お値段以上の寿司と、居心地の良い空間が人気の老舗寿司店「千春鮨(ちはるずし)」

職人の腕が光る上質な寿司

「千春鮨」は、30年以上の歴史を持つ老舗の寿司屋だ。
店名は歌手の松山千春氏が名付け、本人も時折訪れるのだとか。店内には松山千春ゆかりの品が置かれており、店との関係がうかがい知れる。

店は以前札幌駅周辺にあったが、2011年に現在の場所に移転。数年経った今では、ススキノでも有数の寿司屋として知られている。

食材は北海道産を中心に、新鮮で上質なものを厳選して仕入れている。対してシャリは道産米を使わず、独自に配合した寿司にピッタリのブレンド米を使用。

20年以上握り続けている店主によって生み出される寿司は、厚みのあるネタとほどよい握りのシャリのバランスが絶妙。これぞ「美味しい寿司」と感じられる品を味わえる。

寿司以外では焼き物、汁物を提供。素材の良さを活かした料理をいただける。
ひとつひとつに細やかなこだわりを感じられる品々は感動すら覚えるほどの味わいだ。

満足感と居心地抜群の店

座席はカウンターとテーブルと小上がりがあり、用途に合わせて利用できる。
常連客をはじめ、観光客のほか、松山千春氏のファンも訪れるとのこと。
それぞれ客を見て握るサイズを変えたり、寿司を取りやすいように置く角度をすこし変えたりなど、店主のさり気ない心遣いが人気に繋がっている。

通常メニュー以外では、飲み放題付きコース(5,000円~)や季節の鍋などもいただける。6,000円ほどで高級店に引けを取らない上質な寿司が味わえるのも「千春鮨」の特徴であり、人気の理由でもある。

楽しく会話しながら、さり気ない気遣いと上質で美味しい寿司を味わえる「千春鮨」に、是非一度足を運んでみては。ただし、人気店のため予約が必須なので、ご注意を。

マップ

主なメニュー

フード

おまかせにぎり(12カン) 4,320円
千春にぎり 3,240円
千春特製丼 3,240円
まかない丼 2,484円
刺身、焼き物、その他珍味各種あり

コース

おまかせコース飲み放題込み 6,000円

ドリンク

ビール、日本酒等取り揃え
店舗情報
店名 千春鮨(ちはるずし)
住所 札幌市中央区南6条西3丁目
電話番号 011-520-3213
営業時間 17:00~24:00
定休日 日曜・祝日
平均予算 8,000円
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、飲み物を1杯サービスいたします。
他券併用不可
千春鮨(ちはるずし)
QRコード

関連記事

  1. 道産そば粉の蕎麦を、ワインとともに。「蕎麦とわいん 関」

  2. 大満足のコースが堪能できるすし処「鮨 大照」

  3. 串とワインを楽しめる「YAKITORI&WINE BARSAMICO(バルサミコ)」に行ってみた。

  4. 東京の屋台の味を体験できる店 「おでん酒場 赤とんぼ」

  5. 落ち着いた店内でラクレットとシチューをいただける店「シチューとラクレットの店 cocotte(ココット)」

  6. これぞ本場の味!関西人が愛する絶品お好み焼き店「なんでやねん」

  7. 包丁人よしのり

  8. 日本酒好きにも野球好きにも楽しいお店「酒と餃子の店 晩と」に行ってみた。+テイクアウトしてみた。

  9. お店でつくった、クラフトビールを。「月と太陽 BREWING」

  1. こだわりの蕎麦や一品料理と、豊富な日本酒を味わえるお店「蕎麦に…

    2021.11.24

  2. 本格江戸前寿司を味わえる「すし六法」に行ってみた。

    2021.11.17

  3. 話題のチーズケーキを食べてみた!

    2021.11.10

  4. 見た目も美しい和食を味わえる店「古今山久(ここんやまひさ)」

    2021.11.09

  5. 惜しみない手間から生まれる唯一無二の味わいが堪能できる「中国料…

    2021.10.21

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »