ar magazine Vol.26「すし特集」 掲載店舗

札幌で、質の高い寿司を。


北海道の上質な海鮮をいただくなら?刺身、焼き魚、海鮮丼なども良いが、やっぱり寿司は外せない!

今回のARマガジンでは、札幌市内の老舗から新規店舗まで、厳選した7店舗の寿司店をご紹介。

お店ごとに違う新鮮なネタと寿司職人のこだわりのシャリを食べ比べ、お気に入りのお店を見つけよう。

1.大満足のコースが堪能できるすし処「すし処 対照」

本州の新鮮な魚介類も豊富に取り揃えている人気のすし処。

出身地の釧路などの北海道産を中心としつつ、福岡や築地からも毎日空輸で仕入れている。

質としての満足度はもちろんのこと、満腹になるほどお寿司やお刺身を食べて満足してもらいたいという思いが込められた、ボリューム満点のコースが人気。


質もボリュームも大満足のすし

すし処 対照
住所:札幌市中央区南5条西4丁目 ニュー美松ビル 1F
TEL:011-531-0655
営業時間:月曜~金曜/18:00~翌01:00、土曜/18:00~23:00
定休日:日曜・祝日
平均予算:8,000~10,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

2.すすきので長く腕をふるう 職人の寿司をいただける「寿司 空海 (くうかい)」

すすきので長年寿司を握り続け、多くの店を手掛けた大将の寿司が味わえる店。

ネタはどれも質にこだわっているが、特にまぐろに力を入れている。

食事としての寿司を提供するというコンセプトのもと、リーズナブルな価格で上質な料理を提供しており、様々なシーンに利用できる店として人気を博している。


リーズナブルな価格ですしを楽しめる。

寿司 空海 (くうかい)
住所:札幌市中央区南3条西5丁目 バカラパーキングビル 2F
TEL:011-231-2300
営業時間:平日・土曜/12:00~14:00・17:30~23:00、 祝日/17:30~23:00
定休日:日曜
平均予算:ランチ/1,000~2,000円、ディナー/6,000~8,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

3.2018年9月オープン! 人気店で腕を磨いた店主の寿司屋「すし たけ田」

札幌の老舗人気寿司屋で長年腕を磨いた店主の新規店。

豊富な食材を刺身、寿司、つまみと豊富なメニューに変え提供している。

客との会話を楽しみながら、寿司メイン、つまみメインなどひとりひとりのニーズに応え、臨機応変に料理を作り出していく

日本酒は5~6種ほどあり、出身の山形の銘柄を多く取り揃えている。


山形出身の店主が腕をふるう。

すし たけ田
住所:札幌市中央区南6条西3丁目 第2桂和ビル 3F
TEL:011-252-7078
営業時間:18:00~翌0:00
休日:日曜(日曜が祝日の場合は営業、翌月曜定休)
平均予算:8,000~10,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

4.技術が活きた寿司が 上質な酒とともに堪能できる店「すし家 みや津」

熟練の技が光る寿司と選び抜かれた日本酒がいただける店。

ネタごとに熟成や油、臭みを抜く処理をし、魚の特性や味に合わせて前処理をすることで、良さを最大限に引き出している。

日本酒は開けたらすぐ飲みきれるように7~8種ほどを提供しており、種類が少ないからこそ、良いモノのみを仕入れるようにしているとのこと。


ネタごとにていねいに前処理された絶品のすし

すし家 みや津
住所:札幌市中央区南5条西4丁目 菊良ビル 5F
TEL:011-215-1796
営業時間:18:00~23:00
定休日:日曜
平均予算:10,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

5.上質なネタをリーズナブルな値段で「寿し処 翔」

30年以上の経歴を持つ店主が営む寿司屋。

毎朝自ら市場に足を運び質の良い食材を仕入れている。

シャリは3種の米を独自に編み出した比率でブレンド

値段はお手頃な80円から、500~600円まで幅広い。

一品料理も豊富で、刺身や一品料理をつまみに酒をいただき、〆として寿司を数貫食べるという常連客が多い。


シャリは3種の米を独自に編み出した比率でブレンド。

寿し処 翔
住所:札幌市中央区南2条西12丁目 パシフィック三和1F
TEL:011-233-5633
営業時間:ランチ/11:40~売り切れまで、ディナー/17:00~22:00
定休日:日曜(月曜が祝日の場合は日曜営業、月曜休み)
平均予算:5,000~6,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

6.札幌駅エリアの人気寿司店!「寿し心 なかむら」

30年近く続く熟練の味と地下と繋がっているという利便性が受け、盛況を博している。

ネタは毎朝市場で品質を見て仕入れており、新鮮で上質なもののみを使用している。

新鮮なネタと上質なシャリを活かす握りのほか、サクラマスを酢で〆るなど、一手間加えた寿司もいただける。


毎朝市場で品質を見て仕入れた上質なネタ。

寿し心 なかむら
住所:札幌市中央区北2条西3丁目 敷島ビル B1F
TEL: 011-219-1221
営業時間:月曜~金曜/11:30~14:00・17:30~22:30、土曜・祝日/11:30~14:00・17:30~22:00、日曜/17:30~22:00
定休日:不定休(年末年始)
平均予算:ランチ/880~1,920円、ディナー/10,000円~

店舗情報はこちらでも紹介しています。

7.上質な寿司を独自の手法でいただける店「鮨 西光」

北海道を中心に全国の食材を使用しており、ネタは常におおよそ30種ほど。

シャリは2つ銘柄をブレンドし、赤酢と米酢をブレンドした独自の酢を使い、絶妙な味と食感の酢飯に仕上げている。

ウニなどの崩れやすいネタや、今すぐに食べて欲しいネタは店主が客の掌に直接乗せて提供している「手渡し」スタイルに感動する客も多い。


赤酢と米酢をブレンドした独自の酢を使用したシャリにも注目。

鮨 西光
住所:札幌市中央区南5条西3丁目 N・グランデビル B1F
TEL: 011-511-1544
営業時間:18:00~23:00(ネタがなくなり次第終了)
定休日:日曜・祝日
平均予算:15,000円

店舗情報はこちらでも紹介しています。

Translate »