塩麹メニューと日本酒が楽しめる店 「味和久(みわく)」

塩麹を活用した料理がいただける

すすきのにある「味和久」は、北海道の食材を使った料理と珍しい種類の日本酒が楽しめる人気店だ。

料理は、道産の米と酢造会社の麹菌で作る「塩麹」を使ったメニューを多く取り揃えている。近年注目されている塩麹だが、味和久ではまだ知名度がない頃から料理に取り入れており、「旨塩」と冠しているメニューには塩麹が使われている。
塩麹は調理方法のひとつだと語る店主の澁谷氏。サバを締めるために使ったり、ポテトサラダなどを作ったりするときにも使用している。「ひと手間加えて素材を生かす」というこだわりのもと、応用をきかせ、バリエーション豊かにメニューに取り入れている。
人気メニューは、温泉水と塩麹で作った「とろける温泉豆腐」。無味無臭で体にいい成分が含まれている温泉水で湯豆腐を作り、塩麹で味をつける。とろとろの豆腐とあっさりとした塩麹の相性は抜群だ。

全国各地の日本酒が楽しめる

日本酒は、メジャーな蔵ではないが、信頼のあるものを取り揃えている。安くておいしい、見たことがない酒を選び、15~20種ほど提供している。
味わいをわかりやすく表した「地酒シート」があり、「すっきり」「ふっくら」「力強い」「華やか」に区別されているため選ぶのに便利だと好評だ。ただし、あくまで指標とのこと。地酒シート、お客様の好み、食べる料理と併せて種類を提案する。
一本のみの仕入れにこだわるのは、常連客を飽きさせないためと、今まで飲んだことがない好みの味に出会えればという澁谷氏の思いが反映されている。

また、「味和久」では、日本酒の会、収穫祭などのイベントを月に一度ほどの頻度で行っている。

日本酒の会は、蔵元を呼んで横一列になって飲む「飲み会」として開催している。堅苦しくなく、蔵元も一緒になって酒を飲んで楽しむ、というスタンスだ。

収穫祭は、ひとつの野菜にスポットを当てる。今年行われた「トマト収穫祭」では、30種類以上ものトマトを品種に合った調理法で提供した。トマト嫌いだったが、収穫祭に参加してトマト好きになった人もいたとか。

日本酒の会も収穫祭も、生産者の応援という意味合いと、苦手なものも食べられる、飲めるようになって、食の幅が広がることで、もっと食事が楽しくなれば、という思いが込められている。

「味和久」に行けば、今までにない新たな発見を得られることだろう。

マップ

主なメニュー

フード

とろける温泉豆腐 (1人前) 720円
味和久 かま天 500円
あぶらぼうずの西京焼き 800円
もち豚カルビ 旨塩焼き 720円
だし巻き玉子ハーフ 400円 620円
塩豚スープ麺 720円
梅とかつおの手延べ麺 700円

コース

とろける温泉豆腐コース(3~20名)前菜/お造り5点盛り/とろける温泉豆腐
酒粕ローストポーク/だるま芋のふわり揚げ/〆ラーメン
自家製甘酒プリン
4,200円
短角牛もつ鍋コース(3~20名)前菜/お造り5点盛り/短角牛もつ鍋
スモークサーモンとアボカド生春巻き/ちゃんぽん/自家製甘酒プリン
※お鍋具材グレードアップ 6,200円~
5,200円
ワクワク飲み放題コース前菜3点盛り/手羽先旨塩焼き /厚揚げふきのとう田楽
とろろ枝豆ふわり揚げ /かやく手まりごはん
※地酒20種飲み放題が追加料金不要
3,890円
飲み放題内容生ビール・焼酎2種(芋・麦)・サワー・ソフトドリンク・地酒1種
※+1,000円で飲み放題内容グレードアップ(地酒メニュー:1種→20種)

ドリンク

サッポロクラシック 樽生 520円
日本酒 グラス1杯 70ml 420円
2杯140ml(のみくらべ) 720円
3杯210ml(のみくらべ) 980円
日本酒 ぐいのみ1杯140ml(燗付け可) 720円
店名 味和久(みわく)
住所 札幌市中央区南3条西3丁目 都ビル 4F
電話番号 011-251-0380
営業時間 16:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 不定休(月2~4日程度)
平均予算 4,000~5,000円
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、お会計から10%OFFいたします。
他券併用不可
味和久(みわく)
QRコード

関連記事

  1. 減農薬米のシャリと、新鮮なネタが自慢!「匠鮨(たくみずし)」

  2. 中華とお酒を気軽に楽しめる店「紅い扉の中華やお酒 皆慶(みなよし)」

  3. これぞ本場の味!関西人が愛する絶品お好み焼き店「なんでやねん」

  4. 楽しく気軽に鉄板焼を楽しめる店「ステーキハウス ケルン アネックス」

  5. スープカレー GARAKU

  6. 独自の中華を、ワインとともに。「チャイニーズバル マルク」

  7. 串かつBAR 福

  8. レストラン ラーブル

  9. Millau(ミヨー)さんに行ってみた。

Translate »