札幌でいただく、こだわり四川料理「中国料理 芙蓉城(ふようじょう)」

ホテルで四川料理をいただく。

日本における中華料理は、北京、上海、広東、四川という、四つの地域で発展した「四大中華」に分けられていることが多い。ホテルの中華でもいずれかの種類に特化しているところが多いが、四川料理といえばプリンスホテルの「中国料理 芙蓉城(ふようじょう)」だ。
四川料理は唐辛子や山椒などの香辛料を使用したピリッとくる料理が多く、麻婆豆腐や酸辣湯麺(サンラータンメン)などが有名だが、芙蓉城では本場の味を取り入れつつ、佐藤調理長が選んだ質の高い食材を使用したこだわりの四川料理がいただける。

日常使いにも、とっておきの日にも。

ランチで人気なのが、山椒独特のシビレが癖になる「四川麻婆湯麵(タンメン)」。ディナーのおすすめは、本場の味を参考にした「辣子鶏(鶏の唐辛子炒め)」だ。どちらもピリ辛だが、辛味には細やかなこだわりが込められている。山椒の油やラー油、数種の豆板醤を使用し、日本人の舌に合わせ、じわりと汗をかきながらいただくほどよい辛味の一品となっている。

ホテル宿泊客の利用もあるが、札幌在住のひとが訪れることが多い。ランチタイムには近くにオフィスがあるサラリーマンが、ディナータイムには常連客が。何度も足を運んでくれるお客さんを飽きさせないために、豊富なメニューを提供している。
単品メニューも人気だが、お席に座ったままでオーダーできる食べ放題メニューや、ディナーコースの利用も多い。個室でゆったりとお子さまの100日のお祝いと中国料理コースをいただけるお食い初めプランの予約も可能。

幅広い客層に合わせた料理、サービスを提供する「中国料理 芙蓉城」。様々なシーンにぜひ利用してほしい。

マップ

主なメニュー

フード

ランチ
四川麻婆湯麵(タンメン) 1,200円
酢豚または黒酢の酢豚(2名さま盛り) 1,750円
平日ラーメンセットラーメン+チャーハン(ハーフサイズ) 1,300円
座ったままで中国料理食べ放題小学生:1,300円/幼児(4才~未就学):700円
二名~(90分間食べ放題)
2,500円
ディナー
海老のチリソース煮(2名さま盛り) 1,750円
酸辣湯麺(サンラータンメン) 1,400円
成都コース全8品の中国料理ディナーコース
※2名~
4,000円
座ったままで中国料理食べ放題小学生:2,500円/幼児(4才~未就学) :1,300円
※2名~(2時間まで)/1日20名限定(受付:7:00P.M.まで)
※1回のオーダーにつき5品まで(グループ全員での注文)
5,000円

ドリンク

甕出し(かめだし)紹興酒(17°) 1合/180ml:1,230円
中国酒:桂花陳酒(15°)〔ケイファチンチュウ〕 1ショット:880円
上海ハイボール 620円
生ビール 830円
グラスワイン(赤・白) 720円
プーアール茶(1Pot) 620円
店名 中国料理 芙蓉城(ふようじょう)
住所 札幌市中央区南2条西11丁目 札幌プリンスホテル 2F
電話番号 011-241-1251
営業時間 ランチ
11:30A.M.~2:30P.M.(L.O.2:00P.M.)
ディナー
5:30P.M.~9:30P.M.(L.O.9:00P.M.)
(レストラン予約係 9:00A.M.~8:00P.M.)
定休日 なし
平均予算 ランチ 1,000円~/ディナー 4,000円~

関連記事

  1. 燻製・発酵料理が楽しめる酒場「いぶしかもし酒場Choi」

  2. バラエティに富んだルウカレーがいただける店「黒岩咖哩飯店」

  3. 本格中華をバルスタイルで味わえる店「小皿中華のワインバル 悠龍(ユーロン)」

  4. 中華とお酒を気軽に楽しめる店「紅い扉の中華やお酒 皆慶(みなよし)」

  5. イタリアン・フレンチを取り入れた新感覚餃子を堪能できる店「餃子とワイン 果皮と餡(kawa to ann)」

  6. 札幌を代表するフレンチの名店「French Restaurant KAZAMA」

  7. さっぽろオータムフェスト2019「THE Autumn ー食のクリエイトステージー」に行ってみた。

  8. 落ち着ける店内で、中国料理×ワインを楽しめる店「中国料理&ワイン yinzu」

  9. 熟練の店主が握る寿司がいただける店「寿し処 翔」

Translate »