ハンバーグ屋が贈る、新しい餃子「ぎょうざ 北大陸 すすきのはづれ」

肉に携わってきたノースコンチネントが自信をもって提供する新感覚餃子

「ぎょうざ 北大陸 すすきのはづれ」は、人気ハンバーグ店「ノースコンチネント」が手掛ける新感覚の餃子が味わえる店だ。

餃子をメインにしたのは、「ノースコンチネントで15年肉を練り続けた自信を皮で包もう」という思いから。北海道産のお肉や海鮮を包む皮は、北海道民になじみ深い「いももち皮」。皮に含まれる北海道産男爵イモは40%ほどで、餃子の皮として使える薄さにするのに一年半ほど試行錯誤を繰り返した。粉と水を真空状態のタンブラー内で練り上げる真空マシーンでイモと道産強力粉「きたほなみ」を練り上げており、小麦粉や強力粉、でんぷん粉とも違う独特のモチモチ感とイモの風味が味わえる。
また、皮と餡の味の相性に加え色にも着目し、すべてがマッチした餃子にするために皮に練り込む食材、餡に入れる野菜やスパイスなども徹底的にこだわっている。たとえば牛肉にはトマトを練り込んだ皮を採用しラザニア風にするなど、「北大陸」独自の一品に仕上げている。
メニューは皮の開発から餃子の完成まで、おおよそ二年をかけているという珠玉の餃子を全種網羅できる「全部乗せ(6種)7個 ぎょうざセット(950円)」がおすすめ。またグランドメニューにはない期間限定・季節限定餃子もあるので、看板メニューをチェックしよう。

餃子だけではなく、自社食肉加工品「シャルキュトリ」を使用した一品料理、ドリンクに至るまで北海道産なのが「北大陸」の特徴だ。人気なのが余市のりんご、北見のハッカ、富良野のラベンダーなどのフレーバーハイボール。特にラベンダーハイボールは女性からよくオーダーされている。

隠れ家で「北海道」を味わおう

お店の場所にも、北大陸のこだわりがある。それは「ふらりと立ち寄るというよりは、お店を目指して足を運んできてほしい」というもの。そのためお店はマンションの奥という見つけにくいところにあるため、ほとんどのお客さんが地図を片手に訪れるという。外国をイメージした店内は、見つけ出した特別な隠れ家という雰囲気が味わえる。

北海道のお肉のおいしさを伝えたいという思いの元始まった「ノースコンチネント」が手掛ける、「ぎょうざ 北大陸 すすきのはづれ」。ひっそりとした隠れ家で、北海道が詰まった特別な餃子を味わおう。

360°パノラマビュー

マップ

主なメニュー

フード

全部乗せ(6種)7個 ぎょうざセット 950円
エゾ鹿よもぎ餃子 690円
砂肝のコンフィ 490円
豚足の煮凝り (ネルベッティー) 590円
エゾ鹿のモルタデッラ(よせハム) 580円
カレーフランク(チミチュリ風) 600円

ドリンク

SAPPORO 瓶ビール 黒ラベル小瓶 500円
クラシック中瓶 550円
ラガー(赤星)大瓶 640円
ご当地香るハイボール(3種)
北見=ハッカの香り(フレッシュミント)
余市=リンゴの香り(カットリンゴの漬け込み)
富良野=ラベンダーの香り(ドライラベンダー)
全て ニッカウヰスキー使用
520円
自社ソムリエセレクトの「ワイン好き向けグラスワイン」 930円
白桃凍頂烏龍ハイ
魚河岸緑茶ハイ
本格茶葉使用
520円
店名 ぎょうざ 北大陸 すすきのはづれ
住所 札幌市中央区南5条西7丁目9-4 ドミ18ロイヤル 1F 路地の奥
電話番号 011-213-0815
営業時間 15:30~翌1:30(LO1:00)
定休日 日曜
平均予算 2,000~2,500円
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、2杯目のドリンクに「白桃凍頂烏龍ハイ(520円)」をオーダーした際、420円で提供いたします。
1組1回限り/他券併用不可
ぎょうざ 北大陸 すすきのはづれ
QRコード

関連記事

  1. 技術が活きた寿司が上質な酒とともに堪能できる店「すし家 みや津」に行ってみた。

  2. 日本酒好きにも野球好きにも楽しいお店「酒と餃子の店 晩と」

  3. バー使いにも、食事処にも利用できる「446(ヨンヨンロク)」

  4. 蟹と北海道料理の店 きょうど料理亭 杉ノ目

  5. 和ごころ 桜彩

  6. 「WINE&PIZZA HACHI」さんのPR動画の制作を行ってみた。

  7. 20年以上続く地元民御用達のタイ料理店 「屋台料理 CAMCAM(カムカム)」

  8. 上質な寿司を独自の手法でいただける店 「鮨 西光」

  9. イタリアン居酒屋 osteria Crocchio(オステリア クロッキオ)

  1. 2022年1月OPEN!「立喰酒場Choi まるやま店」に行ってみた。

    2022.05.20

  2. 2022年3月OPEN!「焼き鳥とイタリアン Osteria arcobaleno(オステ…

    2022.05.11

  3. 季節を感じるイタリアンと厳選ビオワインが味わえる店「Osteria Lum…

    2022.05.02

  4. ビオワインと共にイタリアンを味わえるお店「Osteria Lumaca(オス…

    2022.04.21

  5. 全国各地の食材を使った料理と珍しい日本酒が味わえるお店「六然(…

    2022.04.13

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »