独自の“Wスープ”が決め手!大人気のスープカレー店「SOUP CURRY KING」

遠方からもファンを集める超人気店

南平岸にある「SOUP CURRY KING」は、遠くから足を運ぶ人も多く、常に賑わいをみせている人気のスープカレー店だ。

特徴は、ラーメンのスープからヒントを得たという極上のスープ。研究に研究を重ね、鶏がら、豚骨を2日間じっくり煮込んで取ったコクの白湯スープと、昆布・煮干・かつお節で取った旨みの和風ダシを合わせている”Wスープ”を生み出した。
深いコクと旨みが味わえるスープには隠し味にゆずと黒酢が加えられており、サッパリとした味わいも感じられる仕上がりになっている。
人気メニューは「チキン野菜」。チキンレッグが一本と野菜がたっぷり入っており、ボリューム満点の一品。その他、コラーゲンが豊富な牛すじや、ヘルシーなラムなどのメニューを取り入れており、女性を中心に人気を呼んでいる。

老舗スープカレー店で修行した店主のこだわりの味

店主は「KING」の前にもスープカレーの店で働いていたこともあり、「普通のスープカレーとは違うもの」を目指す思いが強かったとのこと。「ここでしか食べられない」というオリジナリティの追及によって作られたスープは人気を呼び、現在も支持を得続けている。

店の内装は、明るくシンプルなカフェのような印象を受けるスタイルで、スープカレー店のイメージとは違ったつくりになっており、ここにも「他とは違うものを」という店主のこだわりが見受けられる。

店名はサッカーの「キングカズ」から。カズのようにキングの称号に相応しい店になれるように、きちんとした姿勢でサービスしようという思いから。また、店をやるならトップを目指す、という思いも込められている。

真摯な姿勢でオリジナルを追求している「SOUP CURRY KING」のスープカレーを食べれば、その味に驚くこと間違いなし。ぜひ一度、足を運んでみては。

マップ

主なメニュー

フード

チキンカリー 1,050円
チキン野菜カリー 1,300円
ラムカリー 1,150円
ラム野菜カリー 1,400円
納豆挽肉カリー 1,150円
牛スジ豆腐カリー 1,250円
野菜カリー 1,050円
シーフードカリー 1,500円
トッピング
ウズラ/温泉タマゴ/納豆 など:100円カゼトッピング(焦がしニンニク+白髪ネギ):200円
チーズ:200円
100~150円

ドリンク

ラッシー※プレーン/ブルーベリー/ゆず など 400円
ゆず茶(アイス/ホット) 300円
チャイ(アイス/ホット) 400円
ソフトドリンク 各250円
※その他各種取り揃え
店舗情報
店名 SOUP CURRY KING
住所 札幌市豊平区平岸3条16丁目1-1
電話番号 011-821-0044
営業時間 月~金
11:30~15:30(L.O.15:00)
17:00~22:00(L.O.21:30)
土・日・祝
11:30~22:00(L.O.21:30)
定休日 不定休
平均予算 1,000円
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、ソフトドリンク1杯サービスいたします。
他券併用不可
SOUP CURRY KING
QRコード

関連記事

  1. ZORA(ゾラ)

  2. そば酒処 昌の屋

  3. Soup Curry Suage+(すあげプラス)

  4. 南平岸エリアの人気ラーメン店「MEN-EIJI HIRAGISHI BASE」に行ってみた。

  5. 何度も足を運びたくなる大衆酒場「大衆餃子酒場Choi」

  6. 食事も、カフェ使いも、パーティも!「 カレー&ごはんカフェ ouchi(オウチ)」

  7. スープカリー専門店 元祖 札幌ドミニカ

  8. MEN-EIJI HIRAGISHI BASE

  9. 旬菜酒家 なかなか

  1. 惜しみない手間から生まれる唯一無二の味わいが堪能できる「中国料…

    2021.10.21

  2. 南平岸エリアの人気ラーメン店「MEN-EIJI HIRAGISHI BASE」に行って…

    2021.10.12

  3. すすきので長く腕をふるう職人の寿司をいただける店「寿司 空海(く…

    2021.09.09

  4. 大通エリアのイタリアン「DUEGATTI(ドゥエガッティ)」に行ってみ…

    2021.08.27

  5. 熟練の店主による絶品の揚げたて天ぷらに舌鼓「天麩羅 やぎ」

    2021.05.21

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »