食彩 ひな

気軽に和食料理が楽しめるお店

すすきのに店を構える「食彩 ひな」は、2012年にオープンした和食メインの店。カウンター7~8席、個室が2部屋の規模であるが、和食一筋の女将が作り出す、細やかな心遣いが感じられる料理がいただける。

オススメのメニューは「刺身の盛り合わせ」。その時季の旬のものを使用しており、質には自信あり。
その他の魚介メニューも充実している。「毛がにむき身みそのせ」は蟹をむき身で提供するなど、食べやすさに配慮したメニューも多い。
その他の人気メニューには「芋もちバター蒸し」がある。
芋を裏ごしし、それに鶏ひき肉やしいたけなどが入ったあんを包み、バターを乗せて蒸し上げる。膨らんできて餅のようになり、見た目もどこか可愛らしいのが特徴だ。この品を食べさせたいと一度食べた人
が知り合いを連れてくることも多いのだとか。
「魚介クリームチーズ揚げ」も人気。魚介とホワイトソースとチーズを、湯葉で包んだ揚げ物。揚げたてのとろける食感が堪らない一品だ。
フォアグラのソテーや牛ヒレ肉のステーキなど洋食で用いられる食材を和風にアレンジしたものや、リクエストに応じて、メニューにはない料理も食材があれば用意している。中にはメニュー表を見ないで「うまいものが食べたい」とリクエストする客もいるのだとか。

〆には「鴨ラーメン」か「蕎麦」が最適。鴨ラーメンはくどくないあさりとしたスープが好まれている。蕎麦は女将の出身である利尻の昆布蕎麦を使用。とろみがある独特の味わいが癖になる一品だ。

コースはその日の料理をおまかせで提供している事前に使用不可な食材を伝えておけば、対応してくれる。

酒は日本酒や梅酒を取り揃えている。客からの情報を取り入れながら、道産をメインに季節によって入れ替えつつ10種ほどを常備している。

店名の由来は雛鳥から。独立して初めて持つ店であるからこそ、料理を始めたころの気持ちを忘れず、ひなのように素直で居続けようという思いから。
確かな腕のもと、初心の気持ちを忘れずに丁寧に作られている料理をいただける「食彩 ひな」に、一度足を運んでみては。

マップ

主なメニュー

フード

本日のお刺身 1人前 1,630円~
毛がにの剥きみそのせ 1パイ 1,750円
芋もちバター蒸し 650円
鴨ラーメン 700円
冷しそば(利尻昆布蕎麦) 660円
※本日のおすすめメニューあり

コース

おまかせコース※前日までに要予約(2名様~)
※料理の品数で値段が変わります(7品で5,400円)
※+1,650円で飲み放題
4500円~

ドリンク

ビール、日本酒、焼酎、ソフトドリンク等各種取り揃え
店舗情報
店名 食彩 ひな
住所 札幌市中央区南5条西5丁目 ソシアル桂和ビル3F
電話番号 011-520-7577
営業時間 17:00~23:30
定休日 日曜
平均予算 4,000~5,000円
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、お会計より5%割引させていただきます。
他券併用不可/現金での支払いのみ/コース除く
食彩 ひな
QRコード

関連記事

  1. お店でつくった、クラフトビールを。「月と太陽 BREWING」

  2. 北海道の幸を思う存分堪能できる店「北の幸 海道(かいどう)」

  3. 男のイタリアン屋台 suEzou (すえぞう)

  4. 絶品イタリアンとワインが楽しめる人気店が移転オープン! 「ALTO(アルト)」

  5. 「ビストロ・サンミ (BISTRO SANMI)」に行ってみた。

  6. 地下鉄直結の通いやすい立ち飲み屋「ちょっとばぁ」に行ってみた。

  7. 絶品イタリアンとワインが楽しめる人気店「ALTO(アルト)」に行ってみた(贅沢晩餐会編)

  8. 地下鉄直結の通いやすい立ち飲み屋「ちょっとばぁ」

  9. 東京の屋台の味を体験できる店 「おでん酒場 赤とんぼ」

Translate »