オーガニックプラス

こんなお店をまってた!お酒が進むオーガニック料理店

店内中央に並ぶ、約60種類の自然派ワイン。
北海道内各地の農家から仕入れたこだわりの有機野菜。
そして自ら吟味した完全無添加・有機調味料。
食材にはかなりのこだわりを持つ夫婦が営むナチュラル創作料理”オーガニックプラス”。
東京でそれぞれ料理人をしていたお二人だが、出店場所には奥様の地元である札幌を選んだ。

オーナー自身が農薬の危険性を実感したのは、自然派ワインに出逢ってからだという。
いつもはワインを飲むと起きた頭痛が、自然派オーガニックワインを飲んだ後は全くなかった。

これが、有機食材へのこだわりに繋がった。

人気メニューはお肉のような食感の”大豆たんぱくのザンギ”、
雑穀がまるで本物の魚のような味わいに変身した”雑穀ひえのフィッシュ&チップス”などの植物性食材のものだ。
淡泊な味をイメージするといい意味で期待を裏切られる。
スパイスを巧みに使用して、男性も満足できる食べ応えに仕上がっているのだ。

”池田牛の赤ワイン煮込み”など本物のお肉料理もあるので、お肉好きも満足!

野菜をシンプルに楽しみたいという方には”旬野菜のバーニャカウダ”がオススメ。
味の濃い自慢の有機野菜の美味しさはもちろんだが、
特筆すべきは豆乳ベースの特製アンチョビソースのクオリティの高さ。
豆乳のまろやかさに、にんにくの風味とアンチョビのコクがアクセントとして加わった絶品ソースなのだ。
このソース、無農薬小麦の自家製パンとの相性も抜群で、手が止まらない美味しさにワインがぐいぐい進んでしまう。
ワイン初心者の方でもオーナーが丁寧に説明してくれるので、
気軽にオススメを聞いてみてほしい。

「オーガニックは人だけでなく環境にも害がなく、自然の摂理。それを、一番身近な食を通じてカジュアルに伝えていけたら」
とオーナーの斉藤氏は言う。

”お酒が進むオーガニック料理”

という新しいスタイルと、朗らかで柔らかいオーナーの接客が魅力の同店。
もちろん食事だけでもお一人様でも、ふらっと気軽にどうぞ。

マップ

主なメニュー

フード

自家製スモーク豆腐 500円
熟成インカの目覚めのポテトサラダ 600円
アボカドとタコとトマトのバルサミコマリネ 850円
季節野菜のテリーヌ 900円
アツアツ!アンチョビ白菜チーズ焼き 680円
砂肝とレバー、エリンギのアヒージョ 780円
無添加生ハム、カマンベール、水菜のサラダ 850円
焼きアボカド 680円
大豆タンパクのザンギ(唐揚げ) 680円
アボカドと大根のステーキ 780円
いけだ牛のグリル~山わさびと焦がし醤油~ 1,880円
玄米ガーリック炒飯 800円
アサリとトマトのボンゴレビアンコ 1,080円
大分産 カボスの自家製ソルベ 600円

コース

樽生ハートランド、自然派ワインが飲める!スタンダード飲み放題ハートランド樽生ビール、オーガニックワインなど全28種類の飲み放題プラン 2時間1,980円
人気のバーニャカウダ付きスタンダードコース本日の前菜盛合せ 3種(定番メニューや季節にあわせたものをご提供)
自家製天然酵母パン盛り合わせ
当店1番人気!12種野菜のバーニャカウダ 自家製豆乳アンチョビソース
大豆タンパクのザンギ
北海道産桜姫鶏モモ肉のハーブマリネグリル
季節野菜のパスタ
自家製豆乳アイスクリーム
3,000円

ドリンク

クラフトビール、オーガニックワイン等豊富に取り揃え
店名 オーガニックプラス
住所 札幌市中央区南3条西6丁目 1-3 ティアラ36ビル 1F
電話番号 011-223-6970
営業時間 火~金 17:30~24:00(フードL.O.23:00/ドリンクL.O.23:30)
土・日・祝 17:30~(L.O.22:00)
定休日 月曜(月曜祝日の場合火曜休み)
平均予算 3,000~4,000円
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、大豆たんぱくのザンギをサービスします。
入店時提示/他券サービス・併用不可/1組1回1枚/フード・ドリンクご注文の方/1名様~/カード使用不可
オーガニックプラス
QRコード

関連記事

  1. ススキノの人気イタリアン「オステリア タッキーニ(Osteria Tacchini)」に行ってみた。

  2. 演劇公演を控える脇田唯さんに、いぶしかもし酒場Choiで話を聞いてみた。

  3. 地下鉄直結の通いやすい立ち飲み屋「ちょっとばぁ」

  4. 質の良い料理とサービスが堪能できる人気店 「北の旬楽 いとや(入人家)」に行ってみた。

  5. こだわりの串と一品料理が人気の「鳥秀(トリヒデ)」に行ってみた。

  6. 厚岸出身の店主が営む、厚岸の新鮮な食材が堪能できる店。「カキ料理 貝鮮炭焼 大厚岸」

  7. すがちゃんの◯◯の話 Vol.1 「”たまちゃん”と日本酒と餃子の話。」

  8. お家でお店の料理を食べよう!テイクアウト情報~第1弾~

  9. メイン料理とイタリアンワインを楽しめるバル「Italian Bar UNO(ウーノ)」

  1. 2022年1月OPEN!「立喰酒場Choi まるやま店」に行ってみた。

    2022.05.20

  2. 2022年3月OPEN!「焼き鳥とイタリアン Osteria arcobaleno(オステ…

    2022.05.11

  3. 季節を感じるイタリアンと厳選ビオワインが味わえる店「Osteria Lum…

    2022.05.02

  4. ビオワインと共にイタリアンを味わえるお店「Osteria Lumaca(オス…

    2022.04.21

  5. 全国各地の食材を使った料理と珍しい日本酒が味わえるお店「六然(…

    2022.04.13

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »