絶品のカルネ料理とスペイン料理がいただける店 「Bar espana carne(バル エスパーニャ カルネ)」

こだわりぬいた肉が堪能できる

狸小路6丁目に店を構える「Bar espana carne(バル エスパーニャ カルネ)」は、駅前通にある人気店「Bar espana(バル エスパーニャ)」の二号店だ。
店名の「カルネ」とはスペイン語で「食肉・肉」という意味で、スペイン料理に加え肉料理に特化しているのが店の特徴。道内外の上質な肉を使用した、絶品のカルネ料理がいただける。

肉の中でも、「熟成肉」を使用したメニューは、この店ならではの人気料理。熟成肉とは、低温多湿の場所で寝かせてじっくり乾燥させることで、アミノ酸が4倍にもなり、旨味が更に引き出されている肉のこと。長い期間熟成させ食べられる部分のみを切り出すため、非常に時間と手間がかかるがその分美味しさは絶品の一言。
更に、熟成具合だけでなく、熟成させる肉の質にもこだわっており、良い肉を素材にしているものしか仕入れていない徹底ぶりだ。
肉料理は鉄板皿か、木の器での提供が選べる。鉄板皿の場合は「シャリアピンソース(ステーキソース)」のみでの提供だが、木の器では「西洋わさび」、「炭塩」、「パタゴニアソルト」が加わる。更に熟成肉の場合は、アンコールペッパー(ねり胡椒)がソースに追加される。
炭塩は結晶化している塩に炭の粉末をコーティングしたもので、パタゴニアソルトはアルゼンチンの湖から摂れる塩のことで、これらで味付けを変えて楽しめるのも人気の理由だ。

豊富なメニューで楽しいひとときを

肉料理の他、タパスやパエリアなどのスペイン料理も数多く取り揃えており、特にパエリアは、肉料理と並ぶ人気メニューだ。「国際パエリアコンクール優勝、2年連続日本一」という実力を誇る本店の「Bar espana(バル エスパーニャ)」と同様「イカ墨のパエリア」「魚介のパエリア」「スープパエリア」などを提供している。
料理に合わせていただくドリンクも豊富で、ワイン・カヴァ・カクテル・ウィスキーなど種類も様々。ワインはスペイン産を中心に、ボトルで一本2,500円ほどから。5,000、6,000円あたりまでの銘柄がよくオーダーされるとのこと。

店内は一階にカウンター席、テーブル席、二階にボックス席と、様々なシーンに対応できるようになっている。

絶品の肉料理、スペイン料理を食べられる「Bar espana carne(バル エスパーニャ カルネ)」に、是非一度足を運んでみては。

マップ

主なメニュー

フード

海老のアヒージョ 800円
自家製 鶏白レバーのペースト&バケット 580円
B.L.T.A.サラダ 800円~
本日の熟成肉(炭火焼ステーキ) 1,200円~
パエジャ デ マリスコス(魚介のパエリア)
※2人前から
1人前 1,330円

コース

オープン記念コース飲み放題:+1,500 or 2,000円(2時間) 2,480円/3,480円/4,980円

ドリンク

ワイン・カヴァ・カクテル・ウィスキーなど各種取り揃えワイン:ボトル2,500円~
店舗情報
店名 Bar espana carne(バル エスパーニャ カルネ)
住所 札幌市中央区南2条西6丁目 岡田ビル 1F・2F
電話番号 011-252-6666
営業時間 月~土 17:00~26:00
日・祝 17:00~24:00
定休日 年中無休
平均予算 3,500~4,500円
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、小さなおつまみをプレゼントいたします。
・ハモンイベリコ(ミニサイズ)
・ドライトマト ・ムール貝のマリネ
・オイルサーディン ・オリーブ ・ミックスナッツ
※上記から1品チョイス
他券併用不可/コース併用不可
Bar espana carne(バル エスパーニャ カルネ)
QRコード

関連記事

  1. 食事も、カフェ使いも、パーティも!「 カレー&ごはんカフェ ouchi(オウチ)」

  2. ”ここでしか食べられない”オリジナル創作料理の店「WORLD JAPANESE FOODIN’ EN(エン)」

  3. ススキノに店を構えて20年以上の人気店「居酒屋 くさち」

  4. Bistro 清水亭

  5. 細やかなこだわりが光る上質な寿司が堪能できる店 「だん欒(だんらん)」

  6. ろばた大助 四条店

  7. 日本酒×おつまみが楽しめる「酒蔵料理」のお店「KuLaBel」

  8. お店でつくった、クラフトビールを。「月と太陽 BREWING」

  9. 中華とお酒を気軽に楽しめる店「紅い扉の中華やお酒 皆慶(みなよし)」

Translate »