ARwebトップ > 夏食健美 > ホテルオークラ札幌 中国料理 桃花林
[夏食健美] ホテルオークラ札幌 中国料理 桃花林
身体を「養う」、ほっとする優しい味わいが堪能できる


【メニューの紹介】
  • 鶏肉、白蕪、キノコの豆乳スープ
  • 北海道産豚肉、ニラ、キャベツとスクランブルエッグの炒め
  • 海老とブロッコリー、ミニトマトの辛味炒め 能紅酢の香り
  • パイナップルとスイスチャードの彩り炒飯
  • ライチ入り杏仁豆腐 ぶどうとラズベリーの酢のシロップで


鶏肉、白蕪、キノコの豆乳スープ
一品目は「鶏肉、白蕪、キノコの豆乳スープ」。

とろみのある豆乳のスープのほどよい塩気と甘さが絶品。
夏でもあたたかいお茶を飲むという台湾の文化を取り入れた、身体に優しい一品だ。
北海道産豚肉、ニラ、キャベツとスクランブルエッグの炒め
二品目は「北海道産豚肉、ニラ、キャベツとスクランブルエッグの炒め」。

豚肉、ニラ、キャベツにスクランブルエッグを合わせることでまろやかな味わいになっている。
全体的にシンプルな味付けで、だからこそ料理人の腕の良さが感じられる一品。
海老とブロッコリー、ミニトマトの辛味炒め 能紅酢の香り
三品目は「海老とブロッコリー、ミニトマトの辛味炒め 能紅酢の香り」。

能紅酢は中国の伝統的な酢を日本人向きにアレンジしたもの。
ピリ辛な味付けに加え、食材などの甘み、ミニトマトと酢の酸味のバランスが良く、食欲をそそられる一品。
パイナップルとスイスチャードの彩り炒飯
四品目は「パイナップルとスイスチャードの彩り炒飯」。

スイスチャードはフダンソウとも呼ばれる、サラダや炒め物に適した野菜。
細かく刻まれたパイナップルがアクセントとなっており、一口ごとに甘みの強さが変わるのが楽しい一品だ。

ライチ入り杏仁豆腐 ぶどうとラズベリーの酢のシロップで
五品目は「ライチ入り杏仁豆腐 ぶどうとラズベリーの酢のシロップで」。

ぶどうとラズベリー、酢を使った酸味が効いたほんのり甘いシロップと、ライチ・杏仁豆腐の相性が抜群。
全体的に優しい味のコース〆にピッタリの一品となっている。
欧陽炳堅(おうやんぴんきん)さんが掲げるテーマ「養」のとおり、身体を養うあたたく優しい味付けのコースになっている。
珍しい酢や野菜はそれほど使用せず、細かいパイナップルが入れるなど、アイディアを活かした料理がいただける。
住所 札幌市中央区南1条西5丁目
電話番号 011-221-2405
営業時間 営業時間:ランチ 11:30~15:30(L.O.15:00)
     ディナー  17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:無休
お勧めメニュー ランチ
  • 楊貴妃ランチ 2,600円(税・サービス料込)
  • 虞美人(ぐびじん)ランチ 5,000円(税・サービス料込)
  • 桃花林ランチ 1品チョイス:1,550円(税・サービス料込)
ディナー
  • 広東美食紀行 8,400円(税・サービス料込)
  • 【梅】 4,000円(税・サービス料込)
  • 【桃】 6,300円(税・サービス料込)