ARwebトップ > 温食健美 > 札幌パークホテル 四川料理 桃源郷
[温食健美] 札幌パークホテル 四川料理 桃源郷
どこかほっとするようなあたたかい料理
【メニューの紹介】
・鶏肉と根菜の熱々スープ 鶏油風味
・海老とブロッコリーの薄塩炒め 青山椒油風味
・煎り豆腐の葱油ソース
・チンジャオロースかけご飯
・白玉団子 あったか杏仁ソース



鶏肉と根菜の熱々スープ 鶏油風味
一品目は「鶏肉と根菜の熱々スープ 鶏油風味」。

「鶏油(チーユ)」とは、鶏肉の脂肪分を熱して抽出した油のことで、ラーメンのスープなどによく使われているもの。
中国料理では馴染み深い油が入ったスープは、優しいながらしっかりとした味付けがされており、とろみがあるためか冷めずに最後まで熱々の状態でいただける。
海老とブロッコリーの薄塩炒め 青山椒油風味
二品目は「海老とブロッコリーの薄塩炒め 青山椒油風味」。

青山椒をじっくり煮詰めて作る青山椒油の、上品な香りが食欲をそそる一品。海老のプリプリとした食感と、ブロッコリーや他の野菜のシャキシャキとした歯ごたえのバランスが絶妙。
ほどよい薄塩の味付けなので、食材の質の良さが引き立っている。
煎り豆腐の葱油ソース
三品目は「煎り豆腐の葱油ソース」。

「葱油」は、ネギやニンニクなどで作られている、中国料理によく使われている油。ネギとニンニクの風味とピリッとした辛味が感じられるのが特徴だ。
煎られている豆腐はピリ辛に味付けされているため、じんわり汗が浮かぶほどに体があたたまる一品に仕上がっている。
チンジャオロースかけご飯
四品目は「チンジャオロースかけご飯」。

ご飯にチンジャオロースがかかっているという、あまり見ない一品だ。
まろやかでややしっかりとした味付けのチンジャオロースとご飯の相性がバッチリ。
とろみが熱を閉じ込めているため、最後まで冷めずにいただける。

白玉団子 あったか杏仁ソース
五品目は「白玉団子 あったか杏仁ソース」。

上品な甘さのあたたかいデザート。
白玉団子の中には甘さが控えめの胡麻の餡子が入っており、しっかりとした甘さがある杏仁ソースと絡めていただくことで抜群のおいしさを味わえる。
全体的に優しい味付けで、心も体もほっとするようなコースに感じられた。
とろみがある料理が多く、あたたかさを保ったまま最後までいただける。オイルは桃源郷でよく使用されている自家製のものを使い、まさに「桃源郷の中国料理」というものが味わえる。
住所 札幌市中央区南10条西3丁目 4F
電話番号 011-511-3136
営業時間 営業時間:ランチ
      平日 11:30~15:00
      土日・祝日 11:30~
     ディナー
      平日 16:30~21:00(L.O.20:45)
      土日・祝日 ~21:00(L.O.20:45)
定休日:無休
お勧めメニュー ランチ
  • たっぷり食べたい派ランチ 1,850円(税・サービス料込)
  • 個室限定プラン「桃麗昼華」 3,240円(税・サービス料込)
  • レディースランチ 3,607円(税・サービス料込)
ディナー
  • 桃源郷コース 6,480円(税・サービス料込)~
  • レディースディナー 7,200円(税・サービス料込)
  • 単品メニュー えび 2,862円(税・サービス料込)~