炭火鳥焼 蔵鵡 別邸

しっかりと手間をかけた料理は絶品!「炭火鳥焼 蔵鵡(きすむ)別邸」

「炭火鳥焼 蔵鵡 別邸」は、焼き鳥・おでんの名店として人気の「蔵鵡 本邸」の姉妹店だ。

「蔵鵡」は「美味しいものを食べたい」というニーズに応える店として知られ、安心と安全、良い物を求めに多くの客が訪れる。
新鮮な北海道の食材にこだわり、質が良いものを仕入れるため、部位によって仕入れ先を変えている。肉の他、野菜、魚介も8割以上が道産食材だ。
湯引き、隠し包丁など、見えないところに手間を惜しまない「当たり前」の仕事を徹底することで、美味しさを作り出している。

「蔵鵡」独自の打ち方の串は、素材の良さから塩でいただいても美味しいが、タレも試してもらいたい。使われているタレは秘伝のタレで、甘口、辛口の2種のタレを使っており、サラッとしているが2種類のたれを付け焼きしながら焼き上げることでコクが生まれる。
串の種類は40種ほどある。アイディアを出して期間限定で出してみた串で人気が出たものは、定番メニューにすることもあるのだとか。

おでんの出汁は関西風。毎日利尻昆布を5時間煮込み、塩で味を整える。長く煮込むことでしっかりと味が出て、シンプルな味付けが活きている。おでんは営業中に味が変わる繊細な料理なので、温度と味を常にチェックしながら、微調整しなければならない。濃さの違う3種のだしを作り、そのときの鍋の味の状態を判断しながら足している。こまやかな気遣いによって作られる長年継ぎ足しの黄金の出汁は、他店にはない「蔵鵡」の魅力だ。
人気の具は自家製のがんも。定番の他に、彩り鮮やかなブロッコリーなどの変わり種もいただける。

「別邸」では、串やおでん以外にも焼き魚、刺身など和食メニューも多く取り揃えている。宴会メニューが充実しており、鍋をメインとしたものが人気だ。

酒は、ビールの美味しさが評判だ。日々の管理の徹底と提供の仕方に秘密があるようだが、さらっとしたきめ細かい泡の冷たいビールが出来上がる。飲んでいくとグラスに「エンジェルリング(天使の輪)」が出来るほど。
その美味しさを味わってもらいたいとの思いから、ピッチャーでの提供は一切せず、一杯一杯注いでいる。

店内は程よい照明で照らされ、料亭のような高級感あるつくりになっている。カウンターがメインの本邸と違い個室が多く、宴会コースは接待での利用にも最適。2人部屋もあるため、カップルなどでも利用できる。

良い食材を生かすためにきちんと手間暇かけて作られている料理を、落ち着いた空間でいただける「炭火鳥焼 蔵鵡 別邸」。ぜひ一度、足を運んでみては。

マップ

主なメニュー

フード

ねぎま(中札内鶏) 220円
ささみ 200円
砂肝 170円
すきみ(鶏の首) 200円
つくね焼き(2本・卵黄付) 480円
地養豚風味焼き 300円
トントロ 250円
ミニトマトチーズ焼き 320円
十勝牛ヒレ串焼き 700円
滝川産 合鴨ロース 390円
おでん各種 180円~

コース

【別邸限定】本きんき鍋コース・前菜三点盛り
・お造り三点盛り
・焼物四種(つくね・ねぎま・手羽先・牛サガリ)
・本きんき鍋
・鮟肝ポン酢
・寒鰤と木の実のサラダ仕立て
・親子小丼
・デザート
※前日迄に要予約
※+1500円で飲み放題付
※お部屋のご利用は2時間とさせていただきます
※気候や仕入れ状況により産地や内容が変更になる場合があります
5,000円

ドリンク

ビール・キリン一番搾り(生) 580円
ウィスキー 450円~
焼酎 500円~
日本酒 600円~
ワイン・シャンパン(グラス) 450円
ワイン・シャンパン(ボトル) 3,800円~
果実酒 460円~
サワー・プレミア酎ハイ 460円~
カクテル 各種 460円
ソフトドリンク 各種 380円
店名 炭火鳥焼 蔵鵡 別邸
住所 札幌市中央区南3条西4丁目 7-1
電話番号 011-207-6226
営業時間 17:00~23:00
定休日 日曜
平均予算 4,000~5,000円
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、・ドリンク一杯サービス
(※金土8:30以降・限定メニュー内からお選びいただきます) or
・宴会コースから500円割引いたします。
※クーポンはどちらか一方を選択してください

他券併用不可
炭火鳥焼 蔵鵡 別邸
QRコード

関連記事

  1. 減農薬米のシャリと、新鮮なネタが自慢!「匠鮨(たくみずし)」

  2. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

  3. ろばた大助 四条店

  4. 大人が寛げる和食居酒屋「和ダイニング つくし」

  5. スープカレー GARAKU

  6. バー使いにも、食事処にも利用できる「446(ヨンヨンロク)」

  7. 食事も、カフェ使いも、パーティも!「 カレー&ごはんカフェ ouchi(オウチ)」

  8. 大人の雰囲気が漂う店内でいただく、本格江戸前寿司「すし六法」

  9. 本格中華をバルスタイルで味わえる店「小皿中華のワインバル 悠龍(ユーロン)」

Translate »