本格中華をバルスタイルで味わえる店「小皿中華のワインバル 悠龍(ユーロン)」のテイクアウトを食べてみた

ar magazineでは現在の日本の状況を受け、テイクアウト対応店舗のページを開設。
テイクアウトメニューをエリア・ジャンルごとに検索できます。

今回は、「小皿中華のワインバル 悠龍(ユーロン)」さんのメニューをテイクアウトし、実際に食べてみました!

小皿中華のワインバル 悠龍(ユーロン)さんへ

事前に連絡をとのことでしたので、前日に予約をしてから夕方引取りにお伺いしました。

いざ実食!

テイクアウトしたのは以下の3品。
・黒醋肉塊 タンツウルゥクァイ(黒酢の酢豚)
・鶏肉のスパイスパン粉炒め
・納豆カレーチャーハン

酢豚以外は、お店のFacebookアカウントに投稿されていたまかないメニューです。
美味しそうだったのでテイクアウトが可能かお伺いしたら、快くOKしてくださいました。

まずは黒酢の酢豚


何と言っても長薯が入っているのが特徴。
ピーマン、長薯、豚肉の食感の違いを楽しめます。
甘みと酸味がしっかりありつつもしつこくなくて、大変おいしかったです。

次に鶏肉のスパイスパン粉炒め


唐辛子がありますが、そこまで辛くはないです。風味がある感じ。
パン粉炒めというのをおそらくはじめていただきましたが、美味しかったです!
ジューシーな鶏肉でかなりお酒が進みました。

最後に納豆カレーチャーハン

チャーハンに納豆とカレーという組み合わせを初めて見まして、気になったのでオーダー。
カレーに納豆をトッピングするひとは結構いらっしゃるので、相性は良いんだろうなと思いつついただきましたが、
これが早々以上に相性バッチリ!
具もたくさん入っていて、食べ応えのあるチャーハンでした。

また食べたいメニューばかりでした。
ごちそうさまでした!

テイクアウト対応について

◎電話番号/080-3292-8021
※当日だと対応できないメニューがあるかもしれませんので、前日までの予約がおすすめです。

◎引き取り/店舗
※住所 札幌市中央区南4条西3丁目 第2グリーンビル 6F
※引き取り可能時間 12:00~20:00

この記事を書いたひと:めいちゃん
取材・ライティング担当。
2020年3月、北海道フードマイスター試験に合格!
フードマイスターとして北海道の食材の魅力を伝えていきたいと思います。

関連記事

  1. ススキノでいただく、魚介中心イタリアン 「osteria Bava(オステリア バーヴァ)」

  2. 地下鉄直結の通いやすい立ち飲み屋「ちょっとばぁ」に行ってみた。

  3. 劇団イナダ組の舞台「カメヤ演芸場物語」を観に行ってみた。

  4. お家でお店の料理を食べよう!テイクアウト情報~第3弾~

  5. 東京の屋台の味を体験できる店 「おでん酒場 赤とんぼ」

  6. 落ち着いて串を食べ、ワインを楽しめる店。 「Caratto(からっと)」

  7. 全国各地の漬物と酒が堪能できる人気店 「風味や KADO」

  8. 男のイタリアン屋台 suEzou (すえぞう)

  9. ワインと料理を楽しめる人気のワインバー「コムリエ(Commelier)」

Translate »