落ち着ける店内で、中国料理×ワインを楽しめる店「中国料理&ワイン yinzu」

洗練されたシンプルな中国料理

「中国料理&ワイン yinzu」はススキノに店を構える、ワインと共に中国料理を楽しめる人気店だ。

「yinzu」では食材の旨味を生かした、上質な料理を楽しめる。
中国料理というと大量の化学調味料を使っているイメージがあるが、「yinzu」では一切使用しない「無化調」の店だ。化学調味料を使わない理由を、シェフは「フレンチやイタリアンでは使っていなくてもおいしいので、中華でも問題ない」と話す。
更に、素材の味を活かすため調味料や食材を可能な限り減らし、優しい味わいに仕上げている。無駄なものを省いていった結果、必要なものだけを使用したシンプルな料理に行き着いたのだという。

例えば炒飯はメニュー名に記載されている食材以外はほとんど入っておらず、味付けは塩のみ。食べてもらいたいメイン食材の旨味をわかってもらえるようにと、あっさりとした仕上がりになっている。店の立地柄二次会利用も多く、〆の料理としても味わってもらえるようにという配慮も込められているのだとか。
人気のタンタンメンもネギは入っておらず、ゴマ、醤油、ラー油でタレを作り上げている。酢豚に至っては、豚肉と芋のみとのこと。シェフがいらないのでは?と思い様々なものをカットしていった結果、yinzu独自のシンプルで食材の旨味を引き出した中国料理が完成した。

定番料理以外はほとんど月に一度メニューを入れ替えており、季節の食材を取り入れた料理もいただける。

上質な雰囲気で、上質な食事を

ワインはフランスやイタリアを中心に、300種類以上取り揃えている。中国料理店ながらソムリエールがおり、注文された料理やコースの流れ、味の好みなど、様々な条件をふまえて、最適な銘柄を紹介してくれる。値段はボトルで3,000円から、グラスだと700~800円程度からいただける。赤白以外にも、シャンパンがグラスでいただけるとのこと。

コースは4,000円から、5,500円、7,500円と内容に応じて選択可能。広々とした店内は仕切りを移動させて区切りに変更できるため、友人同士の食事会、仕事での飲み会、接待と用途に応じて利用できる。カウンター席もあるので、ひとりでの利用にも最適だ。
暗めの照明の落ち着いた雰囲気の中、ワインバーとしても、しっかりと食事をいただくにも使い勝手の良い「中国料理&ワイン yinzu」。
是非一度足を運び、上質な時間を体験されてみては。

マップ

主なメニュー

フード

ミルクフリット(8個) 800円
大海老のチリソース 2,100円
ワインラムとドライトマトの腸詰 750円
道産ヒグマの手入り焼売(1個) 300円
麻辣豆腐 1,500円
ハムユイ炒飯 1,200円
坦々麺 1,100円

コース

4,000円コース前菜/海鮮料理/肉料理/麺or飯/デザート など計7品 4,000円
北京ダックコース北京ダック料理を含む計7品 7,000円
スッポンのフルコース前菜から鍋、〆の雑炊などを含む計6~7品(※2~3日前までの要予約) 11,000円

ドリンク

ワイングラスは700~800円から ボトル3,000円~
その他紹興酒、カクテル、ビール等各種豊富に取り揃え
店舗情報
店名 中国料理&ワイン yinzu
住所 札幌市中央区南5条西3丁目プレシャス6ビル B1F
電話番号 011-807-5000
営業時間 16:30~24:00
定休日 日曜
平均予算 6,000円

関連記事

  1. 未来カレー こりす

  2. 日本酒好きにも野球好きにも楽しいお店「酒と餃子の店 晩と」

  3. こだわりの串と一品料理が人気の「鳥秀(トリヒデ)」に行ってみた。

  4. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブション)」

  5. 癒しの空間で餃子を堪能できる店「タカタカ」

  6. 札幌で一番の歴史を持つ炉ばた焼き店「炉ばた焼 ウタリ」

  7. 北海道の幸を思う存分堪能できる店「北の幸 海道(かいどう)」

  8. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REPOS(ルポ)」のテイクアウトを食べてみた

  9. 北海道産牛たん+和食の人気店「牛たん・旬菜 鈴の屋」

Translate »