平成元年から続く老舗のカフェで、絶品カレーを。「カフェ エッシャー」

サツエキエリアにある老舗の喫茶店「カフェ エッシャー」。

店名の由来は、エッシャーのだまし絵から。地下にある店へと続く道が、有名な階段のだまし絵を彷彿とさせる。

扉を開き、50~60年代のジャズやボサノバが流れている店内に足を踏み入れると、ピンクの公衆電話があるなど、どこか懐かしい雰囲気が感じられる。ふわりと香るのは、喫茶店なのにコーヒーではなく食欲を刺激するカレーの匂いだ。

コーヒー専門店で修業を積んだオーナーが独立し、「カフェ エッシャー」をオープンさせたのは、今から23年前のことだ。24年目となる現在も人気が衰えないのは、メニューに取り入れたカレーが好評だからだ。
当初カフェとして美味しいコーヒーを飲める店を目指していたが、土地柄しっかりとしたランチが必要だと考えて出したカレーの評判が高まり、気が付くと「いつものカレー屋さん」と言われるようになっていた。

もともと好きだったカレーを作るにあたり、札幌や東京の店を食べ歩き、独学で現在の味を作り上げた。20kgのたまねぎを5時間かけて炒めると、水を入れずともスープのように水分が出てくる。その甘みと旨みが存分に引き出されたたまねぎがルーをのベースだ。

完成したルーは、三分の一が出た時点で売り切れとし、次回の仕込みに使う。つぎ足しつぎ足しの要領で作られている「カフェ エッシャー」のカレーは、老舗の味が脈々と受け継がれている。

さらさらとしたほどよい中辛で、じゃがいもやにんじんなどの具がゴロリと丸ごと入っている。最近ではスープカレーなどでよく見られるようになったが、開店当時は珍しく、よく言及されたとのこと。大き目の具はスプーンで容易に切れるほどに柔らかく食べやすい。

人気のメニューは「なすとひき肉のカレー」。定番の組み合わせだが、野菜が存在感を持った大きさなので意外にも食べごたえのある一品だ。福神漬けと共に出される野沢菜との相性もバッチリだ。

表の顔はカフェであるため、コーヒーにもこだわりがあり、オリジナルの調合と焙煎によって淹れられている。その香りと味によって、案外コーヒーとカレーが合うのだということに気付かされる。

レトロな雰囲気と共に、コーヒーとカレーを味わおう。

マップ

主なメニュー

フード

【数量限定おすすめメニュー】
ホタテとブロッコリーのカリー 780円
ハーブソーセージとオニオンリングのカリー 780円
大えびフライとエリンギのカリー 850円
【カリーセット】
やさいカリーセット 730円
チキンカリーセット 780円
なすとひき肉のカリーセット 780円
豚の角煮カリーセット 880円
※サラダとお飲物つき(ブレンド・アイスコーヒー・アイスクリームの中からひとつ選択)
【パン】
トーストセット 630円
サンドウィッチセット 650円
※サラダとお飲物つき(ブレンド・アイスコーヒー・ミルクの中からひとつ選択)

ドリンク

【HOT】
ブレンド 350円
アメリカン 350円
カフェ・オ・レ 400円
レモンティー 400円
ミルク 400円
ウィンナー 450円
ミルクティー 450円
ココア 450円
【COOL】
アイスコーヒー 400円
アイス・オ・レ 450円
アイスティー 450円
アイスミルクティー 450円
生ジュース(バナナ) 480円
生ジュース(レモン) 480円
生ジュース(イチゴ) 480円
店名 カフェ エッシャー
住所 札幌市中央区北2条西3丁目1-26 札幌第一ビル B1F
電話番号 011-231-4430
営業時間 11:30~15:30(L.O.15:00)
定休日 土曜・日曜・祝日
平均予算 780円

関連記事

  1. ルーカレーはここで決まり!「キッチン シュシュ」

  2. 炉ばた焼き 浜っ子

  3. 燻りチャーシューカレー専門店「カレー道場 黒帯」

  4. cafe La BASTILLE(カフェ・ラ・バスティーユ)

  5. kitchen Opela

  6. バラエティに富んだルウカレーがいただける店「黒岩咖哩飯店」

  7. 焼肉レストラン プライム

  8. 8Ricefield Cafe

  9. 最高級の鉄板焼を、札幌の景観とともに。「鉄板焼 やまなみ」

Translate »