2018年9月オープン!落ち着いたエリアで、ゆっくりと寿司やつまみを味わえる店「すし たけ田」

人気店で腕を磨いた店主の寿司屋

札幌の老舗店などに勤めた店主が、すすきのに店をオープン。「知る人ぞ知る店」を目指し、南6条西3丁目というメインストリートからやや外れた、すこし落ち着いた雰囲気のエリアに店を構えた。

ひとりひとりに寄り添った対応ができるよう、席数は抑えてカウンターが6席、テーブル席(4人がけ)が2つ。その場で臨機応変に動き、つまみ、刺身、一品料理や寿司など、豊富な食材を使い様々な料理を提供している。

言葉を交わし、編み出す料理

人気メニューは、店主手作りのつまみや、鍛え抜かれた業で作り出す寿司。つまみは味噌漬け、山わさび漬けなど、仕入れた食材に応じて様々な味に仕上げていく。決まったメニューは少ないことに加えてお酒に合うものが多く、いつも違うつまみを酒と共に楽しむために訪れる客も多い。
ネタは様々な魚介類を少しずつ手に入れられるすすきの市場で、質の良いものを厳選して仕入れている。合わせたシャリには合わせたシャリには赤酢と米酢をブレンド。札幌の老舗店で培った技術や知識を活かし、「すし たけ田」独自の寿司を編み出している。

つまみや寿司に合わせる日本酒は5~6種ほど。出身の山形の銘柄を多く取り揃えている。

客との会話を楽しみながら、寿司メイン、つまみメインなどひとりひとりのニーズに応え、臨機応変に料理を作り出していく「すし たけ田」。その魅力を体験しに、ぜひ足を運んでほしい。

マップ

主なメニュー

フード

リクエストに応じ提供おまかせは8,000~10,000円ほど
店名 すし たけ田
住所 札幌市中央区南6条西3丁目 第2桂和ビル 3F
電話番号 011-252-7078
営業時間 18:00~翌0:00
定休日 日曜 (日曜が祝日の場合は営業、翌月曜定休)
平均予算 8,000~10,000円

関連記事

  1. 炭火鳥焼 蔵鵡 別邸

  2. 日常使いに最適の鉄板焼き屋「酒肴とてっぱん フクロウ」

  3. 減農薬米のシャリと、新鮮なネタが自慢!「匠鮨(たくみずし)」

  4. 「ビストロ・サンミ (BISTRO SANMI)」に行ってみた。

  5. 厚岸出身の店主が営む、厚岸の新鮮な食材が堪能できる店。「カキ料理 貝鮮炭焼 大厚岸」

  6. お家でお店の料理を食べよう!テイクアウト情報~第2弾~

  7. 特別な空間で贅沢なひとときを堪能できる店「ステーキ&ワイン いしざき」

  8. 塩麹メニューと日本酒が楽しめる店 「味和久(みわく)」のテイクアウトを食べてみた

  9. 気軽に“町中華”とお酒を楽しめるお店「中華や徳福」

Translate »