豊富なワインを存分にいただけるワインバー 「PINOT(ピノ)」

厳選されたワインを楽しめる店

「PINOT(ピノ)」は、ススキノで人気のワインバーだ。
ワインショップ、バー、レストラン、酒屋などでワインに関わる仕事を続けてきた店主の知識と舌が選んだ、上質なワインをいただける。
ワインの種類は150~200種、本数は常時400本ほど取り揃えている。
グラスワインが豊富で、30~40種を用意し、その場で味見をしてから提供している。価格は900~1,500円ほどがメイン。開けたボトルは次の日には使わないのだという。徹底して味と品質にこだわり、提供時の新鮮さも大事にしている。赤、白以外にもシャンパンなどもグラスで飲めるのがワイン好きに受けている。その日によってグラス用に開けるワインを選び、客の好みに合わせて数種提示し、選んでもらうというスタイルを取っている。グラス数限定で10年ものなどのワインも提供しており、平日は2,000円、週末は3,000円ほど。グラスでは飲めないような銘柄をいただけるとあって、よくオーダーされるのだとか。

ワインのお供はこだわりぬいた「つまみ」

料理は「ワインバー」という形態を意識し、つまみをメインとしている。食材には細やかなこだわりのもと吟味を重ねたもののみを提供している。
よくオーダーされるのは、チーズの盛り合わせ、ラクレット、プロシュートなど。チーズは種類ごとに3~5種ほどの盛り合わせで、産地、生産者、保管方法に至るまでこだわりぬいた上質な味わいを楽しめる。付け合せのパンも、赤ワインが練りこまれたものや白ワインに合うゆず皮が入っているものなど厳選されたものを使用している。プロシュートは何種も味を確認して選んだワインとの相性が抜群の一品。10月から3月の期間限定でサロマ産牡蠣を使用した「カキのワイン蒸し」も人気のメニューだ。
また、札幌駅近くにある「ビストロわいんや」の立ち上げ時にスタッフとして働いていた縁があり、「わいんや」のメニューを数点提供している。

開けたてのワインを共にこだわりのつまみをいただける「PINOT(ピノ)」。9時頃からの利用が多いとのことだが、早い時間からじっくりワインを味わうのもオススメ。是非一度、落ち着いた雰囲気の店内でワインを楽しんでみては。

マップ

主なメニュー

フード

生ハム、サラミ盛り合わせ 1,800円
おまかせ盛り合わせチーズ、生ハム、サラミ等の盛り合わせ 一人前1,300円
新得 共働学舎ラクレット 1,000円
チーズ盛り合わせ お好み3点白かび、ハード、青かび、ウォッシュ、山羊、花びらの中からチョイス
4点1,600円、5点1,900円
1,300円
カキのワイン蒸し1~2人前(500g)/2~3人前(1kg) 1,200円/2,400円

ドリンク

グラスワイン 900~1,500円
ボトルワイン 5,000円~
その他各種取り揃え
店舗情報
店名 PINOT(ピノ)
住所 札幌市中央区南6条西3丁目 第1すすきのビル 2F
電話番号 011-532-2021
営業時間 火~木 19:00~翌1:00
金・土 19:00~翌2:00
日   19:00~24:00
定休日 月曜・第一日曜
平均予算 3,500~4,000円

関連記事

  1. 北海道の幸を思う存分堪能できる店「北の幸 海道(かいどう)」

  2. 日本酒×おつまみが楽しめる「酒蔵料理」のお店「KuLaBel」

  3. CAFE サーハビー

  4. 8Ricefield Cafe

  5. 日本酒好きにも野球好きにも楽しいお店「酒と餃子の店 晩と」に行ってみた。+テイクアウトしてみた。

  6. Bistro 清水亭

  7. フルーツづくしの人気店「果実倶楽部818」

  8. 絶品イタリアンとワインが楽しめる人気店「ALTO(アルト)」に行ってみた(コース編)

  9. レトロで落ち着く店内で、”立ち呑み”を楽しもう「やきとん立ち呑み屋すわ(SuwA!!)」

  1. 惜しみない手間から生まれる唯一無二の味わいが堪能できる「中国料…

    2021.10.21

  2. 南平岸エリアの人気ラーメン店「MEN-EIJI HIRAGISHI BASE」に行って…

    2021.10.12

  3. すすきので長く腕をふるう職人の寿司をいただける店「寿司 空海(く…

    2021.09.09

  4. 大通エリアのイタリアン「DUEGATTI(ドゥエガッティ)」に行ってみ…

    2021.08.27

  5. 熟練の店主による絶品の揚げたて天ぷらに舌鼓「天麩羅 やぎ」

    2021.05.21

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »