本格北インドカレー「未来カレー こりす」のテイクアウトを食べてみた

ar magazineでは現在の日本の状況を受け、テイクアウト対応店舗のページを開設。
テイクアウトメニューをエリア・ジャンルごとに検索できます。

今回は、「未来カレー こりす」さんのメニューをテイクアウトし、実際に食べてみました!

未来カレー こりすさんへ

お電話でテイクアウト可能メニューを聞いたところ、LINEのアカウントで確認できるとのこと。
登録したらメニュー表の画像とともにテイクアウトのリクエスト方法をお送りいただけましたので、その形式に沿って予約をしました。

15時ごろに予約し、夕方引取りにお伺いしました。

いざ実食!

テイクアウトしたのは「バターチキンカレー」「ラムカレー」「自家製焼きたてパン」「very hot 焼きそば」。

まずはバターチキンカレー


辛さはNo.0~3の中で一番甘い0番。


こだわりの食材だけを使い、一日半かけて作るカレー。
油を使わず野菜の水分だけで作られているため、濃厚ながらさっぱりとした味わい。最後までペロリと食べられちゃいます。

こりすさんではいつもこのバターチキンカレーの0番を頼んでしまうほどお気に入りのメニューです。
(こちらのカレーはバターと冠してあるので油分は入っていますが、必要最低限の量に留めているそうです。)

スパイシーでありながらまろやかさがあり、大変美味しかったです。辛いのが苦手な方でも大丈夫かと。

次はラムカレー

辛さは2番にしてみました。

バターチキンカレーとはちょっと色が違っています。

ちょっと汗をかくくらいの辛さで、食欲をそそる味わいでした。
ラムがごろっと入っていてボリュームがありました。

カレーのお供に外せないのが、こりすさんならではの自家製焼きたてパン

ナンの形をしていますがフランスパンです。バターや卵を使わずに作られており、モチモチの触感。
こりすさんでしか味わえない組み合わせです。

カレー以外のメニューもテイクアウトしようと思い、オーダーしたのがvery hot 焼きそば
(※画像にはないですが、2つのパックに分けて提供していただきました。)


具だくさんで食べ応えばっちり。


程よい辛さで美味しいスパイシーな焼きそばでした。
一般的なソース焼きそばというよりは、タイ風の塩焼きそばに近い気がしました。

本格北インドカレーと焼きそば、とってもおいしかったです!
ごちそうさまでした!

テイクアウト対応について

◎電話番号/ 011-252-3333
◎LINE/@483ijgkj
※電話・LINEでの事前予約がおすすめです。

◎引き取り/店舗
※住所 札幌市中央区南3条西6丁目 ARK36ビル 1F
※引き取り可能時間 11:30~15:30/17:00~20:00(15:30~17:00の引き取りについては、予約時に確認をお願いします)

この記事を書いたひと:めいちゃん
取材・ライティング担当。
2020年3月、北海道フードマイスター試験に合格!
フードマイスターとして北海道の食材の魅力を伝えていきたいと思います。

関連記事

  1. 「ビストロ・サンミ (BISTRO SANMI)」に行ってみた。

  2. すすきので長く腕をふるう職人の寿司をいただける店「寿司 空海(くうかい)」

  3. すすきので長く腕をふるう職人の寿司をいただける店「寿司 空海(くうかい)」に行ってみた。

  4. 厚岸出身の店主が営む、厚岸の新鮮な食材が堪能できる店。「カキ料理 貝鮮炭焼 大厚岸」

  5. クラアク芸術堂の舞台「汚姉妹 −呪われた少女−」を観に行ってみた。

  6. 「ぎょうざ 北大陸 すすきのはづれ」に行ってみた。

  7. これぞ本場の味!関西人が愛する絶品お好み焼き店「なんでやねん」

  8. 昭和の雰囲気が心地良い人気店「鈴木徳太郎商店」

  9. 豊富なワインを存分にいただけるワインバー 「PINOT(ピノ)」

  1. 2022年1月OPEN!「立喰酒場Choi まるやま店」に行ってみた。

    2022.05.20

  2. 2022年3月OPEN!「焼き鳥とイタリアン Osteria arcobaleno(オステ…

    2022.05.11

  3. 季節を感じるイタリアンと厳選ビオワインが味わえる店「Osteria Lum…

    2022.05.02

  4. ビオワインと共にイタリアンを味わえるお店「Osteria Lumaca(オス…

    2022.04.21

  5. 全国各地の食材を使った料理と珍しい日本酒が味わえるお店「六然(…

    2022.04.13

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »