スープカレー GARAKU

研究を重ね進化し続ける、スープカレーの人気店!

スープカレーと言えばすでに札幌名物としてメジャーになっているが、その中でも日々長蛇の列が絶えないほどの人気ぶりを見せるのが「GARAKU」だ。

人気の理由は「コク旨×秘伝スパイス×和風ダシ」のスープ。
あめ色になるまで炒めた玉ねぎ、香草、洋酒、完熟トマトなど30種類の食材を使用し、じっくりとスープのブイヨンをとる。
部位の特徴を活かして丁寧に処理した鶏肉と豚骨を使用し、スープに入れるタイミングを変えてコラーゲンを抽出するなどの細かい作業を行うことで、コク・奥深さが作り出されている。
仕上げに数種類の天然素材からじっくり抽出した和風だしを加えることで、旨みたっぷりのまろやかなスープに仕上がる。
和風だしを入れることによって、日本人が好む味が出来上がる。
「香り・清涼感」を重視し、21種のスパイスを独自にブレンド。カレーにはあまり使用しない植物系ハーブスパイスを使用しているのが特徴。そこに店長だけが知っているという4つの「ブラックボックス」が加わり、「GARAKU」のスープカレーが完成する。
米は契約農家から仕入れている道産のななつぼし。そこにミネラル、ポリフェノール、食物繊維が豊富な五穀米をブレンド。野菜は道産を中心に、個性に合った調理法で提供している。

人気メニューは定番の「やわらかチキンレッグ(1,000円)」。また、炭火で炙った「とろとろ炙り焙煎角煮(1,100円)」もよくオーダーされるのだとか。人気のトッピングはご飯にかける「炙りチーズ(100円)」。月替わりメニューも展開しており、和洋中に精通したシェフが作るバラエティ豊かなメニューがいただける。

積極的に行っている本州での催事で得たヒントや、思いついたアイディアを元にスープの改良をしたり、新しいメニューを考案したりと、「GARAKU」は現状に満足することなく研究し続けている。
スープカレーの可能性について、常に探求し続けている「GARAKU」の今後の展開に目が離せない。

マップ

主なメニュー

フード

やわらかチキンレッグと野菜※+50円で揚げレッグに変更可能 1,000円
とろとろ炙り焙煎角煮 1,100円
炙り生ラムのサイコロペッパー風味 1,200円
たっぷり7種きのこ 950円
ラッシーアイス 350円
【トッピング】
りょうばあちゃんのザンギ ~おろしポン酢添え~ 300円
炙りチーズ(ライスOn) 100円

ドリンク

GARAKU特製ラッシー ※プレーン・ブルーベリー・カシス・マンゴー・
洋なし・パイン・柚子・余市産ハスカップ
各350円
黒烏龍茶 300円
店舗情報
店名 スープカレー GARAKU
住所 札幌市中央区南2条西2丁目6-1 おくむらビルB1F 北側入り口
電話番号 011-233-5568
営業時間 平日 ランチ  11:30~15:30(L.O.15:00)
平日 ディナー 17:00~23:30(L.O.23:00)
※スープが無くなり次第終了
定休日 不定休
平均予算 1,000~1,500円
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、ソフトドリンク一杯サービスいたします。
他券併用不可
スープカレー GARAKU
QRコード

関連記事

  1. 活食・隠れ酒蔵 かけはし

  2. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」のテイクアウトを食べてみた

  3. 演劇公演を控える脇田唯さんに、いぶしかもし酒場Choiで話を聞いてみた。

  4. 札幌肉酒場 VOLTA

  5. 居心地の良い店内で日本酒と餃子を味わおう「真夜中のバル」

  6. 北海道の各地を旅行しているような気分で食事が出来るハンバーグ店 「Hamburg Steak North Continent -MACHI NO NAKA- (ノースコンチネント)」

  7. 札幌で一番の歴史を持つ炉ばた焼き店「炉ばた焼 ウタリ」

  8. 北海道食材に拘ったイタリアの郷土料理が味わえる店「Trattoria Semina(セミーナ)」

  9. 札幌を代表する感動フレンチ「hofe(ホフ)」

Translate »