日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

こだわりが感じられる北欧風の店内

2014年にオープンした「ELSKA(エルスカ)」は、5年間東京のフレンチレストランで腕を磨いた大髙さんが手がけるビストロだ。
「ELSKA(エルスカ)」のコンセプトは、フレンチを楽しみながら文学に触れられる「文壇ビストロ」。
1階には本棚があり、大髙さんが好む世界各国の名作や日本の人気作家の作品など、様々なジャンルの本が数多く存在しており、自由に読むことができる。さらに、本棚の隣にあるテーブルには海外映画のフライヤーが並べてあり、映画談義に花を咲かせることもできる。
2階はフィンランドの映画監督であるアキ・カウリスマキの世界観をイメージした造りになっており、まるで北欧映画のワンシーンに居るかのような、ちょっとした非日常を楽しめる。

本格フレンチをお手頃価格で

そんな特別な空間でいただくフレンチは、大髙さんやシェフのアイデアがいかんなく発揮されているものばかり。
一品一品凝ったつくりの料理ながら、「技術を活かし、値段が安く美味しいものを提供する」という大髙さんの考えに沿い、気軽に味わえる値段で提供している。
また、「うずらのロースト お米を抱きしめて(1,500円)」「甘く切ないアンニンブリュレアイス(600円)」といった、他店にはないメニュー名もELSKAの魅力だ。
食事に合わせるワインは、世界各国の銘柄を50本ほど常備している。銘柄の特徴を物語風に記した手書きのワインリストがあり、大髙さんのワイン好きな一面が窺える。

ランチは土日のみ提供で、旬野菜のサラダとドリンクがつきで、メインを魚料理か肉料理をチョイスできる。

こだわりの店内で絶品のフレンチが楽しめる「ELSKA(エルスカ)」。文学に触れながらフレンチを味わう特別な時間を、是非体感してみては。

火曜日は和テイストの「漬物、お茶漬け、三鞭酒」

定休日の火曜は、フロアマネージャーである山田さんが手作りの糠漬けやおつまみ、お茶漬けを中心に提供する店として営業している。
三鞭酒とはシャンパンのことで、ここにも文学好きの大高さんらしい遊び心が感じられる。
飲み物はシャンパンのほか、白ワインと赤ワインを数種と、りんご酒などを日替わりで提供している。

一部通常営業時のELSKAにあるメニューも提供しているが、ほとんどは火曜限定の料理となっており、いつものELSKAは違う、和テイストの味と雰囲気が楽しめる。

マップ

主なメニュー

フード

野菜のラタトゥイユ 680円
紫キャベツの浅漬けとクリームチーズ 450円
サーモン等の四層のテリーヌ 900円
お豆腐と蜂蜜の自家製パン 1個100円
うずらのロースト お米を抱きしめて(一日数食限定) 1,500円
ラベンダーポークステーキ 黒オリーブソース 1,500円
わたりがにのクリームソースパスタ 1,200円
甘く切ない杏仁ブリュレアイス 600円
ランチ(土・日のみ)
旬野菜のサラダ+魚料理or肉料理+ドリンク
1,200円
火曜日のメニュー(一例)
出し巻き卵:550円
季節の糠漬け:450円
いぶりがっこのポテトサラダ:500円
鴨と梅干のお茶漬け:800円
三鞭酒(シャンパン):1,200円~
その他葡萄酒(ワイン)等取り揃え

コース

内容・価格等要相談前々日までの連絡で受付可能

ドリンク

本日のグラスワイン赤ワイン・白ワイン各二種
スパークリング・甘口ワイン・シードル各一種:500円~
詳しくは黒板・店員まで
600円~
ボトルワインワインリストあり 3,200円~
その他ビール、ウイスキー、カクテル、ソフトドリンク、食後酒など各種取り揃え 570円~
店名 ELSKA (エルスカ)
住所 札幌市中央区南3条西6丁目3-1
電話番号 011-312-0393
営業時間 ランチ  11:30~13:30(土・日のみ)
ディナー 18:00~翌1:00
※火曜は「漬物、お茶漬け、三鞭酒(シャンパン)」を提供する店として16:00~0:00営業
定休日 火曜
平均予算 ランチ 1,200円/ディナー 3,000~4,000円

関連記事

  1. SaiToがChoiへGoToしてみた話

  2. 特別な空間で贅沢なひとときを堪能できる店「ステーキ&ワイン いしざき」

  3. お店でつくった、クラフトビールを。「月と太陽 BREWING」

  4. ハンバーグ屋が贈る、新しい餃子「ぎょうざ 北大陸 すすきのはづれ」

  5. 本格北インドカレー「未来カレー こりす」のテイクアウトを食べてみた

  6. 人気ビストロ「ELSKA(エルスカ)」に行ってみた。

  7. 質の良い料理とサービスが堪能できる人気店 「北の旬楽 いとや(入人家)」に行ってみた。

  8. 未来カレー こりす

  9. 豊富なワインを存分にいただけるワインバー 「PINOT(ピノ)」

  1. 2022年1月OPEN!「立喰酒場Choi まるやま店」に行ってみた。

    2022.05.20

  2. 2022年3月OPEN!「焼き鳥とイタリアン Osteria arcobaleno(オステ…

    2022.05.11

  3. 季節を感じるイタリアンと厳選ビオワインが味わえる店「Osteria Lum…

    2022.05.02

  4. ビオワインと共にイタリアンを味わえるお店「Osteria Lumaca(オス…

    2022.04.21

  5. 全国各地の食材を使った料理と珍しい日本酒が味わえるお店「六然(…

    2022.04.13

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »