皮からすべて手作りの餃子が人気!異国情緒あふれる大衆酒場「なかよし餃子 エリザベス」

こだわりの餃子がいただける

「なかよし餃子 エリザベス」は、異国情緒あふれる店内で餃子や多国籍料理が楽しめる店だ。黒と白がメインのシックなイタリアンだった店内を、赤を基調とした内装にガラリと変え、大衆居酒屋としてオープン。楽しい雰囲気とこだわりが光る料理を楽しめる店として、連日にぎわいを見せている。

メインに据えているのは、手作りの皮と、手切りのひき肉が入っているジューシーな餡で作られている自家製餃子。2種類あり、「豚と生姜の焼餃子(6個680円)」は豚肉が中心の餡にレンコン、ガリを入れ触感が楽しめる一品。「羊とクミンの焼き餃子(6個780円)」は抹茶粉末を練りこんだ皮とクミンが入っている餡が特徴だ。どちらも3種ずつおすすめのタレがあり、特に「羊とクミンの焼き餃子」に合わせるソースは珍しいものだが、カレーの風味を生み出しているクミンとの相性が抜群の組み合わせとなっている。また、「豚と生姜の焼餃子」を茹でた「豚と生姜の水餃子(4個450円)」もあり、焼餃子とはまた違った味わいを楽しめる。

他にもスタッフが食べたいものを提供しようという思いから、「マグロの酒盗(380円)」「チャンジャとクリームチーズ(480円)」「タイ風冷やしトマト(580円)」「魯肉飯(ルーローハン:680円)」といった、大衆酒場ならではのものからエスニック調のものまで豊富に取り揃えている。

定番から珍しい一品まで楽しめる店

飲み物はビールなどの定番もいいが、「ビリビリ山椒サワー(530円)」や「ガリチュウサワー(580円)」、ワンカップの日本酒(580円~)もおすすめ。山椒サワーは山椒をそのまま使用した自家製サワーで、ピリピリとした感覚がクセになるひとが続出しているのだとか。ガリチュウサワーはガリがそのまま入っており、こちらも独特な味わいがクセになるドリンクだ。ワンカップの日本酒は全国各地の銘柄を取り揃えており、見た目の可愛さが店内のインテリアにもなっている。

他店にはない雰囲気・ラインナップが人気を呼んでいる「なかよし餃子 エリザベス」。独自の世界観を体感しに、ぜひ足を運んでほしい。

360°パノラマビュー


マップ

主なメニュー

フード

豚と生姜の焼餃子 6個680円
羊とクミンの焼き餃子 6個780円
豚と生姜の水餃子 4個480円
8個880円
マグロの酒盗 380円
チャンジャとクリームチーズ 480円
タイ風冷やしトマト 380円
さるやのアドボ 880円
ラムのたたき 山わさび 880円
タコザンギII世 580円
魯肉飯(ルーローハン)台湾の代表的なかけご飯 680円
テイクアウトメニュー豚と生姜の焼餃子12個入り:1,280円+容器代50円
羊とクミンの焼餃子12個入り:1,480円+容器代50円
豚と羊の合盛り12個入り:1,460円+容器代50円

ドリンク

サッポロクラシック 480円
レモンサワー 480円
角ハイボール 450円
ビリビリ山椒サワー 530円
ガリチュウサワー 580円
辛口ジンジャー割焼酎 450円
全国のワンカップ各種 580円~
店名 なかよし餃子 エリザベス
住所 札幌市中央区南4条西1丁目15-2 栗林ビル 2F
電話番号 011-522-5340
営業時間 17:00~24:00(L.O フード23:15 ドリンク23:30)
定休日 日曜
平均予算 2,000~3,000円

関連記事

  1. 優しい味わいの自然派中華をワインとともに味わえる店「中国料理 月下翁(GEKKAOH)」

  2. 何度も足を運びたくなる大衆酒場「大衆餃子酒場Choi」

  3. 心地良いサービスと上質な寿司で満足度抜群の人気寿司店 「棗(なつめ)本店」

  4. Soup Curry Suage+(すあげプラス)

  5. こだわりは秘伝のタレ!上質なラム肉のあっさりジンギスカン 「ヤマダモンゴル 狸小路店」

  6. 道産そば粉の蕎麦を、ワインとともに。「蕎麦とわいん 関」

  7. 絶品のカルネ料理とスペイン料理がいただける店 「Bar espana carne(バル エスパーニャ カルネ)」

  8. こだわりの串と一品料理が人気の「鳥秀(トリヒデ)」に行ってみた。

  9. ライヴも楽しめる寛ぎCAFE「musica hall cafe(ムジカ ホール カフェ)」

Translate »