをイメージしている。定番の豚肉だけではなく、エゾ鹿肉や鴨肉や、牡蠣や甘エビといった魚介類も取り入れているほか、野菜がメインの餃子も提供している。
豚肉には白レバーやフォアグラを混ぜてまろやかで濃厚な味わいにしたり、鹿肉にはクミンを合わせてカレー風味にしたりと、メインの食材に合わせてほかの食材や味付けを考えている。
パテをイメージしていることから餡にはキャベツの代わりにねぎやレンコンを入れているが、餃子の上にキャベツとアンチョビペーストをのせて「餃子らしさ」を表現しているとのこと。

洋の餃子・和の一品×豊富なワイン・自家製ドリンク

「一品」や「つまみ」メニューは、餃子が肉を使用していることから野菜や魚介類を使った料理のみ。餃子にはイタリアンやフレンチが多いが、一品には「自家製〆サバ(850円)」や「茶漬け ブリ(950円)」といった和の料理が多い。メインである洋の創作餃子やつまみでワインを楽しみつつ、〆には茶漬けという、和と洋を楽しめるラインナップとなっている。

ワインはグラスで600円、ボトルで3,000円台から提供しており、料理との相性が良いスパークリング、白ワイン、赤ワインを取り揃えている。ワイン以外にも、店名に「果皮(kawa)」とあるように、果物を皮まで使用した自家製ドリンクを豊富に扱っている。現在(2017年4月)はりんご、オレンジ、バナナがメインだが、季節に合わせて種類を増やしていく予定だ。

ヨーロッパで流行りつつあるという「餃子×ワイン」をいち早く取り入れた「果皮と餡(kawa to ann)」。ひっそりとたたずむ隠れ家のような店内で、新しい餃子をワインとともに堪能してみては。

画像ギャラリー
店舗マップ
主なメニュー(一例)
口コミ

口コミはまだありません。

言語を切り替えて表示

餃子とワイン 果皮と餡(kawa to ann)

011-251-5623

札幌市中央区南1条西7丁目11-2 癒し床屋 金太郎 2F

営業時間
月~木 17:00~24:00
金・土 17:00~翌1:00
定休日
日曜
平均予算
2,500~3,000円
店舗マップ
メニュー
口コミ

ページトップ