バール トップ : バル、イタリアン、ワイン

NEW
好きなお酒とおつまみを楽しめるバル

すすきの エリア

好きなお酒とおつまみを楽しめるバル

バール トップ  【 バル、イタリアン、ワイン 】

質の高い「おつまみ」

「バール トップ」は、狸小路8丁目の人気店「イタリアン居酒屋 osteria Crocchio(オステリア クロッキオ)」の姉妹店であるイタリアン酒場だ。
老舗の喫茶店として長く愛されていた「トップ」を改装し、お酒がすすむ「おつまみ」をメインとしたバルスタイルの店として2017年7月にオープン。クロッキオのメニューも提供しているが、半分以上はシェフの松岡さんオリジナルの料理となっている。
バルスタイルとあって、料理のポーション(量)は少なめ。さらに一人飲み用としてさらに量を少なくすることも可能とのこと。

人気メニューは「サバサンド」。クロッキオで提供しているサバのテリーヌと同じく、ビネガーで締めた生のサバをパンに挟んだ一品だ。トルコの郷土料理であるサバサンドは焼いたサバを挟むが、バールトップは柔らかく油がしっかりと乗った生のサバを使い、たくあんや大葉など歯ごたえの違う食材とあわせていただく。
また、「自家製豚ロースハム」もおすすめ。松岡さんが五日ほどかけて仕込んだ食べごたえのある手作りのハムだ。低温でじっくりボイルしているため淡いピンク色をしており、優しい味わいとなっている。
他にも、「バールTop風ザンギ」といったキャッチ―なメニューや、喫茶店バール時代のレシピを再現した「Topのナポリタン」も提供している。
レギュラーメニューのほかに旬の食材を使ったおすすめメニューが提供されることもあるとのこと。

色んな酒が楽しめる「酒場」

お酒はワインを中心としつつ、日本酒や焼酎なども多種多様に取り揃えている。これは、クロッキオの「酒場では好きなお酒を飲んでもらいたい」の思いを引き継いでいるためだ。更にバールトップは「お酒のおつまみ」をメインとしているので、その種類や数はクロッキオ以上。ボトルワインはイタリアのワインを中心に40種ほど、日本酒は数種なくなり次第違う銘柄を仕入れ提供している。ウィスキーはハイボールにすることも可能で、「酒場」として様々なお酒を楽しめるように心がけている。

じっくりお酒とおつまみを楽しむのにも良し、ふらりと立ち寄りカウンター席でちょい飲みするのも良しの「バール トップ」。おつまみ片手に好きな酒が飲める酒場に、是非足を運んでみてほしい。

画像ギャラリー
店舗マップ
主なメニュー(一例)
口コミ

口コミはまだありません。

言語を切り替えて表示

バール トップ

011-531-6969

札幌市中央区南6条西4丁目1-11

営業時間
18:00~24:00(L.O.23:00)
定休日
日曜
平均予算
3,000円
店舗マップ
メニュー
口コミ

ページトップ