Bistro 清水亭

フレンチと和の融合!仕事帰りにフラリと立ち寄れる店

2012年の7月にオープンした「Bistro 清水亭」は、フレンチを中心に和食もいただける店。和食アレンジのフレンチもあり、オリジナリティあふれるメニューがいただける。

シェフの清水氏は、フランスのパリで働いた経験もあり、腕は確かなもの。フレンチ以外では和食店の経験もあり、その経験が活かしてフレンチと和食を融合させている。

気軽に立ち寄り、お酒を楽しめる店を目指しており、メニューの中心は酒を飲みながら食べるフレンチベースの「つまみ」。
「自分が思いついた料理を提供したい」という思いのもと、料理はすべて清水氏のアレンジが加わっており、フレンチと和食が合わさったものが目立つ。

食材は自ら市場に足を運んで仕入れたり、知り合いの魚屋から入手することで、新鮮な食材を手に入れている。
魚は北海道以外のものを使うようにしており、なかなか道内では手に入らない珍しいものを提供している。

その日に手に入った食材を元にメニューを考えるため、当日メニューが多くみられる。毎日黒板が書き換わっているので、何度来ても飽きないのが魅力だ。

酒は日本酒、焼酎、ワインを置いている。カクテルなどは提供しておらず、料理に合うものを基準に選んでいる。

カウンターには仕切りがなく、客との距離が近いのが特徴。それでも近付きすぎないちょうどいい距離感で接するのを心がけているのだとか。

魅力あふれる料理と、その料理でいただく酒と、絶妙な距離感で接してくれる清水氏との会話。一度体験すれば、気付くと足がまた「Bistro 清水亭」に向かうことだろう。

マップ

主なメニュー

フード

季節やその日の仕入れによって変わります

コース

おひとりさまセット
・プチ前菜2種+お好きなお酒2杯
1,480円

ドリンク

角ハイボール 500円
サッポロクラシック生 500円
グラスワイン 600円~
スパークリングワイン 600円
日本酒 500円
清水亭 芋焼酎 500円
あらごし梅酒 600円
店舗情報
店名 Bistro 清水亭
住所 札幌市中央区南3条西7丁目6 狸スクエア 1F
電話番号 011-233-5106
営業時間 17:00~23:00
定休日 日曜(連休時は最終日定休)/月2回月曜定休
平均予算 2,000円

関連記事

  1. 細やかなこだわりが光る上質な寿司が堪能できる店 「だん欒(だんらん)」に行ってみた。

  2. フレンチレストラン ボルドー

  3. 楽しく気軽に鉄板焼を楽しめる店「ステーキハウス ケルン アネックス」

  4. 本格中華をバルスタイルで味わえる店「小皿中華のワインバル 悠龍(ユーロン)」のテイクアウトを食べてみた

  5. 絶品イタリアンとワインが楽しめる人気店が移転オープン! 「ALTO(アルト)」

  6. フレンチを楽しみながら文学に触れられる”文壇ビストロ”「ELSKA(エルスカ)」に行ってみた(コース編)

  7. 通いたくなるススキノの名店「のろし」

  8. 本格中華をバルスタイルで味わえる店「小皿中華のワインバル 悠龍(ユーロン)」

  9. 北海道民の舌に合う、KURURI独自の博多料理を味わおう「野菜串巻き製作所 KURURI(くるり)」

Translate »