程よい距離感が心地良い創作居酒屋「より道どころ えぞまつ」

種類が豊富な梅酒と料理のバリエーションと、ついつい長居してしまう心地よさ!

札幌の老舗ホテルで中華を、沖縄の高級リゾートホテルで沖縄料理を学んだ松本氏が営む、「より道どころ えぞまつ」。
居酒屋勤務の経験もあるので定番メニューも押さえており、壁一面に様々なジャンルの料理名が貼り出されている。
“お客様が喜ぶツボ”をしっかりと心得ており、ホテルで磨いた中華と和食の腕によって作られる料理は、確かな技術に裏打ちされた味を楽しめる。

看板メニューは「手羽先スペシャル」。以前は「手羽先ぎょうざ」の名だったが、リニューアルして再登場した。
外側は黄金色に香ばしく揚げられ、かぶりつくと中からふわっと優しい香りの湯気が立ち上る。
噛みしめる度に出汁で炊いた野菜や豆腐の風味が広がり、いくつもの“美味しい仕掛け”が見事にまとまっていくのだ。
その他、中華や沖縄料理、定番の居酒屋メニューと様々なジャンルの料理を取り揃えている。

また、特筆すべき「えぞまつ」の特徴は、梅酒の多さだ。
有名どころから珍しい種類まで、合わせて50種ほど常備されている。自ら酒屋を回り、美味しいと思ったものだけを仕入れ、開店から徐々に数を増やしてきた。
大会で日本一になった「特撰梅酒 うぐいすとまり 鶯(おう)とろ」や沖縄料理にピッタリの「シークワーサー梅酒」など、ラベルを見ているだけで楽しめるほどに個性あふれるものが全て500円から飲める。
好みを言えばそれに合った種類を勧めてくれるなど、品のひとつひとつに対する知識は豊富だが、うんちくを訥々と語ることはしない。

つかず離れずの心地よい距離感を保ち、細やかなもてなしをしてくれる松本氏に、親しみを込めて「まっちゃん」と呼ぶ常連客も多い。
メニューに載っていなくても「こんな料理が食べたい」と言えば出来得る限り応えてくれる。
初対面でも遠慮なくリクエストできる雰囲気が「えぞまつ」にはあり、女性一人でも気軽に“より道”できる店としてもオススメだ。
コース料理は予算と好みに合わせて構成してくれるので、遠慮なく要望を言ってしまおう。

落ち着ける雰囲気と、豊富な梅酒と料理。「より道どころ えぞまつ」の魅力を知れば、足が自然と店に向かっていることだろう。

マップ

主なメニュー

フード

クリームチーズ味噌漬け 300円
ピータン豆腐 600円
手羽先スペシャル/チーズささみ春巻き/ゆずこしょうささみ春巻き 各1本280円
焼きなす 450円
油淋鶏 650円
BBC(ベーコンとチーズのチャーハン) 850円
油そば 650円
ゴーヤチャンプル 700円

コース

宴会コース※ご要望に合わせて構成致します。予算をお知らせ下さい。
※宴会コースのみ、飲み放題にできます。

ドリンク

生ビール(サッポロ黒ラベル) 450円
ハイボール 450円
焼酎 500円~
サワー・カクテル 各500円
ソフトドリンク 各350円
日本酒 500円~
泡盛 500円~
梅酒 500円~
店名 より道どころ えぞまつ
住所 札幌市中央区南5条西5丁目 すすきの5・5ビル2F
電話番号 011-511-3393
営業時間 月曜・火曜・木曜 18:00~2:00
金曜・土曜    18:00~4:00
日曜       21:00~朝5:00
祝日       各曜日の時間~気の済むまで
定休日 水曜
平均予算 3,000円
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンご提示で、店主お勧めの梅酒を1杯サービス致します。
お一人様一回/他券併用不可
より道どころ えぞまつ
QRコード

関連記事

  1. 道産そば粉の蕎麦を、ワインとともに。「蕎麦とわいん 関」

  2. 本格北インドカレー「未来カレー こりす」のテイクアウトを食べてみた

  3. 狸小路の隠れ家的バー「Mr. Shake」

  4. 独自の中華を、ワインとともに。「チャイニーズバル マルク」

  5. ススキノでいただく、魚介中心イタリアン 「osteria Bava(オステリア バーヴァ)」

  6. こだわりは秘伝のタレ!上質なラム肉のあっさりジンギスカン 「ヤマダモンゴル 狸小路店」

  7. 北海道民の舌に合う、KURURI独自の博多料理を味わおう「野菜串巻き製作所 KURURI(くるり)」

  8. イタリアン居酒屋 osteria Crocchio(オステリア クロッキオ)

  9. 東京の屋台の味を体験できる店 「おでん酒場 赤とんぼ」

Translate »