ARwebトップ > 温食健美 > 札幌パークホテル 四川料理 桃源郷
[温食健美] 札幌パークホテル 四川料理 桃源郷
質の高い料理に、お腹も心も満たされて。
「四川料理 桃源郷」の温食健美コースは、しっかりとし味付けの品が多く、 ボリュームも満点。割とこってりとした料理をいただいたあとは、 〆のデザートで口の中をリセットできるバランスのとれたコースだ。
すべての料理に生姜が使われており、寒い冬の札幌にはうってつけのコース。
【メニューの紹介】
・生姜を使った冷菜二種盛り合わせ
  鶏肉と茗荷(みょうが)の生姜和え
  海鮮サラダ
・冬の魚!鱈の温まる生姜スープ
・斜里産赤豚ロースの中国風生姜焼き
・生姜醤油の炒飯
・白玉団子の紅茶生姜風味の甘汁

生姜を使った冷菜二種盛り合わせ
一品目は「生姜を使った冷菜二種盛り合わせ。

左の「鶏肉と茗荷(みょうが)の生姜和え」、右の「海鮮サラダ」共にピリ辛で、食欲を誘う二種のサラダとなっている。 種類の違う辛みと食材の味を楽しめる一皿だ。
冬の魚!鱈の温まる生姜スープ
二品目は「冬の魚!鱈の温まる生姜スープ」。

プリプリの鱈を白濁の生姜スープと共にいただけるこちらの料理は、身体が一気に温まる 絶品の一品。魚料理をスープとして提供しているところが、「四川料理 桃源郷」の オリジナリティを感じさせる。
斜里産赤豚ロースの中国風生姜焼き
三品目は「斜里産赤豚ロースの中国風生姜焼き」。

道産食材である斜里産赤豚ロースを使用したこの一品は、程よい辛さと肉のうまみが魅力。 しっかりとした味付けがされておりボリュームもたっぷりだが、食材や味付けの素晴らしさで ペロリと平らげることができる。
生姜醤油の炒飯
四品目は「生姜醤油の炒飯」。

オーソドックスな炒飯だからこそ、「四川料理 桃源郷」の質が伺える。
パラパラの米の食感と具材の中にあるシャキシャキ感が絶妙な一品。
「温食健美」のテーマである生姜を使用しているのもポイントだ。
白玉団子の紅茶生姜風味の甘汁
五品目は「白玉団子の紅茶生姜風味の甘汁」。

紅茶にある渋味と生姜の辛さ、そして白玉の相性が抜群。 甘さはあるが紅茶と生姜ですっきりとした後味となっており、 口の中がさっぱりとした状態でコースを終えることが出来る。
シックで落ち着きのある店内で質の高い料理をいただくことで、贅沢な時間を堪能できる嬉しいコースだ。
身体を十分にあたためたい今こそ、四川料理 桃源郷の温食健美コースをいただいてみてはいかがだろうか。
住所 札幌市中央区南10条西3丁目
電話番号 011-511-3136
営業時間 営業時間:ランチ
      平日 11:30~15:00
      土日・祝日 11:30~
     ディナー
      平日 16:30~21:00(L.O.20:45)
      土日・祝日 ~21:00(L.O.20:45)
定休日:無休
お勧めメニュー ランチ
  • たっぷり食べたい派ランチ
        1,700円(税・サービス料込)
  • 個室限定プラン「桃麗昼華」
        3,150円(税・サービス料込)
  • テーブルオーダー ランチバイキング「彩色昼飯」
        大人 2,800円(税・サービス料込)
        65才以上 2,200円(税・サービス料込)
        小学生 1,500円(税・サービス料込)
ディナー
  • レディースアニバーサリー
        5,000円(税・サービス料込)
  • アニバーサリープラン
        6,000円~(税・サービス料込)
  • テーブルオーダー ディナーバイキング「四川菜祭」
        大人 6,000円(税・サービス料込)
        65才以上 5,000円(税・サービス料込)
        小学生 3,000円(税・サービス料込)

▲このページのトップへ