バー使いにも、食事処にも利用できる「446(ヨンヨンロク)」

豊富なお酒が楽しめる

「446(ヨンヨンロク)」は、2015年にオープンした、日本酒をはじめとしたお酒と食事を楽しめる人気のバーだ。
以前は20時から朝の4時までの営業だったが、2019年7月31日から15時~23時(L.O.22時)に営業時間を変更。昼飲みを楽しめるお店としてリニューアルオープンした。
日本酒は以前と変わらず、銘柄はほぼ道外のものを常時30種程度取り揃えている。日本酒以外にも、焼酎やウィスキーが豊富で、特にウィスキーは珍しい銘柄が取り揃えられており、入手困難なものを飲みに訪れるファンも多い。リニューアル後は、焼酎やウィスキーのボトルキープが可能とのこと。

フレンチをもとにした料理が人気

リニューアル後は、「446特製ポテトサラダ」「道産イカ塩辛」といった、おつまみとしていただける500円メニューを増やしたとのこと。内容は日ごとに代わり、訪れるごとに新しい料理を楽しめる。
フレンチの技術を生かした料理も健在。たとえば「たくカレー(ルーのみ)」は、豚・たまねぎでとった出汁をベースに、1時間炒って焙煎し、1ヶ月寝かせた30種ほどのスパイスを使用。食材はペースト状にしてから煮込んでいるためすべて溶け込んでおり、スープのように食べられるメニューだ。スープカレーや煮込みハンバーグ、「たくちゃーはん」など食事としていただけるメニューも提供している。
お酒をメインで飲むひとも、しっかりと食事をとるひとも楽しめる「446(ヨンヨンロク)」。
豊富な日本酒・ウィスキーや料理が味わいに、ぜひ足を運んでみては。

マップ

主なメニュー

フード(日替わりメニューあり)

446特製ポテトサラダ 500円
道産イカ塩辛 500円
特製燻製枝豆 500円
たくカレー ルーのみ 500円
たくちゃーはん 700円

ドリンク

日本酒・ウィスキー・焼酎各種豊富に取り揃え
店名 446(ヨンヨンロク)
住所 札幌市中央区南4条西4丁目 MYプラザビル 6F
電話番号 011-200-9446
営業時間 15:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 日曜
平均予算 1,000~2,000円

関連記事

  1. 大満足のコースが堪能できるすし処「鮨 大照」

  2. 2018年9月オープン!落ち着いたエリアで、ゆっくりと寿司やつまみを味わえる店「すし たけ田」

  3. 様々なジャンルの料理が味わえる、「ノンジャンル」なお店「BEER&WINE 料理屋 CO-EZO(コエゾ)」

  4. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REPOS(ルポ)」のテイクアウトを食べてみた

  5. 天ぷら×日本酒バー「和酒 ダイアの55」

  6. 技術が活きた寿司が上質な酒とともに堪能できる店「すし家 みや津」に行ってみた。

  7. 札幌の老舗で腕を磨いた店主が焼く串が人気 「やきとり まる房ず」

  8. 食彩 ひな

  9. お値段以上の寿司と、居心地の良い空間が人気の老舗寿司店「千春鮨(ちはるずし)」

予約カレンダー(準備中)

2021年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  1. 熟練の店主による絶品の揚げたて天ぷらに舌鼓「天麩羅 やぎ」

    2021.05.21

  2. こだわりの料理を堪能できるお店「ビストロDining我が家」

    2021.05.10

  3. 珍しいお酒と絶品の焼き鳥を味わえる、居心地の良い焼鳥屋「一人焼…

    2021.02.16

  4. 全部屋個室で絶品貝料理を味わえるお店「北貝料理 なむら別邸」

    2021.02.08

  5. 道産食材・純度99%純水・厳選日本酒「海鮮居酒屋 なむら 本店」

    2021.02.08

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »