日本酒好きにも野球好きにも楽しいお店「酒と餃子の店 晩と」

進化した餃子が人気

2019年8月にオープンした「酒と餃子の店 晩と」は、人気店「446(ヨンヨンロク)」で腕を磨いた店主が手掛ける日本酒の店だ。

人気料理は446の時代から進化した餃子。厚めの皮は道産小麦100%。小さめのポーションにすることで、日本酒のおつまみとして食べやすい一品となっている。もちもちの皮に包まれている餡は次々と新しいものを提供しているが、その種類はバラエティに富んでいる。海老などのスタンダードなものから、鮭と紫蘇といった珍しいものまで、足を運ぶたびに違う味を楽しめるのも「晩と」の餃子の特徴だ。

野球のテイストがちりばめられた店内で、こだわりの日本酒を楽しんで

餃子以外のつまみは、「千本ノックポテト」「野球肘 梅水晶」「フルカウントうずら(7個)」など、野球好きがクスリとするようなテイストが込められているものが並び、野球チームを組むほど野球好きな店主の遊び心が垣間見えるメニューとなっている。

店主のこだわりは、店内にも表れている。奥の壁には某野球チームのマスコットキャラクターが描かれていたり、その隣の壁にはスコアボードが描かれていたり。つい写真を撮ってしまうSNS映え抜群の内装を目当てに訪れる野球好きもいるのだとか。

そんな店内でいただく日本酒は常時20~30種取り揃えている。中でもイチオシは樽詰めスパークリング「天青」。蔵から直接仕入れており、提供している店は全国でも数店舗しかいないという希少な酒だ。酵母の発酵で作られているシュワシュワとしたのどごしと少し甘めの味わいが飲みやすく、日本酒初心者のひとにもオススメだ。
また、日本酒好き向けの銘柄や燗酒も豊富で、若い世代やベテラン関係なく日本酒を楽しめる。

日本酒初心者から玄人、さらには野球好きまで楽しめる「酒と餃子の店 晩と」。餃子やつまみと日本酒を味わいながら、楽しい晩を過ごしてほしい。

360°パノラマビュー

マップ

主なメニュー

フード

餃子(水/焼) 5ヶ 600円
千本ノックポテト(フライドポテト) 350円
野球肘 梅水晶 350円
赤ヘル軍団 赤ウインナー 400円
守護神!!ラーソーメン 600円

ドリンク

樽詰めスパークリング純米 天青~さざなみ~ 800円
瓶ビール サッポロラガー 700円
日本酒(120ml) 650円~
焼酎(芋/麦/米) 各種650円~
ハイボール/レモンサワー/ライムサワー/緑茶ハイ/ウーロンハイ 各500円
果実酒 600円~
ソフトドリンク 各種300円
店名 酒と餃子の店 晩と
住所 札幌市中央区南4条西4丁目13-2 第5グリーンビル 5F
電話番号 011-596-9894
営業時間 20:00~翌4:00
定休日 不定休
平均予算 2,500円前後

関連記事

  1. WINE厨房 月光

  2. スープカレー GARAKU

  3. 「ぎょうざ 北大陸 すすきのはづれ」に行ってみた。

  4. 絶品のカルネ料理とスペイン料理がいただける店 「Bar espana carne(バル エスパーニャ カルネ)」

  5. すすきので長く腕をふるう職人の寿司をいただける店「寿司 空海(くうかい)」

  6. ジンギスカンへの並々ならぬこだわりを持つ、牧場直営ジンギスカン店 「ジンギスカン 羊飼いの店 『いただきます。』」

  7. 2020年4月1日オープン!鈴木徳太郎商店の系列店「中華や徳福」さんのテイクアウトを食べてみた

  8. 地下鉄直結の通いやすい立ち飲み屋「ちょっとばぁ」

  9. 北海道の各地を旅行しているような気分で食事が出来るハンバーグ店 「Hamburg Steak North Continent -MACHI NO NAKA- (ノースコンチネント)」

Translate »