札幌ジンギスカンの名店「生ラムジンギスカン 山小屋」

昭和31年から引き継がれるタレで衝撃体験!

冬季休業となるジンギスカンの草分け的存在、小樽の「景勝園」の味を一年中楽しんでもらえるよう、平成15年3月、すすきのにオープン。
札幌でジンギスカンと言えば、必ず名のあがる予約必須、満員御礼!の名店だ。

カウンター15席のみの店内は、人気店であることを物語るモクモクと立ち上る煙に燻され、堂々とした貫禄が漂っている。

ジンギスカンが苦手な人にこそ試して欲しい鮮度抜群の「生ラムジンギスカン」は、生後3、4か月程の小羊のみを使用するこだわり。
軽く表面を焼くだけで食べられ、臭みが無く驚くほど柔らかいと、感動の声があちこちからこだまする。

北海道の味覚としても有名な道東産の鹿肉は、鮮度が自慢。
生ラム肉同様にサッと焼くだけで食べられ、ぷるんとした柔らかな弾力、肉々しい歯ごたえとアッサリ感で、あっという間に完食してしまう。

もやし、玉ねぎ、プチトマトが食べ放題というサービスも山小屋ファンの心を掴んでいる。
中でも焼いて食べるプチトマトは、フルーツのような甘さがギュッと凝縮され、口直しにも、一品料理にもなるやみつきの美味しさ。
薄切りにした「山小屋特製もち」も、ついつい箸が止まらなくなる食べ過ぎ注意の人気メニュー。

お財布を気にすることなく、「お腹いっぱい大満足」の贅沢気分が、こんなに気軽に堪能できてよいのかと恐縮してしまうほどの充実ぶり。
地元客からも愛されている“外さない”一軒だ。

マップ

主なメニュー

ドリンク

サッポロクラシック 650円
ノンアルコールビール 500円
日本酒(神威岬) 500円
焼酎各種 400円~
梅酒 500円
十勝ワイン(赤・白) 500円~
店名 生ラムジンギスカン 山小屋
住所 札幌市中央区南4条西4丁目 第5グリーンビル 1F
電話番号 011-271-2853
営業時間 17:00~23:00
定休日 日曜・祝日・年末年始※連休時は要問合せ
平均予算 2,000円
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンご提示で、お好きなドリンクを1杯サービスさせていただきます。
お食事の方/1組1回1枚限り/他券併用不可
生ラムジンギスカン 山小屋
QRコード

関連記事

  1. 「ビストロ・サンミ (BISTRO SANMI)」に行ってみた。

  2. お店でつくった、クラフトビールを。「月と太陽 BREWING」

  3. すすきので長く腕をふるう職人の寿司をいただける店「寿司 空海(くうかい)」に行ってみた。

  4. 気軽に楽しめる小さな鉄板焼き屋「白(haku)」

  5. ビースト キッチン

  6. 技術が活きた寿司が上質な酒とともに堪能できる店「すし家 みや津」

  7. 札幌の老舗で腕を磨いた店主が焼く串が人気 「やきとり まる房ず」

  8. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.5【悠龍で小皿中華編】公開!

  9. 季節を感じるイタリアンと厳選ビオワインが味わえる店「Osteria Lumaca(オステリア ルマーカ)」

  1. 2022年1月OPEN!「立喰酒場Choi まるやま店」に行ってみた。

    2022.05.20

  2. 2022年3月OPEN!「焼き鳥とイタリアン Osteria arcobaleno(オステ…

    2022.05.11

  3. 季節を感じるイタリアンと厳選ビオワインが味わえる店「Osteria Lum…

    2022.05.02

  4. ビオワインと共にイタリアンを味わえるお店「Osteria Lumaca(オス…

    2022.04.21

  5. 全国各地の食材を使った料理と珍しい日本酒が味わえるお店「六然(…

    2022.04.13

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »