summer_topimage.jpg

じりじりとした暑さが続くこの季節、この猛暑を乗り切れる、
夏にオススメのメニューをご紹介します!

ネバネバ系メニューでスタミナをつけて!
宮川呉服店かふゑの 玄米ネバネバ丼
宮川呉服店かふゑの「玄米ネバネバ丼」は、夏に多く食べられる人気メニュー。
オクラと納豆と長芋というネバネバ系食材が三種入っている。
オクラは整腸作用・疲労回復効果があり、納豆は肉体疲労の予防、体内でエネルギー変換を助けるマグネシウムを豊富に含んでいる。長芋は体を冷やす効果があり、夏バテ予防にバッチリ。
醤油をかけて混ぜ合わせ、ご飯にかけていただくのがオススメの食べ方。添え物のキムチを入れるとシャキシャキとした触感と酸味が加わり、トッピングの温泉卵(100円)を入れるとまろやかな味わいになる。お気に入りの食べ方を探してみよう。
きんぴらごぼう、煮豆、卵焼き、味噌汁もついて680円とリーズナブルなメニュー。ヘルシーで栄養満点のネバネバ丼を食べて、夏の暑さを吹き飛ばそう。

●住所:札幌市中央区南1条西12丁目322

●TEL:011-271-9459

●営業時間:Lunch 11:30〜13:30

      Cafe 14:00〜17:00

      Dinner 17:00〜22:30(L.O.21:30)

●定休日:日曜・祝日

夏野菜でヘルシーに!
ビーストキッチンの 野菜のお造り
ビーストキッチンの夏メニューは「野菜のお造り」だ。
その日の仕入れによって野菜の種類は変わるが、どれも旬の新鮮な食材を使用している。
使用する野菜は、果肉が厚くてゼリーが少ない長卵型のミニトマト「アイコ」、山形産の短くてしっかりとしたキュウリをはじめ、カブ、水ナス、コールラビ、スイスチャード、ワサビ菜など。彩り鮮やかな野菜が美しく盛り合わせられている。
しゃきしゃきと歯ごたえのある野菜は、噛むと甘さが感じられるほどにうま味がある。そのまま食べてもいいが、オリーブオイルと塩のドレッシングをつけて食べるとまた違った味わいになる。
あっさりとしていて夏にピッタリのメニューは、ビーストキッチンに多種ある日本酒とも相性がバッチリ。夏の暑さも、爽やかなメニューと酒で乗り切ろう。

●住所:札幌市中央区南2条西1丁目5-7第一広和ビル1F

●TEL:011-222-7566

●営業時間:ディナータイム 18:00〜23:00(L.O 22:30)

      バータイム   23:00〜翌 2:00

      ※ 金土祝前日 燃え尽きるまで

●定休日:日曜・祝日

▲このページのトップへ