独自の中華を、ワインとともに。「チャイニーズバル マルク」

上質な中華を存分に堪能できる店

「チャイニーズバル マルク」は、有名ホテルなどで培った技術と独自のアイディアで作り出される中華料理がいただける人気店だ。
厳選した質の高い食材を使用し、店主の経歴とセンスによって生み出されている上質な中華は、その質を思えば驚くほど低めの価格に設定されている。また、大皿のイメージがある中華だが、マルクではひとりで食べきれる量にしてある。これらは店主の「一人でふらっと来られるような店にしたい」という思いがあるため。その思いが通じ、カウンター席にはおひとりさまも多く訪れているという。
人気メニューは大ボリュームの香港式「骨付き丸鶏のパリパリ揚げ」や、広東の特製パウダーをアレンジした「エビマヨ・ココナッツ風味」、塩豚の塩味だけで味を作り上げた優しい味わいの「白い麻婆豆腐」など。また、有名ホテルと同じルートで仕入れているというフカヒレも、8,000円と気軽に頼める価格であるため、人気を呼んでいる。

中華とワインのマリアージュ

飲み物は、店主がすべて味を確かめてから仕入れているワインが人気。現在同様のスタイルの店は増えているが、実はマルクは札幌の飲食店で中華とワインを取り入れた先駆けのような存在。中華に合うワイン選びには精通しており、好きな味がわからないお客さんには積極的に声をかけ、好みの銘柄をオススメするようにしているとのこと。
ワインのほかにも、シャンパンや紹興酒など、様々な種類を取り揃えている。

コースも提供しており、20名から貸し切り予約も可能。一人飲みからパーティまで様々なシーンに利用できるのが魅力の「チャイニーズバル マルク」で、上質な中華とワインのマリアージュを楽しんでみては。

マップ

主なメニュー

フード

香港式 骨付き丸鶏のパリパリ揚げ 1,800円
四川名菜よだれ鶏 850円
前菜3種盛り合わせ 1,800円
エビマヨ・ココナッツ風味 870円
蝦夷アワビと季節野菜のゆず胡椒炒め 1,680円
かにあんかけチャーハン 1,100円

コース

4,500円マルクコース生ビール付き2時間飲み放題込み
・前菜3種盛り合わせ
・若鶏の油淋鶏
・小龍包
・ぷりぷりエビと玉子のチリソース
・麻婆豆腐
・五目チャーハン
・デザート
4,500円
6,500円特別コース生ビール付き2時間飲み放題込み
・前菜5種盛り合わせ
・特製点心2種盛り合わせ
・北京ダッククレープ巻き
・カニみそと豆腐のあっさり塩煮込み
・フカヒレと野菜のあんかけ焼きそば
・デザート
6,500円

ドリンク

飲み放題(生ビール付き120分)サッポロクラシック(生)/ノンアルコールビール/ワイン 赤・白/黒梅酒(ロック・ソーダ割)/紹興酒(ロック・ストレート)/ハイボール/シャンディガフ/オペレーター/スプリッツァー/カシスオレンジ/ファジーネーブル/クーニャン/ウーロンハイ/ウーロン茶/ジンジャーエール/オレンジジュース 2,000円
グラスワイン(赤・白) 600円~
ボトルワイン(赤・白) 4,000円~
サッポロクラシック(生) 600円
甕出し 紹興加飯酒/グラス 550円
店名 チャイニーズバル マルク
住所 札幌市中央区南4条西5丁目10 第4藤井ビル 1F
電話番号 011-211-0029
営業時間 月~木 18:00~25:00(L.O.24:30)
金・土 18:00~26:00(L.O.25:30)
定休日 日曜
平均予算 4,000~4,500円

関連記事

  1. 癒しの空間で餃子を堪能できる店「タカタカ」

  2. 皮からすべて手作りの餃子が人気!異国情緒あふれる大衆酒場「なかよし餃子 エリザベス」

  3. フルーツづくしの人気店「果実倶楽部818」

  4. 特別な空間で贅沢なひとときを堪能できる店「ステーキ&ワイン いしざき」

  5. 本格江戸前寿司を味わえる「すし六法」に行ってみた。

  6. 落ち着いたエリアでゆっくりと寿司やつまみを味わえる店「すし たけ田」に行ってみた。

  7. パイ生地の包み焼き

    エルスカさんに行ってみた。

  8. チャイニーズキッチン 紅龍(ホンロン)

  9. 日本酒好きにも野球好きにも楽しいお店「酒と餃子の店 晩と」に行ってみた。+テイクアウトしてみた。

  1. こだわりの蕎麦や一品料理と、豊富な日本酒を味わえるお店「蕎麦に…

    2021.11.24

  2. 本格江戸前寿司を味わえる「すし六法」に行ってみた。

    2021.11.17

  3. 話題のチーズケーキを食べてみた!

    2021.11.10

  4. 見た目も美しい和食を味わえる店「古今山久(ここんやまひさ)」

    2021.11.09

  5. 惜しみない手間から生まれる唯一無二の味わいが堪能できる「中国料…

    2021.10.21

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »