25年続く老舗の串焼き屋「炭火串文化 あぶりや」

豊富な串・一品メニュー

炭火串文化 あぶりや」は、長い間ススキノで愛されている串焼き屋だ。焼鳥屋で務めた経験のある店主が、1993年に現在のビルに店を構え、今も変わらず串焼きを提供している。当時は高層にある串焼き屋というのが珍しく、オシャレな店として人気を呼んだ。
現在も当時の雰囲気をそのままに、古き良き昭和の店という側面が現代の若い世代に受けている。

料理は焼鳥を中心とした串焼きがメイン。炭火でしっかりと焼き上げた串を120円から提供しているが、この値段は創業時から変わっていない。

人気メニューは定番の「とり精肉」や、特性つくねとシャキシャキの生のピーマンを合わせていただく「つくねピーマン」など。「変わり串」としてダチョウや鹿、いのししなどの特殊な肉も扱っており、その中ではワニがよくオーダーされるという。
串以外のメニューも数多くあり、「牛タン皿盛り」や「厚切りベーコン」などが人気。ハムかつや赤ウインナーといった昭和の懐かしいメニューもそろっており、豊富なメニューが揃っている。

豊富な日本酒が人気

あぶりやの料理と並んで人気なのが、豊富な日本酒だ。ほとんどが8斥(せき)600円という低価格で飲めるうえに、銘柄は定番から珍しいものまで数多く取り揃えられており、酒好きにはたまらないラインナップとなっている。冷蔵庫に並ぶ銘柄を自ら選ぶか、店員に好みを伝えるとぴったりのものを用意してくれる。
以前はメニュー表を用意していたが、それを見てオーダーすると定番のものや有名な銘柄ばかりが選ばれてしまうため、ラベルを見て選んだり味の好みでチョイスしてもらうことで、今まで出会ったことのないものを味わえるようにと現在のスタイルにしたのだとか。

豪快できさくな店主との会話を楽しむ常連客も多く、店内はいつも活気にあふれている。「炭火串文化 あぶりや」。昭和からのやり方を貫く老舗の名店に、ぜひ一度足を運んでほしい。

マップ

主なメニュー

フード

串焼き(注文は2本から)
・とり精肉:120円
・手羽:200円
・豚精肉:150円
・しろ(豚ホルモン):150円
・つくね塩:180円
・牛サガリ:200円
・ねぎ:100円
・えぞ鹿:200円
・ワニ:250円
・つぶ:200円
100円~
ピーマン(生)つくねと一緒に 200円
牛タン皿盛り 780円
ダッチ厚切りベーコン 680円
もつ煮込み 480円

コース

宴会コース(2時間)飲み放題付き・串10本その他数種 3,500円

ドリンク

生ビール(サントリー ザ プレミアム・モルツ) 550円
角ハイボール 400円
日本酒 8斥(せき)600円~
その他焼酎・ワイン・カクテル・ソフトドリンク等各種取り揃え
店名 炭火串文化 あぶりや
住所 札幌市中央区南5条西3丁目 ニューブルーナイルビル 9F
電話番号 011-551-9489
営業時間 17:00~00:00(L.O.23:00)
定休日 日曜
(※日・月が連続して休日の場合は日曜営業、月曜定休
大型連休時:後半に連続休暇の場合有)
平均予算 3,500円前後
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、お会計より10%OFFいたします。
他券併用不可
炭火串文化 あぶりや
QRコード

関連記事

  1. 本格中華をバルスタイルで味わえる店「小皿中華のワインバル 悠龍(ユーロン)」のテイクアウトを食べてみた

  2. 札幌で一番の歴史を持つ炉ばた焼き店「炉ばた焼 ウタリ」

  3. 30年以上の歴史を誇る名店 「鳥焼車屋 札幌店」

  4. フレンチレストラン ボルドー

  5. ろばた大助 四条店

  6. 「日本酒ゴーアラウンド2019 in札幌」に行ってみた。

  7. うまいもん家 いちまる 卓家

  8. 燻りチャーシューカレー専門店「カレー道場 黒帯」

  9. こだわりは秘伝のタレ!上質なラム肉のあっさりジンギスカン 「ヤマダモンゴル 狸小路店」

  1. すすきので長く腕をふるう職人の寿司をいただける店「寿司 空海(く…

    2021.09.09

  2. 大通エリアのイタリアン「DUEGATTI(ドゥエガッティ)」に行ってみ…

    2021.08.27

  3. 熟練の店主による絶品の揚げたて天ぷらに舌鼓「天麩羅 やぎ」

    2021.05.21

  4. こだわりの料理を堪能できるお店「ビストロDining我が家」

    2021.05.10

  5. 珍しいお酒と絶品の焼き鳥を味わえる、居心地の良い焼鳥屋「一人焼…

    2021.02.16

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »