ar magazine Vol.37「中華で乾杯!」 掲載店舗

町中華も、本格中華も、ともによし。


札幌に気軽にお酒と中華を楽しめる店が増えている。

こだわりの味付けやアイディアによって作り出される中華は、その店でしか食べられない独創的なものばかり。
また、長年札幌の中華を支えてきたレストラン中華も、新しい味を提供し続けている。

今回のARマガジンは、今勢いのある札幌中華を大特集!

仕事帰りにふらっと立ち寄る町中華や、ビジネスランチから特別な日まで利用できるレストラン中華など、様々なシーンで楽しめる6店舗ご紹介。

進化し続けている札幌の中華を、ぜひ味わってほしい。

1. 中国料理 芙蓉城(ふようじょう) おすすめメニュー:ビャンビャン麺ランチ(1,400円)

日常使いにもとっておきの日にもおすすめの四川料理が味わえる芙蓉城(ふようじょう)のおすすめメニューは、「ビャンビャン麺ランチ」。

唐辛子とニンニクが効いた、クセになる酸味のあるタレに絡む麺は、本場麺点師直伝の幅2~3cmの極太平打ち麺。

この見た目のインパクトも抜群の麺料理に点心3点盛りがついてくる、ボリューム満点のランチセットとなっている。

ほかにも「辣子鶏(鶏の唐辛子炒め)」など、豊富なメニューが味わえる。

中国料理 芙蓉城(ふようじょう)
住所:札幌市中央区南2条西11丁目 札幌プリンスホテル 2F
TEL:011-241-1251
営業時間:
ランチ  11:30A.M.~2:30P.M.(L.O.2:00P.M.)
ディナー 5:30P.M.~9:00P.M.(L.O.8:30P.M.)
(レストラン予約係 9:00A.M.~8:00P.M.)
定休日:なし
平均予算:ランチ 1,300円~/ディナー 4,000円~※消費税込・サービス料10%別

店舗情報はこちらでも紹介しています。

2.チャイニーズバル マルク おすすめメニュー:骨付き丸鶏のパリパリ揚げ(半身orハーフ:1,200円/一羽:2,400円)


有名ホテルなどで培った技術と独自のアイディアで作り出される中華料理とワインのマリアージュが楽しめるマルクのおすすめメニューは、香港式「骨付き丸鶏のパリパリ揚げ」


香ばしさと鶏肉のジューシーさがたまらない、マルクの名物料理だ。

 

ほかにもチーズが入ったエビチリなどオリジナリティあふれる中華が盛りだくさん。

ひとりで食べきれる量のメニューも多いので、カウンターでひとり中華も楽しむのもおすすめ。

チャイニーズバル マルク
住所:札幌市中央区南4条西5丁目10 第4藤井ビル 1F
TEL:011-211-0029
営業時間:18:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:日曜
平均予算:4,000~4,500円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

3.クラブチャイナ(Club China) おすすめメニュー:フェアディナーコース(4,400円)・フェアランチコース(1,650円)

クラブチャイナのおすすめメニューは一番人気の月替わりコース「フェアディナーコース」「フェアランチコース」


油脂の使用を減らし、素材の持ち味を活かす日本料理やフランス料理の技法を取り入れた、見た目が華やかなコース仕立ての「ヌーベルシノワ」が堪能できる。

アラカルトではハーフポーションでの提供も始め、少人数でも気にせず色々な料理が味わうことも可能。


中華と相性の良いワインとともに、旬の食材を取り入れた中華を堪能してほしい。

クラブチャイナ(Club China)
住所:札幌市中央区南3条西5丁目 SYOKUSAN3.5ビル 3F
TEL:011-272-4077
営業時間:
ランチ  11:00~15:00(L.O.14:30)
ティータイム 14:30~17:00
ディナー  17:00~22:00(LO.21:00)
休日:水曜
平均予算:
ランチ    1,500円
ティータイム 1,000円
ディナー   4,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

4.中華や徳福 おすすめメニュー:徳福 大餃子(2ヶ 400円)

町中華の雰囲気の中、気軽に本格中華を味わえる徳福のおすすめメニューは「徳福 大餃子」。

サイズがかなり大きくジューシーなのが特徴で、キャベツがたっぷり入っている。

味がしっかりしているので、酢と手作りラー油のみで食べるのがオススメだ。


餃子とならんでオススメなのが、じっくり時間をかけて仕上げた「紅チャーシュー」。外は香ばしく中はジューシーで、ほんのり甘みがある広東式チャーシューはお酒との相性が抜群だ。

まろやかな味わいが人気の甕だし紹興酒とともに、徳福にしかない中華を味わおう。

中華や徳福
住所:札幌市中央区南3条西3丁目 克美ビル 2F
TEL:011-215-1773
営業時間:
月~木 17:00~翌1:00
金・土 17:00~翌3:00
定休日:日曜・祝日
平均予算:2,000~3,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

5.お酒と中華 おいる おすすめメニュー:白子麻婆豆腐(1,380円)

中国のさまざまな地方の中華に、道産を中心とした和の食材や技法を加えた独自の逸品が味わえる「おいる」のおすすめメニューは、旨辛の麻婆豆腐にクリーミーな白子を加えた「白子麻婆豆腐」。

鱈の白子(たち)と鮭の白子を使用した贅沢な一品となっている。

美味しさもさることながら、見た目のインパクトも抜群の「道産和牛の青椒牛肉̪師絲」もオススメ。

相性抜群の厳選日本酒やドラゴンハイボールと共に、ここにしかない中華を味わってほしい。

お酒と中華 おいる
住所:札幌市中央区南5条西3丁目2 北専プラザ佐野ビル B1F
TEL:011-213-0099
営業時間:
日曜・祝日 15:00〜22:00(L.O.21:00)
火~木曜  17:00~24:00(L.O.23:00)
金・土曜  17:00~26:00(L.O.25:00)
定休日:月曜・その他月1回不定休
平均予算:3,500~4,500円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

6.中国料理 美麗華(びれいか) おすすめメニュー:十勝和牛入り 酸辣湯麺(サンラータンメン):一人前1,820円(税サ込)


広東をメインに中国四大料理を網羅したメニューが味わえる美麗華(びれいか)のおすすめメニューは「十勝和牛入り 酸辣湯麺」。


黒酢を使用し、さらに豆腐と溶き卵を加えることでツンとしないまろやかな酸味と辛味の複雑な味わいに仕上げている。

熱々のとろみのあるスープのため、最後まで楽しめるように伸びにくい麺を使用する心配りも嬉しい一品だ。


美麗華といえば点心師が一つ一つ心をこめて作り上げた本格小龍包が有名。

酸辣湯麺と併せて、この絶品点心もぜひ堪能してほしい。

中国料理 美麗華(びれいか)
住所:札幌市豊平区豊平4条1丁目1番1号 プレミアホテル-TSUBAKI-札幌 3F
TEL: 011-842-6651
営業時間:
ランチ  11:50~14:30(L.O.14:00)
ディナー 17:30~21:00(L.O.20:30)
平均予算:ランチ2,000円〜/ディナー6,500円〜

店舗情報はこちらでも紹介しています。

  1. 惜しみない手間から生まれる唯一無二の味わいが堪能できる「中国料…

    2021.10.21

  2. 南平岸エリアの人気ラーメン店「MEN-EIJI HIRAGISHI BASE」に行って…

    2021.10.12

  3. すすきので長く腕をふるう職人の寿司をいただける店「寿司 空海(く…

    2021.09.09

  4. 大通エリアのイタリアン「DUEGATTI(ドゥエガッティ)」に行ってみ…

    2021.08.27

  5. 熟練の店主による絶品の揚げたて天ぷらに舌鼓「天麩羅 やぎ」

    2021.05.21

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »