フルーツづくしの人気店「果実倶楽部818」

嬉しいフルーツのお土産つき!あなたの美を翌日までサポートします。

西区琴似で三代続く青果店「庄司商店」がプロデュースしたフルーツダイニング「果実倶楽部」。

オーナーの庄司氏がヨーロッパに旅行した際、人々がフルーツを当たり前のように食べている市場での光景に衝撃を受け、札幌でももっと果物や野菜を身近に感じられる店を出したいと思い、オープン。
店名にある“818”とは、せりの場で八百屋がかぶる帽子につける識別番号の、庄司商店の番号の事。

そんな同点の主役は“フルーツ”。

それも、「酢豚の中のパイナップル」のような脇役ではない。「マンゴーチキンカレー」のように、カレーだって果物が主役だ。
10種類のスパイスを使ったチキンカレーをベースに完熟マンゴーを入れる事により甘さとコクと深みが増した絶品カレーは、やみつきになる美味しさだ。辛味を果物が絶妙に中和する、“辛旨い”味わいにリピーター続出。

さらに、来店客のほとんどが注文するという名物の“フルーツピザ”も、果物がメインの人気メニューだ。
生地全体にクリームチーズを塗り、たっぷりの果物を敷き詰めてオーブンで焼き上げる。オーブンから漂う甘~い香りに、思わずうっとり。仕上げにベリーソースをかけて完成したピッツァが登場すると、歓声があがるほど芸術的に美しい見た目もポイント。

札幌のデザイン会社「アトリエテンマ」が手掛けた店内は、シックでおしゃれな雰囲気に仕上がっており、女性客が多いのも納得。

帰り際には、袋一杯に入ったフルーツのお土産が。
八百屋が経営する同店にしか出来ない何とも太っ腹なサービス!

果物が主役の美味しい食事を落ち着く雰囲気で楽しめて、お土産までもらえる。
女性のツボをおさえた果実倶楽部に、あなたも心奪われるだろう。

マップ

主なメニュー

フード

フルーツとチーズのクアトロチーズピッツァ 1,680円
渡り蟹のトマトクリームパスタ 1,280円
仙鳳趾産牡蠣と岩海苔のアヒージョ 880円
フルーツピクルス 480円
鉄板焼き野菜(チーズorトマトバジルorスパイシー) 780円
ジョバンニのモッツァレラとフルーツ 780円
パイナップル焼き飯 680円
マンゴーチキンカレー 880円
フルーツマウンテン 600円

コース

90分フルーツビュッフェランチフレッシュフルーツジュース1杯+季節のフルーツ食べ放題
パスタ、カレーなどの食事メニュー有
1,500円
豪華フルーツ盛り合わせ付き2次会プランおつまみ3品盛り合わせ
豪華季節フルーツの盛り合わせ
※生ビール、フレッシュジュース&カクテル、スパークリングワイン等90分飲み放題
※全員にフルーツのお土産付き
3,000円

ドリンク

各種取り揃え今月の果物
果実倶楽部のミックスジュース
ビール
ウイスキー
フルーツ焼酎・サワー・ハイボール
フレッシュフルーツカクテル
ノンアルコール
ソフトドリンク
シャンパン&スパークリングワイン
大人のカクテル
ワイン
店名 果実倶楽部818
住所 札幌市中央区南3条西3丁目 もりにビル 5F
電話番号 011-281-8185
営業時間 月・水~金、祝前日
17:00~翌0:00
土・祝日
12:00~16:00/17:00~翌0:00
日曜
12:00~16:00/17:00~22:00
定休日 火曜(ランチは土日祝日のみ営業)
平均予算 ランチ 1,500~2,000円/ディナー 3,000円~4,000円

関連記事

  1. 独自の中華を、ワインとともに。「チャイニーズバル マルク」

  2. 北海道の幸を思う存分堪能できる店「北の幸 海道(かいどう)」に行ってみた。

  3. 桜海老のかき揚げ

    「天ぷら こばし」に行ってみた。

  4. すすきので長く腕をふるう職人の寿司をいただける店「寿司 空海(くうかい)」

  5. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブション)」

  6. kitchen Opela

  7. 北海道の幸を思う存分堪能できる店「北の幸 海道(かいどう)」

  8. 大満足のコースが堪能できるすし処「鮨 大照」

  9. La Giostra(ラ・ジョストラ)

Translate »