ARwebトップ > 夏食健美 > 京王プラザホテル札幌 広東料理 南園
[夏食健美] 京王プラザホテル札幌 広東料理 南園
遊び心がある華やかなメニュー


【メニューの紹介】
  • 蒸し鶏の黄身酢和え 彩りサラダ添え
  • 海老と季節野菜入りオマール海老味噌風味のラタトゥイユ オーブン焼き
  • 道産純粋金華豚のりんご酢入り酢豚
  • 帆立貝とトウモロコシ入りチャーハン 自家製辛味噌添え
  • 抹茶の杏仁豆腐 黒豆酢と蜂蜜のソース


蒸し鶏の黄身酢和え 彩りサラダ添え
一品目は「蒸し鶏の黄身酢和え 彩りサラダ添え」。

さっぱりとした蒸し鶏を、とろみのある黄身酢の濃い味でいただく一品。
彩りサラダには酸味の強いドレッシングが添えられており、黄身酢とは違う味を楽しめる。

海老と季節野菜入りオマール海老味噌風味のラタトゥイユ オーブン焼き
二品目は「海老と季節野菜入りオマール海老味噌風味のラタトゥイユ オーブン焼き」。

熱々でとろみのあるソースで海老と野菜をいただく一品。
見た目はラタトゥイユながら、味はどこかエビチリのようなテイストは中国料理店ならではのアレンジだ。

道産純粋金華豚のりんご酢入り酢豚
三品目は「道産純粋金華豚のりんご酢入り酢豚」。

唇だけでほぐれるほど柔らかい道産純粋金華豚を、程よい甘さと酸味がある酢豚としていただく一品。 酢豚に入れる果物といえばパイナップルだが、りんご酢を使用しているため林檎が入っているのが特徴。
帆立貝とトウモロコシ入りチャーハン 自家製辛味噌添え
四品目は「帆立貝とトウモロコシ入りチャーハン 自家製辛味噌添え」。

ホタテとトウモロコシの塩気と甘みが活きた優しい味わいの炒飯。
自家製の辛味噌を加えることで、辛さと濃い味噌の味に変わり、別の楽しみ方ができる。

抹茶の杏仁豆腐 黒豆酢と蜂蜜のソース
五品目は「抹茶の杏仁豆腐 黒豆酢と蜂蜜のソース」。

控えめな甘さである抹茶の杏仁豆腐に、ジュレ状のソースが添えられており、四品目の炒飯同様、二種類の味が楽しめる一品となっている。

黄身酢、黒豆酢といった珍しい酢を使用した、彩りのよいメニューがいただける。
ひとつの料理でふたつの味を楽しめたり、中国料理のテイストが入った洋食メニューなど、遊び心が感じられるコースとなっている。
住所 札幌市中央区北5条西七丁目2番1
電話番号 011-271-3254
営業時間 営業時間:
[平日]
  ランチ  11:30~15:00(L.O.14:30・禁煙席あり)
  ディナー 17:00~21:30(L.O.21:00・禁煙席あり)
[土・日・祝]
  11:30~21:30
  (ランチメニュー L.O.14:30・ディナーメニュー L.O.21:00)
定休日:無休
お勧めメニュー ランチ
  • 南園ランチ 月替わり10品よりチョイス
    1品 1,300円/2品 1,500円(税・サービス料込)
    (ライス・清湯・搾菜・コーヒー又は杏仁豆腐付)
  • 広東コース 5,000円(税・サービス料込)
ディナー
  • 蘭花コース 11,000円(税・サービス料込)
  • 桃花コース 8,500円(税・サービス料込)
  • 90分飲み放題付き 4,000円プラン
    ※平日 月・火・水・木曜日限定(税・サービス料込)