フィレンツェで腕を磨いたシェフが手がけるイタリアン「DUEGATTI(ドゥエガッティ)」に行ってみた。

この記事を書いたひと:めいちゃん
取材・ライティング担当。
2020年3月、北海道フードマイスター試験に合格!
フードマイスターとして北海道の食材の魅力を伝えていきたいと思います。

先日、「DUEGATTI(ドゥエガッティ)」さんに行ってきました!

席に着いたときに、テーブルに手指消毒剤を置いていただきました。席の間隔も広く、対策はバッチリされているようでした。

以前カウンターでアラカルトをいただいたことがあったので、今回はコースを予約しました。


まず目を引いたのが猫のナイフレスト(箸置き)。ちょっとほしい。


一品目から美味しい。これからどんな美味しいものが出てくるのだろうというと期待が高まります。


しょっぱさが絶妙な生ハム。薄さも完璧。
以前生ハムの原木を購入しようかと思ったことがあるのですが、上手にカットできる気がしなくて見送ったことを思い出しつつ、お酒とともにいただきます。


サラダ。好物のじゃがいもとタコが入っていてテンションが上がりました。白ワインと合いすぎる。


こちらも最高に美味しかった一品。ほどよい味付けのサーモンで、白ワインをボトルをオーダーして正解だったなと思いました。

お次はパスタ。
なんと2種類!


DUEGATTIさんのパスタはほんとうに美味しいです。麺のモチモチ加減も、ソースもなにもかもが素晴らしいんです。
どちらも最高でしたが、二枚目のパスタがあまりにも好みすぎました。トリュフバターがたまらない。
以前DUEGATTIさんで初めて食べて感動したので、今回のコースでぜひトリュフバターを使ったパスタをとリクエストして作っていただきました。
ありがとうございます!


ここにも猫が。


メインは鶏肉。


盛り付けが美しい!
皮がパリッ、身はしっとり。絶品です。


デザート。濃厚なチョコレートの味わいが美味しかった……

はじめから終わりまで、素晴らしいものしか出てこない最高のコースでした!

ごちそうさまでした!

営業時間短縮の要請が延長になってしまい、飲食店はますます大変な状況かと思われます。
外出しづらい雰囲気ですが、どこにも行かず籠るのも気が滅入りますので、
たまにでも、DUEGATTIさんのようなお店で静かに食事とお酒を堪能する時間を作ってみてはいかがでしょうか。

店名 DUEGATTI(ドゥエガッティ)
住所 札幌市中央区北1条西7丁目1-3 EXYビル B1F
電話番号 011-207-1222
営業時間 11:30~14:30(L.O.)
17:30~22:00(L.O.)
定休日 日曜・祝日
平均予算 1,000~2,000円/3,000~4,000円

関連記事

  1. イタリアン・フレンチを取り入れた新感覚餃子を堪能できる店「餃子とワイン 果皮と餡(kawa to ann)」

  2. 舞台「へその町から」を観に行ってみた。

  3. バラエティに富んだルウカレーがいただける店「黒岩咖哩飯店」

  4. 減農薬米のシャリと、新鮮なネタが自慢!「匠鮨(たくみずし)」さんのテイクアウトを食べてみた

  5. 様々なジャンルの料理が味わえる、「ノンジャンル」なお店「BEER&WINE 料理屋 CO-EZO(コエゾ)」

  6. カフェ飯daen

  7. こんなご時勢なので「民泊飲み」してみた!

  8. 食事も、カフェ使いも、パーティも!「 カレー&ごはんカフェ ouchi(オウチ)」

  9. 「ぎょうざ 北大陸 すすきのはづれ」に行ってみた。

Translate »