真夜中のバル : バル、日本酒、餃子

NEW
居心地の良い店内で日本酒と餃子を味わおう

すすきの / 大通駅36番出口 エリア

居心地の良い店内で日本酒と餃子を味わおう

真夜中のバル  【 バル、日本酒、餃子 】

日本酒×餃子

豊水すすきの駅のそばにある仲町M‘sに店を構える「真夜中のバル」は、2014年2月1日にオープンした人気のバルだ。
メインが店主の好きな日本酒と餃子で、ひっそりとしたビルの二階にあり、隠れ家的な雰囲気なのが特徴。日本酒はさっぱりしたものから深みのあるものまで幅を持たせることを念頭に置きつつ、すべて味を確かめ気に入ったものを仕入れている。常時20種ほど取り揃えており、値段はすべて700円。様々な味を同じ価格でわかりやすく楽しめるとあって、日本酒好きが多く通っている。
そのほかウイスキーやワインも、店主のおすすめの銘柄を提供している。

餃子はすべて手作りで、鶏白湯スープを煮凝りにして練りこむことで、噛んだ瞬間あふれる肉汁感を作り出すなど、研究を重ね作り上げた自慢の一品だ。こだわりが光る餃子の人気は高く、最初の一杯に併せてオーダーされることが多いとのこと。

カウンターで、会話と酒を楽しむ

店内は一階がカウンター席、二階がテーブル席となっている。カウンターは週末となると立ち飲みスペースも埋まるほどの繁盛ぶりで、スタッフや客同士で会話を楽しめる雰囲気が自然と出来上がっている。この雰囲気の良さによって、真夜中のバルでの会話をきっかけに、オープン以降店で出会い結ばれたカップルが6組もいるという(2019年2月現在)。
見知らぬ人同士でも会話が弾み、楽しい時間を過ごせる空間が自然と作られているのが真夜中のバルの魅力といえる。

楽しい雰囲気の中で厳選した日本酒とこだわりの餃子が味わえる「真夜中のバル」。その魅力を知ってしまえば、常連になること間違いなし。

画像ギャラリー
店舗マップ
主なメニュー(一例)
口コミ

口コミはまだありません。

言語を切り替えて表示

真夜中のバル

090-7640-4000

札幌市中央区南4条西1-6-2 Ms仲町 2F

営業時間
18:00~翌3:00
定休日
年中無休
平均予算
2,000~3,000円
店舗マップ
メニュー
口コミ

ページトップ