ar magazine Vol.40「春待つ、一献――冬の日本酒特集」 掲載店舗

日本酒で寒い冬を乗り越える。

 

雪も降り、本格的な冬を迎えた札幌。

今回のar magazineは、厳選日本酒と絶品料理がいただけるお店特集!

ミシュラン掲載の和食、北海道では珍しい蕎麦、見た目も味もこだわったコース、通いたくなる女将のお店、老舗焼き鳥などなど、バラエティ豊かなar magazineお気に入りの6店舗をご紹介します。

厳しい寒さが続く札幌で、日本酒とお料理で暖をとってみては?

1. 古今山久(ここんやまひさ)


熟練の店主が織りなす、上質な和食を堪能できる名店。


ディナーコースはひと月ごとにすべて内容を変更し、そのときに一番美味しい全国各地の旬の食材を使用した、味はもちろん見た目にもこだわった一品を味わえる。

日本酒は夫人がチョイスしているという全国各地の銘柄を、店主が日本中の雑貨店などで買い集めたオシャレなお猪口でいただくことができる。

ランチの絶品鯛茶漬けもオススメ。

古今山久(ここんやまひさ)
住所:札幌市中央区南3条西8丁目7 大洋ビル 2F
TEL:011-596-7233
営業時間:17:30~21:00(L.O.)
定休日:水曜・不定休あり
平均予算:ランチ 1,540円/ディナー 7,800円~

店舗情報はこちらでも紹介しています。

2.蕎麦に銘酒 蔵美庭gravity


こだわりの蕎麦と豊富な日本酒を楽しめるお店。

使う蕎麦の品種やフィーリングで作るその日限りの絶品蕎麦と、厳選した全国各地の食材を使用した趣向を凝らした一品料理がいただける。

多いときには100種ほどもあるという日本酒はお酒好きには嬉しい銘柄ばかり。
店主さんをはじめスタッフ全員がお店の日本酒について熟知しており、味についての解説を添えながら提供してくれる。
日本酒を飲んでみたいけどなにがいいのかわからない…というような、日本酒ビギナーの方にもおすすめのお店。

蕎麦に銘酒 蔵美庭gravity
住所:札幌市中央区大通西14丁目3-28 SSTビル 1F
TEL:011-252-7877
営業時間:
火~金 11:00~14:30/17:00~21:00(L.O.)
土日祝 11:00~L.O.21:00
定休日:月曜
平均予算:2,000~2,500円(ランチ 800円)

店舗情報はこちらでも紹介しています。

3.直(じき)南2条店


江軍鶏の焼き鳥と、上質な蕎麦をじっくり堪能できるお店。


備長炭でじっくりと焼き上げ美味しさを閉じ込めた焼き鳥と、常陸秋そばなどの道外の蕎麦粉を使用した蕎麦が味わえる。

夜に焼鳥や一品料理、蕎麦と日本酒楽しむのも良いですが、昼に楽しめる「蕎麦前」もおすすめ。
ランチタイム限定で蕎麦屋での定番つまみ「板わさ・焼き海苔・出し巻き卵」を提供。北海道ではあまり馴染みのない江戸っ子の文化をぜひ楽しんでみて。

直(じき)南2条店
住所:札幌市中央区南5条西3丁目 5・3ビル 1F
TEL:011-596-9338
営業時間:
月~木 17:00~24:00
金・土 17:00~翌2:00
休日:日曜・祝日
平均予算:4,000~5,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

4.日本酒バル しずく(sizucu)

旬を味わえる和食と豊富な日本酒を堪能できるお店。


有名店に足を運びヒントを得ながら、全国各地の上質な食材を使用し、しずく独自の料理を提供している。

おすすめは、単品オーダーとさほど変わらない日本酒ラインナップを楽しめる飲み放題付きのおまかせコース。
料理と相性抜群のさわやかでフルーティな銘柄が多く楽しめるのも嬉しいポイントだ。

日本酒バル しずく(sizucu)
住所:札幌市中央区南3条西3丁目 N-メッセビル 6F
TEL:011-596-8567
営業時間:
月~木 17:00~24:00 (料理L.O. 23:00/ドリンクL.O. 23:30)
金土祝前日 17:00~翌1:00 (料理L.O. 翌0:00/ドリンクL.O. 翌0:30)
定休日:日曜(祝前日の場合は営業)
平均予算:5,000~6,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

5.ポン酒とおばんざい おん

お店に寄る楽しみがある日替わりおばんざいと日本酒が味わえる店。

女将のおばんざいとポン酒を味わえる。

カウンターに並ぶ女将お手製のおばんざいはどこかほっこりする美味しさ。
日替わりで決まったメニューがなく、仕事帰りに「今日は何があるだろう」とワクワクしながらお店に寄る常連客も多い。

日本酒はメニュー表にある定番の6種のほかにも常時10~15本ほどあり、利き酒師でもある女将が選んだ銘柄が味わえる。

ポン酒とおばんざい おん
住所:札幌市中央区南6条西4丁目5 タカセビル B1F
TEL:011-206-7232
営業時間:
月火木金 17:00~24:00
土日   15:00~24:00
定休日:水曜
平均予算:2,000~3,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

6.炭火串文化 あぶりや

豊富な串・一品メニュー・日本酒が人気の老舗店。


炭火でしっかりと焼き上げた串を、創業時から変わらぬ値段(120円~)でいただける。
人気メニューは「とり精肉」や、特製つくねと生ピーマンを合わせていただく「つくねピーマン」など。

豊富な日本酒にはメニュー表はなく、冷蔵庫に並ぶ銘柄を自ら選ぶか店員に好みを伝えるスタイルなので、今まで出会ったことのないものを味わえる。

炭火串文化 あぶりや
住所:札幌市中央区南5条西3丁目 ニューブルーナイルビル 9F
TEL: 011-551-9489
営業時間:17:00~00:00(L.O.23:00)
定休日:日曜(※日・月が連続して休日の場合は日曜営業、月曜定休大型連休時:後半に連続休暇の場合有)
平均予算:3,500円前後

店舗情報はこちらでも紹介しています。

  1. 2022年9月1日に移転オープンした人気フレンチ「tire bouchon(ティ…

    2022.09.30

  2. 上質な料理と厳選日本酒を堪能できる「味和久(みわく)」に行って…

    2022.09.29

  3. さっぽろオータムフェスト2022+狸COMICHIに行ってみた。

    2022.09.13

  4. 人気のビストロ「Bistro酒場 REPOS(ルポ)」に行ってみた。

    2022.09.09

  5. 2022年8月30日OPENの「狸COMICHI(タヌキコミチ)」に行ってみた。

    2022.09.08

  1. 白石エリアの人気立ち飲み屋「立喰酒場Choi 南郷店」

    2022.07.06

  2. 澄川エリアで飲むならここ!「立喰酒場Choi 澄川店」

    2022.06.24

  3. 円山エリアに立ち飲み屋がオープン!「立喰酒場Choi まるやま店」

    2022.06.17

  4. そばちょこのおつまみとお酒を楽しむ客でにぎわう酒場「こつまみ酒…

    2019.12.10

  5. 毎日立ち寄りたくなる立ち飲み酒場 「立喰酒場Choi 36店」

    2019.12.09

  6. 燻製・発酵料理が楽しめる酒場「いぶしかもし酒場Choi」

    2019.02.28

  7. 何度も足を運びたくなる大衆酒場「大衆餃子酒場Choi」

    2017.02.16

  8. 居心地の良さと上質なフレンチが堪能できる店 「立喰酒場Choi 北2条…

    2016.06.09

  9. アットホームな「おでん酒場」 おでん酒場 Occhi

    2015.11.19

  10. 燻製×酒を楽しめる創成川イーストゾーンの人気店! 「くんせいとお…

    2015.04.07

Translate »