未来カレー こりす

オシャレな店内でいただく本格北インドカレー!「未来カレーこりす」

未来カレーこりす」という店名の由来は、スパイスのコリアンダーがギリシャ語で「こりす」という意味であり、オーナーの斉藤さんがもともと動物の名前をつけたいと思っていたことから。

木がメインのインテリアは、北欧風をイメージして内装されている。斉藤さんが直接選んで仕入れた木のぬくもりが伝わるテーブルや椅子、デンマーク製のインテリア雑貨。まるでカフェにいるかのように思わせる爽やかな店だ。
導線を広く確保し、車椅子やベビーカーも余裕をもって通れるようにしているほか、トイレも大きめに作るなど、誰もがゆったりとくつろげるような店づくりをしている。

そんなオシャレな店でいただくのは、じっくり煮込んだ「北インドカレー」だ。京極産の無農薬たまねぎをはじめ、斉藤氏があらゆる種類を試し、いちばんカレーを作るのに最適だと思った食材だけを使っている。
一日半かけて作るカレーは、一口食べれば溶け込んでいる野菜の甘みが感じられ、次いで辛味が訪れる。油を使わず野菜の水分だけで作られたカレーは、さっぱりとした味わいに仕上がっており、最後までペロリと平らげることが出来る。
一番人気のメニューはバターチキンカレーで、こってりとした味わいが楽しめる。こちらは名前にバターと冠してあるので油分は入っているが、必要最低限の量に留めて作っている。
カレーの付け合せとしてライスとパンを選べるが、人気なのはパンだ。カレーと言えば「ナン」が一般的だが、「こりす」ではフランスパンを提供している。自家製のそれはバターや卵を使わずに作られており、モチモチの触感が楽しい一品だ。ボリューミーではあるがカレー同様さっぱりとしているので、苦も無く食べ切ることが出来る。

また、夜は居酒屋のように使用することが出来るのが「こりす」の特徴だ。
人気のタンドリー手羽やアルゴビの春巻きなど珍しいメニューが多く、ドリンクも充実している。コースプランもあるので、複数人で利用して、こりすの雰囲気を楽しむのもいいだろう。

食事を楽しんだ後も長居してしまいたくなるような店、「未来カレーこりす」。
6月からの夏限定「カシミールカレー」など、期間限定メニューを提供したり、グランドメニューも少しずつ変えたりするなど、訪れる人々に喜んでもらえるよう日々取り組んでいる。
落ち着ける空間と確かな味のメニューを知れば、何度も通い詰めてしまうことだろう。

マップ

主なメニュー

フード

※税込価格
チキンカレー 750円
バターチキンカレー 880円
ラムカレー 850円
ラム&ほうれん草カレー 950円
ベジタブルカレー 750円
ランチセットお好きなカレー+ライスorパンを無料サービス(月~金)
+200円でミニサラダとドリンクのセット付き(ドリンクのみは+100円)
土日祝のランチ営業(完全禁煙):全てのフードメニュー50円引き、ドリンク100円引き
グリーンサラダミニ:350円/ミニミニ:200円 550円
ビーフキーマ春巻き(チーズ入り) 380円
タンドリー手羽(10本)5本:680円 880円
焼きりんご with アイスクリーム 380円

コース

Party Plan Aコース(飲み放題付き)フライドポテト/スパイシー手羽/春巻/スパイシーシーフードサラダ/トルシー・チキンと豆のチリ煮/カレー/パン/焼きそば※ノンアルコール飲み放題の場合3,000円 3,500円
Party Plan Bコース(飲み放題付き)冷菜/スパイシー手羽/春巻/カシミール麻婆茄子/カレー/パン※ノンアルコール飲み放題の場合2,500円 3,000円

ドリンク

ソフトドリンクチャイ(ホット・アイス)/ラッシー/オレンジジュース など 各350円
生ビール 550円
コーヒー焼酎 550円
ハイボール 480円
カクテル 各580円
サワー 各480円
日本酒(一合) 380円
店名 未来カレー こりす
住所 札幌市中央区南3条西6丁目 ARK36ビル1F
電話番号 011-252-3333
営業時間 11:30~15:30(L.O.14:45)
17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 火曜
平均予算 昼:1,000円 夜:1,000~2,000円

関連記事

  1. 細やかなこだわりが光る上質な寿司が堪能できる店 「だん欒(だんらん)」

  2. 北海道の食材を使用した料理と、厳選された酒が楽しめる店「和食や 円(まどか)」

  3. kitchen Opela

  4. 上質なイタリアンとお酒を楽しめる店「バールトップ」

  5. 落ち着いた店内でラクレットとシチューをいただける店「シチューとラクレットの店 cocotte(ココット)」

  6. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REPOS(ルポ)」のテイクアウトを食べてみた

  7. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブション)」

  8. ジンギスカンへの並々ならぬこだわりを持つ、牧場直営ジンギスカン店 「ジンギスカン 羊飼いの店 『いただきます。』」

  9. 厚岸出身の店主が営む、厚岸の新鮮な食材が堪能できる店。「カキ料理 貝鮮炭焼 大厚岸」

Translate »