ARwebトップ > 温食健美 > 京王プラザホテル札幌 広東料理 南園
[温食健美] 京王プラザホテル札幌 広東料理 南園
生姜の効いた身体に嬉しい広東料理。
「広東料理 南園」の温食健美コースは「広東名菜ランチ」として、生姜の効いた料理が多く、 寒い季節に身体に嬉しい料理となっている。
今回の企画が女性をターゲットにしていることもあり、 「コラーゲン」「体を温める」「五穀米」などの言葉がメニューに並んでいるが、 味付けのしっかりした料理が多く、またボリューム的にも男性でも楽しめる内容となっている。

クラゲと黒木くらげのコラーゲン料理
「クラゲと黒木くらげのコラーゲン料理」

クラゲがとても変わっていた。
よく見かける平麺のようなものではなく、 親指2本分ぐらいの大きさで両端に髭のようなものがついていた。
しかもコリコリ感がとても美味しく、こちらのお店のレベルの高さを感じた。
海老、胡桃、百合根の補養料理
「海老、胡桃、百合根の補養料理」。

温められた胡桃の味がとても新鮮だった。
海老のプリプリ感、百合根のホッコリ感は期待通り。
味付けは薄いわけでは無いのだが上品で、一緒に入っている百合の花弁が 特別なものを食べている感じを演出してくれる。
カスベと葱・生姜の体を温める料理え
「カスベと葱・生姜の体を温める料理え」。

試食の参加者は今まで”カスベ”を食べたことが無かったような。。。
もっとゼラチンぽい感じかと想像していたのが、
ちょっとお肉を頬張っているような感じがした。
生姜の効いた味付けがとても美味しかった。
鶏肉と五穀米のヘルシー炒飯
「鶏肉と五穀米のヘルシー炒飯」。

五穀米を使っているため見た目が黒っぽい炒飯。
でも「それが面白い」とは高橋さんの感想。
わけぎネギのシャキシャキ感も気に入っていただいた。
南瓜団子と白きくらげのホット生姜シロップがけ
「南瓜団子と白きくらげのホット生姜シロップがけ」。

生姜の香りが強く、とても美味しい〆の一品。
生姜湯よりも生姜が存在感を主張しているこちらの料理は、 まさにこの季節にぴったりの料理。
南瓜で作られた団子の鮮やかな色合いが、食べながらホッとさせてくれるかわいらしさがあった。
野菜嫌いで有名な高橋さん。
魚嫌いで有名な高橋さん。

お誘いして大丈夫かなぁと失敗していたが、
何も残すことなく平らげていただけた。

そして、とても満足していただいたようで、笑顔で会社にもどられた。

住所 札幌市中央区北5条西七丁目2番1
電話番号 011-271-3254
営業時間 営業時間:
[平日]
  ランチ  11:30~15:00(L.O.14:30・禁煙席あり)
  ディナー 17:00~21:30(L.O.21:00・禁煙席あり)
[土・日・祝]
  11:30~21:30
  (ランチメニュー L.O.14:30・ディナーメニュー L.O.21:00)
定休日:無休
お勧めメニュー ランチ
  • 飲茶コース 2,500円(税・サービス料込)
  • 南園ランチ 1,360円(税・サービス料込)
  • 日替りランチ 1,150円(税・サービス料込)(平日のみ)
ディナー
  • 女子会プラン 3,500円(税・サービス料込)
  • 桂花コース 4,000円(税・サービス料込)
  • 料理長おまかせコース 14,000円(税・サービス料込)

▲このページのトップへ