これぞ本場の味!関西人が愛する絶品お好み焼き店「なんでやねん」

札幌に住む関西人も、出張で訪れた関西人も虜にする味

「なんでやねん」は、大阪出身の店主が手掛ける、本格的なお好み焼きが食べられる店だ。
お店をオープンすることになったのは、店主の工藤さんが札幌のお店で食べたお好み焼きが「大阪の味とは全く違う」と驚いたことから。慣れ親しんだ味を食べたいと、自宅で地元の味の再現を始めた。
そうして作ったお好み焼きを家族や友人たちにふるまっていくうちに、「お店で出したほうがいい」と強く勧められ、「なんでやねん」をオープンするに至った。

粉、ソース、かつお、青のりは大阪から仕入れている。キャベツの切り方や生地との割合、生地と具材の混ぜ方、焼き方に至るまでこだわりをもって作っている。特に混ぜ方や生地をひっくり返すタイミングは美味しさを決める重要なポイントであるため、お客さんが焼くのではなく、店主自らが焼くスタイルを貫いている。

そんなこだわりが詰まったお好み焼きは、外はカリカリ、中はフワフワの絶妙な味わい。札幌にいながら大阪の本格的な味が食べられるとあって、札幌に住む関西人や、出張や異動で一時的に訪れている関西人も足繁く通うほどだ。

北海道民にこそ食べてほしいお好み焼き

お好み焼き以外にも、店主の家庭の味である牛すじ煮込みやとん平焼きも人気。牛すじは、あまったつゆがもったいないと常連客だった日高晤郎さんが発案したメニュー「牛すじごろ麺」もおすすめ。
他にもヘルシーにお好み焼きの味を楽しめる「お好み焼きサラダ」、タレで味付けをして仕上げ、そのままつまめる「関西風ぎょうざ」なども提供しており、お好み焼きとおつまみでお酒を楽しめるのがなんでやねんの特徴だ。
また、お好み焼き、焼きそば、一品料理の人気メニューを含んだ2時間飲み放題付きおまかせコース(1名3,500~4,000円・4名~・要予約)もあり、新年会や歓迎会などのイベントにもおすすめだ。

大阪の味が堪能できる「なんでやねん」。関西人の支持を集める味を、ぜひ北海道民にこそ食べてほしい。

マップ

主なメニュー

お好み焼き

ぶた玉/いか玉/えび玉 700円
ミックス/もちチーズ
ねぎ納豆/ねぎキムチ
800円
モダン焼/ハイカラ焼 900円

めん

やきそば 800円
目玉やきそば/いかやきそば/ぶたキムチ焼うどん 950円
牛すじごろ麺(つけ麺) 560円

おつまみ・サラダ

牛すじ煮込み 500円
とん平焼 500円
チーズオムレツ 500円
ミニ餃子(8個) 500円
お好み焼サラダ 500円

ドリンク

ビール
サッポロクラシック樽生:中ジョッキ500円/グラスビール400円
瓶ビール:700円
ノンアルコールビール:400円
400~700円
角ハイボール 500円
お好み焼きワイン(ボトル) 2,000円
その他焼酎・サワー・果実酒・ソフトドリンクなど各種取り揃え
店名 なんでやねん
住所 札幌市中央区南4条西5丁目10-1 つむぎビル 5F
電話番号 011-796-9373
営業時間 17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 日曜・祝日
平均予算 2,000~3,000円

関連記事

  1. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

  2. 気軽に楽しめる小さな鉄板焼き屋「白(haku)」

  3. 豊富なワインを存分にいただけるワインバー 「PINOT(ピノ)」

  4. 2018年9月オープン!落ち着いたエリアで、ゆっくりと寿司やつまみを味わえる店「すし たけ田」

  5. 日本料理人が創る燻製専門店「おずsmoked和taste」

  6. 札幌肉酒場 VOLTA

  7. バー使いにも、食事処にも利用できる「446(ヨンヨンロク)」

  8. アルキ&アリエ Cafe Belly Seven(ベリーセブン)

  9. ススキノでいただく、魚介中心イタリアン 「osteria Bava(オステリア バーヴァ)」

Translate »