ARwebトップ > 春の旬野菜特集 > ビーストキッチン
ビーストキッチン
TEL.011-222-7566
とにかく甘い!素材の味を楽しめる「ホワイトキャベツのレモンサラダ」
ビーストキッチンの旬メニューは、「ホワイトキャベツのレモンサラダ」だ。

キャベツには、胃腸薬に使われていることで知られている「独自有効成分ビタミンU(キャベジン)」が含まれている。胃腸の粘膜の新陳代謝を活発化し、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の回復をサポートする効果がある成分だ。

胃腸の粘膜修復に必要なタンパク質の合成を促進し、胃潰瘍や胃腸に関する機能回復効果がある。

胃腸にダメージを受けている傾向がある春に、キャベツは是非とも食べておきたい食材だ。

使用している「ホワイトキャベツ」は、剣淵町の三浦農家独自の品種。雪の中で越冬させたキャベツで、その名の通り白い色が特徴だ。
普通のキャベツと違う点は、身がぎゅっと締まっており、ずっしりとした重みがあるところ。包丁を入れてもさっくりと刃が通らず、バキバキと音が鳴るほどだ。
また、濃い甘みも特筆すべき点。雪の中で寝かせたキャベツは、凍結を防止するために糖度を増やす。そのため、キャベツに甘みが凝縮されているのだ。

軽く蒸したホワイトキャベツにレモン汁、オリーブオイル、塩、パセリをかけて完成というシンプルな料理にしたのは、食材の味を感じてもうため。
ホワイトキャベツが持つ味を活かすためにドレッシングを使わず、甘みが引き立つようにあえて酸味の強い味付けにした。口に入れるとはじめにレモン汁のほどよい酸味が広がるが、噛めば噛むほどキャベツの甘みが広がっていく。

「ホワイトキャベツのレモンサラダ」と一緒に飲む酒として店主がオススメするのが、奈良県産「風の森」。 一般的な端麗辛口などとは真逆の、酸味のある酒の方が合うというのが理由。さっぱりとした味わいが特徴で、日本酒が苦手な方でも飲みやすい一品だ。
その他にも苺の風味が漂う「鏡山」や、まるで日本酒ではないようなすっきりとした味わいの「LA MOUSSON」など様々な種類の日本酒を取り揃えており、知識が豊富な店主やスタッフが好みにピッタリの酒を用意してくれる。数種類の酒を飲み比べすることもできるので、酒好きにはもってこい。

「ホワイトキャベツのレモンサラダ」をはじめ、旬の素材を活かした味付けの料理がメニューに並ぶ。珍しい酒と共に、旬の味を楽しんでみては。

「ホワイトキャベツのレモンサラダ」:450円

住所 札幌市中央区南2条西1丁目5-7第一広和ビル1F
電話番号 011-222-7566
営業時間 営業時間:ディナータイム 18:00~23:00(L.O 22:30)
     バータイム   23:00~翌 2:00
      ※ 金土祝前日 燃え尽きるまで
定休日:日曜・祝日

▲このページのトップへ