和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REPOS(ルポ)」

ホテルで腕を磨いた店主の上質なフレンチ

「Bistro酒場 REPOS(ルポ)」は、2015年3月10日にオープンしたフレンチ中心の店だ。
ホテルのレストランで10年以上腕をふるってきた店主が作り出す料理をワインと共に楽しめる。

店主の風間氏は有名ホテルでバーラウンジやフランス料理、鉄板焼きを長年担当。特に鉄板焼きは10年ほど担当したベテランだ。長年和の料理に携わって来たが、「好きなフレンチをやりたい」という思いのもとホテルを飛び出し、ススキノで経験を積みルポをオープンさせた。
料理はフレンチの中に和のテイストを組み込んだ、独創的なものが多く並んでいる。しば漬けを混ぜ込んだタルタルソースやニンニク醤油を使用したり、バルサミコに味噌を加えたオリジナルソースを用いたり、細やかなこだわりが光るメニューばかり。
こだわりはメニューのラインナップにも現れている。前菜、魚料理、肉料理などのジャンルごとに、同じような味のものは避けているのだとか。飲むものに合わせて選べるように、それぞれのメニューの味付けを考慮している。
人気のメニューは「パテ・ド・カンパーニュ」、「鶏レバームースとバケット」、「牛肉の赤ワイン煮込み 温野菜添え」など。リスト以外にも看板でその日のメニューが掲示されているほか、リクエストに応じてメニューにはない料理を作ってくれる嬉しいサービスや裏メニューもあるとのこと。イタリアン・スペイン料理も提供しているが、これからはフレンチを増やしていく予定だ。

安らぎの空間を提供

飲み物はワインがメイン。試飲会や仕入先の話を聞き、味と価格を考慮した銘柄を仕入れている。ホテル時代は飲み物に対して関わりが少なかったため、日々勉強し、探求しているとのこと。グラスは500円から赤白それぞれ5種、スパークリングやロゼ、貴腐ワインもいただける。ボトルは2,100円からとリーズナブル。現在厳選した銘柄を100本ほど取り揃えているが、今後増やしていく予定。その他、ビールやウィスキーなども扱っている。
店名の「ルポ」はフランス語で「安らぎ、休息」という意味。名前の通り安らぎを与えられるような店にしたいという思いから、この店名にしたのだとか。日々努力を惜しまず上質な料理、ワインと落ち着ける空間を提供している「Bistro酒場 REPOS(ルポ)」に、是非一度足を運んでみては。

マップ

主なメニュー

フード

パテ・ド・カンパーニュ 720円
鶏レバームースとバケット 620円
魚介とキノコのブルギニョン 750円
燻製砂肝のフリット フレンチマスタード添え 600円
牛肉の赤ワイン煮込み 温野菜添え 950円
※食材があればリクエストに応じて提供可能

ドリンク

ワインを中心に、ビール、ウィスキー等各種取り揃え
店舗情報
店名 Bistro酒場 REPOS(ルポ)
住所 札幌市中央区南4条西3丁目 第2グリーンビル 5F
電話番号 011-212-1826
営業時間 18:00~3:00(フードL.O.2:00 ドリンクL.O.2:30)
定休日 日曜・祝日の月曜
平均予算 3,000円(お通し350円)
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、ドリンクを一杯サービスいたします。
他券併用不可
Bistro酒場 REPOS(ルポ)
QRコード

関連記事

  1. 程よい距離感が心地良い創作居酒屋「より道どころ えぞまつ」

  2. アルキ&アリエ Cafe Belly Seven(ベリーセブン)

  3. 地下鉄直結の通いやすい立ち飲み屋「ちょっとばぁ」に行ってみた。

  4. 本格北インドカレー「未来カレー こりす」のテイクアウトを食べてみた

  5. 札幌で串×ワインを楽しむなら「BARSAMICO」へ!「YAKITORI&WINE BARSAMICO」

  6. 食事も、カフェ使いも、パーティも!「 カレー&ごはんカフェ ouchi(オウチ)」

  7. 絶品のカルネ料理とスペイン料理がいただける店 「Bar espana carne(バル エスパーニャ カルネ)」

  8. 鮮魚・炭火 くま蔵

  9. 減農薬米のシャリと、新鮮なネタが自慢!「匠鮨(たくみずし)」

Translate »