ar magazine Vol.32「ワイン特集」 掲載店舗

極上の料理をワインとともに。


世界最古の作品のひとつである「ギルガメシュ叙事詩(紀元前2000年ごろ)」にすでに登場しているワインは、極めて歴史の古いお酒であり、世界で最も多くの地域で飲まれているお酒のひとつ。

赤・白・ロゼ・スパークリングワインをはじめ、シェリーやサングリアなど、種類も味わい方も様々。そして、それらに合わせる料理のジャンルも多種多様。

今回のARマガジンでは、そんなワインと相性抜群の料理を提供するお店をご紹介!

イタリアン、フレンチ、鉄板焼き、蕎麦。定番やちょっと珍しい組み合わせの6店舗。ぜひ足を運んで、マリアージュを楽しんでみては。

1.確かな技術とオリジナリティが 融合したフレンチ「Millau(ミヨー)」

しっかりとした伝統の技法を根底に、独自のアイディアが盛り込まれているフレンチをカジュアルに楽しめる店。

おすすめメニューは「知床豚のグリル ブルーチーズソース(1,900円)」。

生クリームとチーズ、白ワインを使用した重すぎないソースとグリルした知床豚のジューシーさのバランスが絶妙な人気メニューだ。


知床豚のグリル ブルーチーズソース

Millau(ミヨー)
住所:札幌市中央区南5条西3丁目1 N・グランデビル B1F
TEL:011-206-6201
営業時間:18:00~翌0:30(L.O.0:00)
定休日:日曜
平均予算:5,000~6,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

2.上質なイタリアンと お酒を楽しめる店「バールトップ」

南イタリア料理を中心に、質の高いイタリアンとお酒を楽しめる店。

おすすめメニューは「タコの黒オリーブ煮(950円)」。

イタリアンで有名なトマト煮ではなくオリジナリティを求め、黒オリーブをチョイス。

試行錯誤を重ね出来上がった一品は、口の中でとろけるタコと下に敷いてあるマッシュポテトが相性抜群の、絶品の一皿となっている。


タコの黒オリーブ煮

バールトップ
住所:札幌市中央区南6条西4丁目1-11
TEL:011-531-6969
営業時間:平日/18:00~25:00(L.O.24:00)、金・土・祝前日/18:00~26:00(L.O.25:00)
定休日:日曜
平均予算:3,500~4,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

3.日本初の”文壇ビストロ”「ELSKA(エルスカ)」

フレンチを楽しみながら文学に触れられる「文壇ビストロ」。

おすすめメニューはかにがふんだんに使用されているふわふわとした優しい味わいのテリーヌを人参でくるんだ「かにと人参のテリーヌ(900円)」。

珍しい組み合わせに感じられるが味の相性が抜群で、見た目の彩りもきれいなエルスカならではの逸品だ。


かにと人参のテリーヌ

ELSKA(エルスカ)
住所:札幌市中央区南3条西6丁目3-1
TEL:011-312-0393
営業時間:ランチ/11:30~13:30(土・日のみ)、ディナー/18:00~翌1:00
※火曜は「漬物、お茶漬け、三鞭酒(シャンパン)」を提供する店として16:00~0:00営業
休日:火曜
平均予算:ランチ/1,200円、ディナー/3,000~4,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

4.絶品イタリアンと ワインが楽しめる人気店「ALTO(アルト)」

上質な料理と豊富なワインをリーズナブルにいただけるお店。

豊富なメニューの中、今回ご紹介するのは「ゴルゴンゾーラのクリームソースパスタ(1,180円/ハーフサイズ880円)」。

ゴルゴンゾーラと生クリーム、牛乳、パルミジャーノレッジャーノを使用した濃厚なソースが食欲をそそる人気メニューだ。

パスタは+100円で変更できる、ソースに最適な北海道産小麦『春よ恋』を使用した生パスタがオススメ。


ゴルゴンゾーラのクリームソースパスタ

ALTO(アルト)
住所:札幌市中央区南5条西5丁目 第2旭観光ビル 6F
TEL:011-206-9699
営業時間:18:00~3:00(L.O.2:00)
定休日:日曜
平均予算:2,500~3,500円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

5.鮮度・質にこだわった 「えぞ但馬牛」を味わおう「ステーキ&ワイン いしざき」

希少な和牛を味わえる人気の鉄板焼き屋。

メインに使用している牛肉は「えぞ但馬牛」。赤身に良質なサシが細かく入っており、柔らかく舌触りの良い食感と、まろやかながらしつこくなく食べやすいのが特徴だ。

ほかにも「富良野和牛」や「洞爺湖和牛」など、質が高く道内ではあまり出回っていない牛がいただける。


えぞ但馬牛

ステーキ&ワイン いしざき
住所:札幌市中央区南4条西3丁目 ニュー北星ビル 4F
TEL:011-222-0298
営業時間:月~土/17:00~23:30(L.O.23:00)、祝日/17:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日:日曜※年末年始/GW
平均予算:18,000~22,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

6.道産そば粉の蕎麦を、 ワインとともに。「蕎麦とわいん 関」

他にない蕎麦とワインをいただける人気店。

おすすめメニューは、「季節のお蕎麦食べ比べ2点盛り(900円)」。

白ごま、昆布、竹炭、赤ワインなど、関でしか味わえない季節の蕎麦と定番の蕎麦と食べ比べることで、それぞれの違いを味わえる。

つけていただくのはつゆもいいが、蕎麦の風味や味わいがより感じられる塩をぜひ試してほしい


季節のお蕎麦食べ比べ2点盛り

蕎麦とわいん 関
住所:札幌市中央区南4条西5丁目10 第四藤井ビル 5F
TEL: 011-252-761
営業時間:月~金/17:30~翌2:00、土曜/15:00~翌2:00、日曜・祝日/15:00~24:00
定休日:不定休
平均予算:4,000~4,500円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

  1. 惜しみない手間から生まれる唯一無二の味わいが堪能できる「中国料…

    2021.10.21

  2. 南平岸エリアの人気ラーメン店「MEN-EIJI HIRAGISHI BASE」に行って…

    2021.10.12

  3. すすきので長く腕をふるう職人の寿司をいただける店「寿司 空海(く…

    2021.09.09

  4. 大通エリアのイタリアン「DUEGATTI(ドゥエガッティ)」に行ってみ…

    2021.08.27

  5. 熟練の店主による絶品の揚げたて天ぷらに舌鼓「天麩羅 やぎ」

    2021.05.21

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »