技術が活きた寿司が上質な酒とともに堪能できる店「すし家 みや津」に行ってみた。

この記事を書いたひと:めいちゃん
取材・ライティング担当。
2020年3月、北海道フードマイスター試験に合格!
フードマイスターとして北海道の食材の魅力を伝えていきたいと思います。

先日、「すし家 みや津」さんに行ってきました。
質の高いお寿司・一品料理と大将の軽快なトークが人気のお寿司屋さんです。

まずはお通し。


寒くなってきたので、とおでんが出てきました。
この牛すじのとろとろ具合と言ったら……!時間をかけてじっくり煮込んだとのことでした。専門店を開いても繁盛しそう。


茶碗蒸し。出汁が効いているふわふわの卵が最高です。熱々。

握りにいくかちょっとお刺身をつまむかを問われ、お刺身をいただくことにしました。


一切れ一切れが美しいし、おいしい。
日本酒が進みます。


ラベルがかわいいお酒。飲みやすくてすいすい進んでしまいます。


お酒にバッチリあうあん肝と、


焼き魚。
サワラです。こちら漢字では魚へんに春と書くので春の魚のような印象を受けますが、関東では冬が旬のお魚です。
ホクホクの身がたまらなく美味。


醤油をつけず、めかぶでいただくアジ。オシャレ!


これらをいただいている間に1つめを飲み切りましたので、日本酒を追加。
1つめも美味しかったのですが、こちらがより好みでした。

いよいよお寿司へ。


とろける……!トロトロだけどしつこくない脂が最高です。
※次にエビの握りをいただいたのですが、手渡しシステムで提供していただいたので撮影しそびれました。


粒がキラキラと輝いています。プチプチの弾力が今まで食べてきたいくらの中で断トツでした。


さらに日本酒。限定に弱い。生原酒なのでけっこうガツンときますが、強すぎることがなく飲みやすいお酒でした。


うに。こちらも手渡しでいただきましたが、海苔で巻いてあるので無事撮影できました。
絶品のうにもさることながら、海苔も大変美味しい。混飛(こんとび)海苔という、 青海苔が混ざっている海苔だそうです。


かに。上質なみずみずしい身でした。

見た目も楽しいイカ。


しっかりとした味付けでお酒と最高に合う筋子でフィニッシュです。


玉でシメかと思いきや、


シャインマスカットが出てきました。
初めて食べたのですが、とてもおいしくてモリモリ食べてしまいました。

なにもかもが美味しくて、ぜいたくな時間を過ごさせていただきました。

ごちそうさまでした!

店名 すし家 みや津
住所 札幌市中央区南5条西4丁目 菊良ビル 5F
電話番号 011-215-1796
営業時間 18:00~23:00
定休日 日曜
平均予算 10,000円

関連記事

  1. WINE厨房 月光

  2. 全国各地の日本酒とおでん・一品料理がいただける隠れ家「居酒屋 夕顔(ゆうがお)」

  3. イタリアワイン×北イタリア料理を楽しめる店「オステリア イルソリト(osteria iL SOLiTO)」

  4. 舞台「へその町から」を観に行ってみた。

  5. イタリアン居酒屋 osteria Crocchio(オステリア クロッキオ)

  6. Soup Curry Suage+(すあげプラス)

  7. 熟練の寿司職人が握る匠の味を堪能できる「匠鮨(たくみずし)」さんに行ってみた。

  8. 20年以上続く地元民御用達のタイ料理店 「屋台料理 CAMCAM(カムカム)」

  9. 2018年9月オープン!落ち着いたエリアで、ゆっくりと寿司やつまみを味わえる店「すし たけ田」

Translate »