本格中華をバルスタイルで味わえる店「小皿中華のワインバル 悠龍(ユーロン)」のテイクアウトを食べてみた

ar magazineでは現在の日本の状況を受け、テイクアウト対応店舗のページを開設。
テイクアウトメニューをエリア・ジャンルごとに検索できます。

今回は、「小皿中華のワインバル 悠龍(ユーロン)」さんのメニューをテイクアウトし、実際に食べてみました!

小皿中華のワインバル 悠龍(ユーロン)さんへ

事前に連絡をとのことでしたので、前日に予約をしてから夕方引取りにお伺いしました。

いざ実食!

テイクアウトしたのは以下の3品。
・黒醋肉塊 タンツウルゥクァイ(黒酢の酢豚)
・鶏肉のスパイスパン粉炒め
・納豆カレーチャーハン

酢豚以外は、お店のFacebookアカウントに投稿されていたまかないメニューです。
美味しそうだったのでテイクアウトが可能かお伺いしたら、快くOKしてくださいました。

まずは黒酢の酢豚


何と言っても長薯が入っているのが特徴。
ピーマン、長薯、豚肉の食感の違いを楽しめます。
甘みと酸味がしっかりありつつもしつこくなくて、大変おいしかったです。

次に鶏肉のスパイスパン粉炒め


唐辛子がありますが、そこまで辛くはないです。風味がある感じ。
パン粉炒めというのをおそらくはじめていただきましたが、美味しかったです!
ジューシーな鶏肉でかなりお酒が進みました。

最後に納豆カレーチャーハン

チャーハンに納豆とカレーという組み合わせを初めて見まして、気になったのでオーダー。
カレーに納豆をトッピングするひとは結構いらっしゃるので、相性は良いんだろうなと思いつついただきましたが、
これが早々以上に相性バッチリ!
具もたくさん入っていて、食べ応えのあるチャーハンでした。

また食べたいメニューばかりでした。
ごちそうさまでした!

テイクアウト対応について

◎電話番号/080-3292-8021
※当日だと対応できないメニューがあるかもしれませんので、前日までの予約がおすすめです。

◎引き取り/店舗
※住所 札幌市中央区南4条西3丁目 第2グリーンビル 6F
※引き取り可能時間 12:00~20:00

この記事を書いたひと:めいちゃん
取材・ライティング担当。
2020年3月、北海道フードマイスター試験に合格!
フードマイスターとして北海道の食材の魅力を伝えていきたいと思います。

関連記事

  1. ホテルで中国料理を味わおう。「中国料理 美麗華(びれいか)」

  2. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.5【悠龍で小皿中華編】公開!

  3. 全国各地の食材を使った料理と珍しい日本酒が味わえるお店「六然(ろくぜん)」

  4. 独自の中華をワインとともに味わえる「チャイニーズバル マルク」に行ってみた。

  5. 札幌を代表する感動フレンチ「hofe(ホフ)」

  6. あたたかい空間で優しいおばんざいとポン酒が味わえる店「ポン酒とおばんざい おん」

  7. ドイツ人シェフ マーカス・ボスさんに誘われてアップルワインを飲みに行ってみた。

  8. 札幌で一番の歴史を持つ炉ばた焼き店「炉ばた焼 ウタリ」

  9. レトロで落ち着く店内で、”立ち呑み”を楽しもう「やきとん立ち呑み屋すわ(SuwA!!)」

  1. 2022年1月OPEN!「立喰酒場Choi まるやま店」に行ってみた。

    2022.05.20

  2. 2022年3月OPEN!「焼き鳥とイタリアン Osteria arcobaleno(オステ…

    2022.05.11

  3. 季節を感じるイタリアンと厳選ビオワインが味わえる店「Osteria Lum…

    2022.05.02

  4. ビオワインと共にイタリアンを味わえるお店「Osteria Lumaca(オス…

    2022.04.21

  5. 全国各地の食材を使った料理と珍しい日本酒が味わえるお店「六然(…

    2022.04.13

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »