食べ応え抜群の焼き鳥と豊富な日本酒がいただける人気店「焼鳥と地酒 SAKE酉(さけのとり)」

「焼鳥と地酒 SAKE酉(さけのとり)」は、一羽仕入れで様々な部位が味わえる焼き鳥と豊富な日本酒がいただける人気店だ。

酉の刻に“酒”と“鶏”を味わう

店名の「酉」という字は十二支の10番目の意味で、「鶏」が割り当てられている字だが、もともとこの一文字で酒をという意味があったという。
また、酉の刻(とりのこく※日暮れの18時頃)の意味もあり、人々が仕事を終えた頃に「SAKE酉」でお酒と料理を楽しんで欲しいという思いが込められている。

大阪で腕を磨いた焼きのスキルが活きた焼き鳥

代表の米倉さんは19歳から飲食の道に進み、和食やフレンチ、中華等様々なジャンルのお店で技術を磨いたあと、大阪で焼き鳥の技術を学び、2020年にオープンした焼鳥屋の店長として腕をふるった。
その後、独立という形で代表となり、店名等を「SAKE酉」に改め再スタートとなった。
店長時代から続くスタイルは大きめのポーションの満足度が高い焼き鳥。焼きあがるのに時間がかかるが、インパクトがある見た目と、肉厚でジューシーな味わいが魅力だ。
一般的な焼き鳥よりも本数を食べられない分、「次は別のものを食べよう」とまた来るお客さんも多い。

食べ応え抜群の焼き鳥を堪能しよう

焼き鳥の味付けは「おまかせ」がおすすめ。部位の特徴などに合わせてタレか塩をチョイスしており、たとえば使用する部位が同じである「上もも」と「ねぎま」は味を比べられるようにと上ももは塩、ねぎまはタレで提供している。

大きめのポーションの焼き鳥の中でも特にインパクトがあるのがつくねだ。
あえて粗めにミンチし肉肉しさを残しじっくりと焼き上げており、つくねでありながら小さめのハンバーグのような見た目と味わいなのが特徴だ。
人気のつくねは、卵黄を添えた「月見つくね」や、チーズをふんだんに盛り付けた「雪見つくね」。

豊富な部位を楽しめる「1羽仕入れ」

定番ものと比較しても希少部位の数が豊富なのが「SAKE酉」の特徴のひとつだ。
希少部位としては有名どころのものから、「背肝」「まつば」など1羽仕入れでしか提供できない、耳馴染みのない名称がメニュー表に並んでいる。
気になるものをチョイスしていくのもいいが、「おまかせ7種」や「おまかせ4種」、「おまかせ希少3種」などを組み合わせてオーダーすることで、その日のおすすめの焼き鳥を味わえる。

季節を感じる一品や、個性あふれる料理

焼き野菜は旬の食材を2種使用しており、中には1ヶ月で入れ替わるものも。
一品料理で人気なのが出汁巻き玉子とポテトサラダ。ポテトサラダは燻製されたゆで卵を自分たちで混ぜ合わせるスタイルで、好みの混ぜ具合でいただくことができる。

豊富な日本酒

日本酒は焼き鳥に合う辛口、淡麗のものを中心に、グランドメニューの20種に加え、5~6種の季節もの、7~10種の隠し酒を常時取り揃えている。
季節ものは10日~2週間ほど、隠し酒は10本のうち5本がなくなり次第5本新しい銘柄を仕入れるスタイル。特に隠し酒はすぐ入れ替わるため、訪れるたびに新たな出会いがある。日本酒以外にも焼酎の魔王、村尾など定期的に仕入れるのは難しい人気のプレミア種も多く、お酒をメインの目的に通うお客さんもいるほどだ。

週末は予約必須!人気の理由を体感しよう。

席はカウンター7席と4人掛けテーブル席が2つ(最大15席)。
週末は早い時間だと2週間前から席が埋まっているが20時以降であれば空いている場合もあるため、電話での確認がおすすめだ。
独立前からのファンも多い「焼鳥と地酒 SAKE酉(さけのとり)」の魅力を、ぜひ体感してみて欲しい。
Map

Gallery
主なメニュー(一例)

焼き鳥

上もも 300円
ねぎま 330円
せせり 300円
レバー 280円
ふりそで(手羽元と胸の中間にあたる希少部位) 300円
背肝(肝臓にあたる希少部位) 300円
まつば
(胸骨周辺から取れる希少部位)
300円
キンカン
※入荷した週の金・土・日 限定提供
(卵巣の卵/希少部位)
300円
つくね 330円
雪見つくね(肝臓にあたる希少部位) 430円
月見つくね
(胸骨周辺から取れる希少部位)
430円
焼き野菜
ミニトマトチーズ:300円
いかだ:280円
季節野菜あり
280円~
店主のおまかせ焼き4種:1,100円
7種:1,900円
希少部位3種:850円
1,100円

サイドメニュー

燻製ポテトサラダ 味玉 800円
こだわり卵と鶏出汁 出汁巻き玉子 750円
【冬季限定】鶏焼売
※2個より注文可
1個200円
こだわり卵と鶏節のTKG 550円
自家製酒粕のテリーヌ
1日3食限定
500円

ドリンク

サッポロクラシック 600円
ハイボール各種 480~1,580円
自家製しそジン
自家製山椒ジン
各580円
サワー各種 各450円
焼酎各種
芋焼酎「魔王」「村尾」
麦焼酎「おこげ」「ムギー」など各種取り揃え
580~780円
果実酒各種 各650円
全国の地酒 グラス 600円~
一合 1,000円~
スタッフおまかせ飲み比べ3種 1,000円
店舗情報
店名 焼鳥と地酒 SAKE酉(さけのとり)
住所 札幌市中央区南7条西5丁目1-11 2F
電話番号 011-206-4883
営業時間 17:00~翌1:00(L.O.23:45)
定休日 毎週月曜、その他月に2日不定休
平均予算 5,000円前後

関連記事

  1. 全国各地の食材を使った料理と珍しい日本酒が味わえるお店「六然(ろくぜん)」

  2. 野菜串巻き製作所 KURURI(くるり)閉店

  3. 本格中華をバルスタイルで味わえる店「小皿中華のワインバル 悠龍(ユーロン)」

  4. 中華や徳福閉店

  5. アンドセイスブリュワリー閉店

  6. 絶品イタリアンとワインが楽しめる人気店「ALTO」のテイクアウトを食べてみた

  7. イタリアン居酒屋 osteria Crocchio(オステリア クロッキオ)

  8. 本格北インドカレー「未来カレー こりす」のテイクアウトを食べてみた

  9. 食彩 ひな

  1. 焼肉×イタリアンの人気店「おまる商店」

    2024.02.22

  2. 大好きな!毎朝挽肉と羽釜ごはん ハンバーグぼうずに行ってきた

    2024.02.21

  3. 食べ応え抜群の焼き鳥と豊富な日本酒がいただける人気店「焼鳥と地…

    2024.02.08

  4. 焼肉×イタリアンの人気店「おまる商店」に行ってみた。

    2024.02.02

  5. ALTOに新年のご挨拶

    2024.01.29

  1. 白石エリアの人気立ち飲み屋「立喰酒場Choi 南郷店」

    2022.07.06

  2. 澄川エリアで飲むならここ!「立喰酒場Choi 澄川店」

    2022.06.24

  3. 円山エリアに立ち飲み屋がオープン!「立喰酒場Choi まるやま店」

    2022.06.17

  4. そばちょこのおつまみとお酒を楽しむ客でにぎわう酒場「こつまみ酒…

    2019.12.10

  5. 毎日立ち寄りたくなる立ち飲み酒場 「立喰酒場Choi 36店」

    2019.12.09

  6. 燻製・発酵料理が楽しめる酒場「いぶしかもし酒場Choi」

    2019.02.28

  7. 何度も足を運びたくなる大衆酒場「大衆餃子酒場Choi」

    2017.02.16

  8. 居心地の良さと上質なフレンチが堪能できる店 「立喰酒場Choi 北2条…

    2016.06.09

  9. アットホームな「おでん酒場」 おでん酒場 Occhi

    2015.11.19

  10. 燻製×酒を楽しめる創成川イーストゾーンの人気店! 「くんせいとお…

    2015.04.07

Translate »