カリーハウス コロンボ

愛され続けて39年!創業当時からの味を提供し続けている老舗カレー店

「カレーハウス コロンボ」は1973年から現在まで変わらず人気を博しているサツエキ近くのカレー店だ。現在は母親である先代から店を引き継いだ藤井亜生子氏が店を営んでいる。店名の由来はスリランカの都市であるコロンボのように、ひとが集まるような店にしたいという思いから。そのため、店内にはスリランカを思わせる像の置物やグッズが並べられている。

食材へのこだわりも確かなもの。玉ねぎは新篠津村の佐藤農園が作っている有機栽培の品を直接仕入れ、米は減農薬の道産米を使い、卵は新生ユートピア牧場の「平飼い」で育てた鶏の自然卵を使用している。

カレーのルーは創業当時から39年間変わらない味を貫いている。玉ねぎをじっくりと炒め、ルーを作り、一日寝かす。二日かけて完成するルーは、ゆるめでさらさらとしている。辛さは中辛程度で、どこか家庭の味を思わせる味わいが特徴だ。

人気のメニューは日替わりカレーとカツカレー。日替わりメニューの詳細は、毎週月曜日に公式ホームページとメールマガジンで紹介している。毎週違うものを提供しているが、水曜日はハンバーグカレーと決まっている。土地柄サラリーマンの客が多く、長年通い詰めてくれている彼らのリクエストだ。

カツカレーのカツはルーをライスにかけた後に乗せているため、サクサクとした衣の触感を最後まで楽しめる。大き目のカツだが、カラッと揚げられているので胃もたれすることなくいただける。

ライスは通常サイズで350gとボリューミーだ。ルーが足りなくなったら足してくれるサービスがあり、100円プラスでライスが550g、200円で900g、300円でライスが食べ放題になる。リーズナブルでコストパフォーマンスが高いところが、働き盛りのサラリーマンに人気の秘訣なのだろう。

通常サイズをペロリと平らげる兵の女性客も少なくないが、自信がない方は-30円で250gにサイズダウンできるので、安心して愛され続けているカレーを味わえる。
〆に全品についているアイスクリームを食べ終えたら、大満足の食事に自然と笑顔になることだろう。それは、コロンボのカレーに既に魅了されている証拠。
今日の日替わりメニューをチェックしてコロンボに集まれば、長年愛されている理由が感じられることだろう。

マップ

主なメニュー

フード

たまごカレー 600円
やさいカレー 780円
フルーツカレー 700円
ポークカレー 800円
チキンカレー 800円
エビカレー 830円
ビーフカレー 800円
カツカレー 850円
スタミナカツカレー 950円
日替わりカレー 880円
ミックスカレー※たまご&やさい入り
チキンミックス:950円
ポークミックス:950円
ビーフミックス:950円
エビミックス:980円
カツミックス:1,000円
950~1,000円
トッピングたまご:60円
チーズ:80円
やさい:120円
※たまごカレーにやさいトッピング不可
ライス※通常サイズ350g
Aライス(小ライス250g):-30円
ビッグ(550g):+100円
スーパー(900g):+250円
ジャンボ(おかわり自由):+300円
-30円~+300円
全品テイクアウトOK※スーパー、ジャンボ除く
※アイスなし
店名 カリーハウス コロンボ
住所 札幌市中央区北4条西4丁目 札幌国際ビルB1F
電話番号 011-221-2028
営業時間  平日/11:00~20:30
土日祝/11:00~19:00
定休日 無休
平均予算 700~900円
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、お会計より100円引きいたします。
カリーハウス コロンボ
QRコード

関連記事

  1. バラエティに富んだルウカレーがいただける店「黒岩咖哩飯店」

  2. 未来カレー こりす

  3. 最高級の鉄板焼を、札幌の景観とともに。「鉄板焼 やまなみ」

  4. 本格北インドカレー「未来カレー こりす」のテイクアウトを食べてみた

  5. 山猫バル Restaurant & Bar

  6. 炉ばた焼き 浜っ子

  7. 平成元年から続く老舗のカフェで、絶品カレーを。「カフェ エッシャー」

  8. THE RED BAR

  9. 札幌駅エリアの人気寿司店! 「寿し心 なかむら」

Translate »