全国各地の食材を使った料理と珍しい日本酒が味わえるお店「六然(ろくぜん)」

質の高い食材を使用した、美味しい料理を味わおう。

「六然(ろくぜん)」は、厳選食材を使用した絶品料理と全国各地の珍しい日本酒が楽しめる知る人ぞ知る名店だ。

店主の松井さんは居酒屋などの飲食店に長く勤めていたが、40歳のときに「本格的な料理を学びたい!」と一念発起。温泉地の旅館やホテルなどに勤め、和食・板前のスキルをはじめあらゆる業務を行い様々な技術、知識を身に着けた。
さらに全国各地を食べ飲み歩き、各地の食材や調理法を学び、一番居心地が良いと感じた札幌で店を構えた。

おすすめは「本日の刺身盛り合わせ(1,600円)」、「河内鴨の紅茶煮(900円)」など。
刺身に使用している魚は五島列島から直接仕入れており、神経締め(活け締め)にして真空状態で送られてくる、新鮮で質が高いもの。さらにお店でも手を加えて熟成させており、魚の濃厚な旨味が感じられる一品となっている。
紅茶煮に使用している河内鴨は明治から続くこだわりの飼育を行っており、質が高い鴨肉として知られている。そんな鴨をアールグレイの茶葉から煮出した紅茶でじっくり煮た紅茶煮は札幌ではなかなか食べられないメニューなので、ぜひオーダーしてみてほしい。
そのほか、角煮・鯖味噌・牛スジ大根など低温調理と真空処理を活用することで味がじっくりとしみ込んだメニューや、全国のブランド銘柄を使用した肉料理など、お酒との相性が抜群の料理が並ぶ。半分以上のメニューは旬やそのとき仕入れる食材によって変わるため、訪れるたびに新しい味に出会えるのも「六然」に通いたくなる理由のひとつとなってる。

厳選日本酒を昼・夜好きな時間に堪能しよう。

日本酒は常時20種ほど取り揃えている。蔵元と直接やりとりをすることも多く、北海道内にはない銘柄も多く仕入れている。あまり知られていない珍しいものも提供しているため、店主チョイスの日本酒を飲みたいと通う常連客も多い。
日本酒以外だと焼酎の紅茶割が人気。鴨の紅茶煮で使用している本格的なアールグレイで割る焼酎は珍しく、緑茶割とはまた違う味わいを楽しめる。

夜に飲むのもいいが、昼の12時から営業しているため昼呑みもおすすめ。仕事帰りの夜やお休みの昼に、ぜひ「六然」で日本酒と本格的な料理を味わってみては。

主なメニュー

フード

本日の刺身盛り合わせ 1,600円
河内鴨の紅茶煮 900円
松風地どりのたたき 1,800円
数の子の海苔巻き天 800円
豚の角煮 800円
牛スジ大根 700円
サバの味噌煮 750円
麻薬玉子のポテトサラダ 750円
高級珍味バチ子(なまこの子の干物) 800円
六然のじゃこ飯 600円

ドリンク

赤星サッポロラガー 黒ラベル 中 750円
小 550円
日本酒  90cc 700円
180cc 1,300円
角ハイボール 650円
焼酎紅茶割 アールグレイ 500円
店舗情報
店名 六然(ろくぜん)
住所 札幌市中央区南4条西5丁目8-1 F-45ビル 4F
電話番号 011-208-5577
営業時間 火~金 12:00~22:00
土・日 12:00~22:00
定休日 月曜
平均予算 5,000円

関連記事

  1. French Panda(フレンチパンダ)

  2. 上質な寿司を独自の手法でいただける店 「鮨 西光」

  3. WORLD CHINESE KITCHEN LU:RAN(ルーラン)

  4. 見た目も美しい和食を味わえる店「古今山久(ここんやまひさ)」

  5. 札幌の老舗で腕を磨いた店主が焼く串が人気 「やきとり まる房ず」

  6. 「WINE&PIZZA HACHI」さんのPR動画の制作を行ってみた。

  7. 鮮魚・炭火 くま蔵

  8. 絶品のカルネ料理とスペイン料理がいただける店 「Bar espana carne(バル エスパーニャ カルネ)」

  9. 優しい味わいの自然派中華をワインとともに味わえる店「中国料理 月下翁(GEKKAOH)」

  1. 2022年1月OPEN!「立喰酒場Choi まるやま店」に行ってみた。

    2022.05.20

  2. 2022年3月OPEN!「焼き鳥とイタリアン Osteria arcobaleno(オステ…

    2022.05.11

  3. 季節を感じるイタリアンと厳選ビオワインが味わえる店「Osteria Lum…

    2022.05.02

  4. ビオワインと共にイタリアンを味わえるお店「Osteria Lumaca(オス…

    2022.04.21

  5. 全国各地の食材を使った料理と珍しい日本酒が味わえるお店「六然(…

    2022.04.13

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »