イタリアン・フレンチを取り入れた新感覚餃子を堪能できる店「餃子とワイン 果皮と餡(kawa to ann)」

ワインに合う新しい餃子

果皮と餡(kawa to ann)」は、イタリアン、フレンチを取り入れた餃子とワインを味わえる店として、2017年3月にオープンした。

姉妹店である「Teatro di Massa(テアトロ ディ マッサ)」「TOTTO(トット)」のシェフとアイディアを練り作り上げている餃子は、今までにない新しいものばかり。北海道産はるゆたかを使用した自家製の皮に包む餡は、パテの中身のようなワインに合うものをイメージしている。定番の豚肉だけではなく、エゾ鹿肉や鴨肉などのジビエや、牡蠣や甘エビといった魚介類も取り入れているほか、野菜がメインの餃子も提供している。
豚肉には白レバーやフォアグラを混ぜてまろやかで濃厚な味わいにしたり、鹿肉にはクミンを合わせてカレー風味にしたりと、メインの食材に合わせてほかの食材や味付けを考えている。
パテをイメージしていることから餡にはキャベツの代わりにねぎやレンコンを入れているが、餃子の上にキャベツとアンチョビペーストをのせて「餃子らしさ」を表現しているとのこと。

洋の餃子・和の一品×豊富なワイン・自家製ドリンク

一品やつまみメニューは、餃子が肉を使用していることから野菜や魚介類を使った料理を多く提供している。餃子にはイタリアンやフレンチが多いが、一品には「知床鶏 とりわさ」や「鶏肉とごぼうの炊き込みご飯のおにぎり」といった和の料理も。メインである洋の創作餃子やつまみでワインを楽しみつつ、〆にはおにぎりという、和と洋を楽しめるラインナップとなっている。

ワインはグラスで600円、ボトルで3,000円台から提供しており、料理との相性が良いスパークリング、白ワイン、赤ワインを取り揃えている。ワイン以外にも、店名に「果皮(kawa)」とあるように、果物を皮まで使用した自家製ドリンクを豊富に扱っている。現在(2017年4月)はりんご、オレンジ、バナナがメインだが、季節に合わせて種類を増やしていく予定だ。

ヨーロッパで流行りつつあるという「餃子×ワイン」をいち早く取り入れた「果皮と餡(kawa to ann)」。ひっそりとたたずむ隠れ家のような店内で、新しい餃子をワインとともに堪能してみては。

マップ

主なメニュー

フード

ランチ自家製麻辣油のソース焼きそば 温玉添え(スープ付き):750円
梅と昆布茶とキュウリの塩焼きそば(スープ付き):750円
ブルーチーズとクルミと味噌醤油の焼きそば(スープ付き):850円
焼き餃子(3個)※平日、土曜日ランチ限定:300円
※焼きそば各種大盛り:100円
300~850円
餃子江別産黒豚 昆布 焼餃子(4個):500円
牛タン 九条ネギ 焼餃子(4個):550円
ジビエ ドライトマト ビーツ 焼餃子(4個):600円
海老 ブイヤベース 水餃子(2個):600円
子羊 チーズ オーブン焼き 餃子(2個):500円
滝川産鴨 ゴボウ 焼売(2個):400円
海老 ブイヤベース 水餃子(2個):600円
黒トリュフ 小籠包(1個):500円
500円~
季節のおすすめ料理あり

コース

スタンダードコース全9品※仕入れにより内容変更あり
一例
お通し
帆立とカリフラワーのカルパッチョ 鴨の生ハム添え
サンマのマリネとお米のサラダ 春菊のソース
ジャンボマッシュルームのオーブン焼き
黒豚と昆布の焼き餃子
海老のブイヤベース風水餃子
トリュフ小龍包
フォアグラブリ大根
〆のすだち蕎麦
※飲み放題120分(L.O.20分前)
※4名様~22名様
料理3,500円/飲み放題+1,500円

ドリンク

ビール サッポロクラシック 600円
生くだものサワーお代わり:400円 700円
自家製ハイボールハイボール:500円
りんごとジンジャー/オレンジとミント/バナナとアーモンド:600円
500~600円
ワイングラス:600円~/ボトル:3,600円
スパークリング・白ワイン・赤ワイン各種豊富に取り揃え
店名 餃子とワイン 果皮と餡(kawa to ann)
住所 札幌市中央区南1条西7丁目11-2 癒し床屋 金太郎 2F
電話番号 011-251-5623
営業時間 月~木
11:30~14:00(L.O.14:00)
17:00~22:30(L.O.22:00/ドリンクL.O.22:30)金・土
11:30~14:00(L.O.14:00)
17:00~23:00(L.O.22:30/ドリンクL.O.23:00)日・祝日
12:00~21:00(L.O.21:00/ドリンクL.O.21:00)
定休日 火曜
平均予算 ランチ 750円/ディナー 2,500~3,000円

関連記事

  1. 酒好きのための居酒屋「魚菜(ぎょさい)」

  2. 創作料理・豊富なお酒・各国音楽の三拍子揃った隠れ家的酒場 「ネオ酒場Waltz(ワルツ)」

  3. 「ノンスタイル」な料理を提供する洋食屋 「non-style TAMIS (タミ)」

  4. 素材を活かした天ぷら専門店「天ぷら こばし」

  5. フィレンツェで腕を磨いたシェフが手がけるイタリアン「DUEGATTI(ドゥエガッティ)」に行ってみた。

  6. アルキ&アリエ Cafe Belly Seven(ベリーセブン)

  7. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

  8. La Giostra(ラ・ジョストラ)

  9. チャイニーズキッチン 紅龍(ホンロン)

  1. こだわりの蕎麦や一品料理と、豊富な日本酒を味わえるお店「蕎麦に…

    2021.11.24

  2. 本格江戸前寿司を味わえる「すし六法」に行ってみた。

    2021.11.17

  3. 話題のチーズケーキを食べてみた!

    2021.11.10

  4. 見た目も美しい和食を味わえる店「古今山久(ここんやまひさ)」

    2021.11.09

  5. 惜しみない手間から生まれる唯一無二の味わいが堪能できる「中国料…

    2021.10.21

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »